第四十九章

協調して仕えるためには、人は生き生きとして、鮮やかなだけでなく、正しく参加しなければならない。さらに、他の人たちが施され満たされるために、人は精力と、活力を持ち、自信に溢れていなければならない。わたしに仕えるのなら、あなたはわたしが意図するように仕えなければならない。わたしの心に適うだけではなく、それ以上に、わたしが、あなたの中で成し遂げることによって満足するように、わたしの意図を満たさなければならない。あなたの生活をわたしの言葉で満たし、あなたの言葉をわたしの力で満たしなさい。これが、わたしがあなたに求めることである。あなたが自分の欲望に従うことがわたしの似姿を表すのか。それがわたしの心を満足させるのか。あなたは、わたしの意図を心から注意を払ったことがある者だろうか。あなたはほんとうにわたしの心を理解しようとしたことがある者だろうか。あなたは本当にわたしのために自分自身を捧げたことがあるか。あなたは本当にわたしのために自分自身を費やしたことがあるか。あなたはわたしの言葉を熟考したことがあるか。

人はすべての面で知恵を用い、わたしの完全な道を歩むために知恵を用いなければならない。わたしの言葉によってふるまう者は、すべての人たちの中で最も賢明であり、わたしの言葉に従ってふるまう者は最も従順な人である。わたしが言うことは成るのである。あなたがわたしと議論したり、わたしを説得しようとしたりする必要はない。わたしが言うすべてのことは、(わたしが厳しかれ穏やかであれ)あなたのことを念頭に置いて言うのである。あなたが従順であることに集中するならば、それで良い。そして、これはまことの知恵の道である(また、神の裁きがあなたに降りかかるのを防ぐ道でもある)。今日わたしの家では、わたしの面前で丁寧にふるまい、わたしの背後では別のことを言うようなことがあってはならない。わたしはあなたが実践的であることを望む。花で飾った美辞麗句を言う必要はない。実践的な者には、すべてのものがある。そうでない者には何もない。彼らの肉体でさえ無に帰するだろう。なぜなら、実践無くしては、空しさだけがあり、他に説明はないからである。

わたしは、あなたがたが神への信仰において真剣になり、自分の得失も、自分がもつすべてのものも一切考えないようにさせたい。あなたがたは、ただ真の道に足を据えることを追い求めるべきであり、誰にも揺るがされたり、支配されたりしてはならない。これが、教会の柱、神の国の勝利者となることとして知られていることだが、それは、そうしなければ、あなたがたはわたしの前に生きるには値しないことを意味する。

わたしに近づく方法と同様、状況も異なることがある。ある人たちは、わたしの面前ではひびきの良い言葉を言い、敬虔そうに行動することを好む。しかし、陰では、彼らは全く混乱しており、彼らの行うことには、わたしの言葉が全く欠けている。彼らは胸の悪くなるような、うっとうしい者たちである。彼らが誰かに啓発を与えたり、何かを施したりすることなどあり得ない。あなたがたは、わたしの心を考慮することができない。その理由は唯一、あなたがたがもっとわたしと親しくなることも、わたしと交わりを持つこともできず、いつもわたしに心配させ、あなたがたのために労苦してわたしを働かせるからである。

前へ: 第四十八章

次へ: 第五十章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

正常な状態へ入るには

神の言葉を受け入れれば受け入れるほど、人はより啓かれ、神を認識することの追求においてますます飢えと渇きを感じるようになる。神の言葉を受け入れる人だけが、より豊かで深遠な経験をすることができる。そしてそのような人は、いのちが胡麻の花のように成長し続けられる唯一の者たちである。いのち…

第二十二章

人間は光の中に生きていながら、光の貴さには気づいていない。人間は光の本質、光の源、さらに、光が誰のものであるかについては、無知である。わたしが人間たちに光を与えるとき、直ちに人間たちの状態を調べる。光があるので、人々はみな変わりつつあり、成長し、闇を去っている。わたしは全宇宙の隅…

道……(3)

自身の生活において、わたしは常に自分の身も心も喜んで神に捧げる。そうすることでのみ、わたしは良心の呵責を感じず、多少安心できる。いのちを追い求める者は、まず自分の心を残らず神に捧げなければならない。これが必須条件である。わたしは、兄弟姉妹がわたしと共に、神にこう祈ることを望む。「…

第十章

結局のところ、神の国の時代は過去の時代と異なっている。それは人間の行いとは関係ない。むしろ、わたしが地上に降りて自ら働きを行ったのであり、それは人には理解できず、成し遂げるのも不可能なことである。世界の創造以来長年にわたり、その働きはひとえに教会の建設に関するものだったが、神の国…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索