第四十八章

わたしは心配しているが、わたしと心と思いを一つにできる者があなたがたの中に何人いるだろうか。あなたがたはわたしの言葉に注意を払わず、完全に無視して、それらに集中することを怠り、代わりに自分自身の表面的なものに集中するだけである。あなたがたはわたしの苦心の配慮と努力をゴミのように見なしているが、あなたがたの良心は責められないのか。あなたがたは無知で、理知に欠けている。あなたがたは愚か者であり、わたしをまったく満足させることができない。わたしは完全にあなたがたのために尽くしている──あなたがたはわたしのためにどのぐらい尽くせるのか。あなたがたはわたしの意図を誤解した。そして、これは本当にあなたがたの盲目さ、物事を見る能力の無さであり、あなたがたは常にわたしを心配させ、あなたがたのために時間を費やさせている。今、あなたがたはどれだけの時間をわたしのために費やし、わたしのために捧げることができるのか。あなたがたはもっと自らに尋ねるべきだ。

わたしの意図はすべてあなたがたに関するものである──あなたがたはこのことを本当に理解しているか。あなたがたが本当にそれを理解していれば、ずっと前にわたしの意図を把握して、わたしの重荷を考慮していただろう。二度と不注意になってはならない。さもないと、聖霊があなたがたの中で働くことはなく、そうなれば、あなたがたの霊は死んで、ハデスに落ちることになる。それはあなたにとって、あまりにも恐ろしいことではないか。わたしがあなたがたに再び思い出させる必要はない。あなたがたは自分の良心を探り、自問すべきである。わたしはあなたがたのことをあまりにも残念に思い過ぎていると言うことなのか。それとも、あなたがたがわたしにあまりにも多くの負債を負っているのか。正しいことと間違っていることを混乱させて、分別を失ってはならない。今は権力と利益のために争ったり、陰謀に加わったりしている時ではない。むしろ、いのちに非常に有害なこれらのものを直ちに脇へ置き、現実の中に入ることを求めなければならない。あなたがたはとても不注意である。あなたがたはわたしの心を理解することも、わたしの意図を悟ることもできない。言わなくてもよいはずのことがたくさんあるが、あなたがたは非常に混乱した人たちで、理解しないので、わたしはそれを何度も言わざるを得なかったのだ。しかしそれでも、あなたがたはまだわたしの心を満足させていない。

あなたがたを一人ずつ数えたところで、いったい何人の者が本当にわたしの心を思いやることができるのか?

前へ: 第四十七章

次へ: 第四十九章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである

数千年にわたる堕落の後、人は麻痺し、物分かりが悪くなり、神に反対する悪魔になり、神への人の反抗の歴史は「史記」に記録されるほどになり、人自身でさえその反抗的行いに完全な説明ができなくなってしまっている。人はサタンにより深く堕落させられ、惑わされてしまったので、どちらに向いたらよい…

第十九章

わたしの言葉を自身の生存の基盤とするのが人類の正しい責務である。人間はわたしの言葉の各部分において、各自の分を確立しなければならない。そうしなければ、滅びと軽蔑を自ら招くことになる。人間はわたしを知らない。そして、そのため、引き換えに自分の生命をわたしに捧げるのではなく、わたしの…

受肉の奥義(2)

ユダヤで働きを行なっていた当時、イエスは公然とそうしたが、今、わたしはあなたがたのあいだで秘かに働きを行ない、そして語る。未信者はまったくこれに気づいていない。あなたがたのあいだにおけるわたしの働きは、部外者には閉ざされている。これらの言葉、刑罰、そして裁きはあなたがただけに知ら…

第三十五章

今日、すべての人間は、程度に差はあるが、刑罰の状態に入っている。神が次のように言った通りである。「わたしは人間と一緒に出ていく」。これは完全に本当であるが、人々はまだこの点を完全には理解できていない。その結果、彼らが行った働きの一部は不必要になっている。神はこう語った。「彼らの霊…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索