第四十九章

協調して仕えるためには、人は生き生きとして、鮮やかなだけでなく、正しく参加しなければならない。さらに、他の人たちが施され満たされるために、人は精力と、活力を持ち、自信に溢れていなければならない。わたしに仕えるのなら、あなたはわたしが意図するように仕えなければならない。わたしの心に適うだけではなく、それ以上に、わたしが、あなたの中で成し遂げることによって満足するように、わたしの意図を満たさなければならない。あなたの生活をわたしの言葉で満たし、あなたの言葉をわたしの力で満たしなさい。これが、わたしがあなたに求めることである。あなたが自分の欲望に従うことがわたしの似姿を表すのか。それがわたしの心を満足させるのか。あなたは、わたしの意図を心から注意を払ったことがある者だろうか。あなたはほんとうにわたしの心を理解しようとしたことがある者だろうか。あなたは本当にわたしのために自分自身を捧げたことがあるか。あなたは本当にわたしのために自分自身を費やしたことがあるか。あなたはわたしの言葉を熟考したことがあるか。

人はすべての面で知恵を用い、わたしの完全な道を歩むために知恵を用いなければならない。わたしの言葉によってふるまう者は、すべての人たちの中で最も賢明であり、わたしの言葉に従ってふるまう者は最も従順な人である。わたしが言うことは成るのである。あなたがわたしと議論したり、わたしを説得しようとしたりする必要はない。わたしが言うすべてのことは、(わたしが厳しかれ穏やかであれ)あなたのことを念頭に置いて言うのである。あなたが従順であることに集中するならば、それで良い。そして、これはまことの知恵の道である(また、神の裁きがあなたに降りかかるのを防ぐ道でもある)。今日わたしの家では、わたしの面前で丁寧にふるまい、わたしの背後では別のことを言うようなことがあってはならない。わたしはあなたが実践的であることを望む。花で飾った美辞麗句を言う必要はない。実践的な者には、すべてのものがある。そうでない者には何もない。彼らの肉体でさえ無に帰するだろう。なぜなら、実践無くしては、空しさだけがあり、他に説明はないからである。

わたしは、あなた方が神への信仰において真剣になり、自分の得失も、自分がもつすべてのものも一切考えないようにさせたい。あなた方は、ただ真の道に足を据えることを追い求めるべきであり、誰にも揺るがされたり、支配されたりしてはならない。これが、教会の柱、神の国の勝利者となることとして知られていることだが、それは、そうしなければ、あなたはわたしの前に生きるには値しないことを意味する。

わたしに近づく方法と同様、状況も異なることがある。ある人たちは、わたしの面前ではひびきの良い言葉を言い、敬虔そうに行動することを好む。しかし、陰では、彼らは全く混乱しており、彼らの行うことには、わたしの言葉が全く欠けている。彼らは胸の悪くなるような、うっとうしい者たちである。彼らが誰かに啓発を与えたり、何かを施したりすることなどあり得ない。あなた方は、わたしの心を考慮することができない。その理由は唯一、あなた方がもっとわたしと親しくなることも、わたしと交わりを持つこともできず、いつもわたしに心配させ、あなた方のために労苦してわたしを働かせるからである。

前へ: 第四十八章

次へ: 第五十章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

全能者のため息

あなたの心の中には非常に大きな秘密がある。あなたはそのことにまだ気がついていない。なぜなら光のない世界でずっと生きてきたからである。あなたの心と霊はあの悪い者に取上げられてしまった。あなたの目は暗闇のせいで見えなくなり、空の太陽も夜のきらめく星も見ることができない。あなたの耳は欺…

律法の時代における働き

ヤーウェがイスラエル人に行なった働きは、地上における神の起源の場所を人類の間で確立させたが、それは神が臨在した聖なる場所でもあった。神はその働きをイスラエルの人々に限定した。当初、神はイスラエルの外では働かず、むしろ働きの範囲を限定するため、神が適切とみなした民を選んだ。イスラエ…

働きと入ること(7)

 人間は、自らに欠落しているものが霊的いのちの供与と神を知る経験だけでなく、それ以上に重要な事として、自らの性質の変化であることを現在になってようやく認識した。人類の歴史や古代の文化について完全に無知であるために、人間は神の働きについても認識がない。人間は皆、心の奥深くで神を慕い…

成功するかどうかはその人の歩む道にかかっている

多くの人は、自分がいずれ辿りつく終着点のため、あるいは一時的に楽しみにあずかるために神を信じている。神による取り扱いを経験したことのない者にとって、神を信じることは、天国に行くためであり、また見返りを得るためなのであって、完全にされるためでも、被造物としての本分を尽くすためでもな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索