第四十八章

わたしは心配しているが、わたしと心と思いを一つにできる者があなたがたの中に何人いるだろうか。あなたがたはわたしの言葉に注意を払わず、完全に無視して、それらに集中することを怠り、代わりに自分自身の表面的なものに集中するだけである。あなたがたはわたしの苦心の配慮と努力をゴミのように見なしているが、あなたがたの良心は責められないのか。あなたがたは無知で、理知に欠けている。あなたがたは愚か者であり、わたしをまったく満足させることができない。わたしは完全にあなたがたのために尽くしている──あなたがたはわたしのためにどのぐらい尽くせるのか。あなたがたはわたしの意図を誤解した。そして、これは本当にあなたがたの盲目さ、物事を見る能力の無さであり、あなたがたは常にわたしを心配させ、あなたがたのために時間を費やさせている。今、あなたがたはどれだけの時間をわたしのために費やし、わたしのために捧げることができるのか。あなたがたはもっと自らに尋ねるべきだ。

わたしの意図はすべてあなたがたに関するものである──あなたがたはこのことを本当に理解しているか。あなたがたが本当にそれを理解していれば、ずっと前にわたしの意図を把握して、わたしの重荷を考慮していただろう。二度と不注意になってはならない。さもないと、聖霊があなたがたの中で働くことはなく、そうなれば、あなたがたの霊は死んで、ハデスに落ちることになる。それはあなたにとって、あまりにも恐ろしいことではないか。わたしがあなたがたに再び思い出させる必要はない。あなたがたは自分の良心を探り、自問すべきである。わたしはあなたがたのことをあまりにも残念に思い過ぎていると言うことなのか。それとも、あなたがたがわたしにあまりにも多くの負債を負っているのか。正しいことと間違っていることを混乱させて、分別を失ってはならない。今は権力と利益のために争ったり、陰謀に加わったりしている時ではない。むしろ、いのちに非常に有害なこれらのものを直ちに脇へ置き、現実の中に入ることを求めなければならない。あなたがたはとても不注意である。あなたがたはわたしの心を理解することも、わたしの意図を悟ることもできない。言わなくてもよいはずのことがたくさんあるが、あなたがたは非常に混乱した人たちで、理解しないので、わたしはそれを何度も言わざるを得なかったのだ。しかしそれでも、あなたがたはまだわたしの心を満足させていない。

あなたがたを一人ずつ数えたところで、いったい何人の者が本当にわたしの心を思いやることができるのか?

前へ: 第四十七章

次へ: 第四十九章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

七つの雷が轟く――神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言

わたしは異邦人の国々に働きを広めている。わたしの栄光は全宇宙に閃く。星のように点々と散らばる人々はみな、自分の中にわたしの旨を抱き、わたしの手によって導かれ、わたしが与えた仕事に取りかかる。この時点からわたしは新しい時代へと入り、すべての人々を別の世界へ連れて行く。わたしは自分の…

働きと入ること(2)

あなたがたの働きと入りは極めて貧弱である。人間は働き方に重きを置かず、またいのちの入りについてはそれ以上にでたらめである。人間はこれらを、自分が入るべき学びとして捉えない。ゆえに、人が経験の中で見ているのは、ほぼ空中の楼閣だけである。働きに関する限り、あなたがたはそれほど多くを要…

神を知らない人はすべて神に反対する人である

神の働きの目的、神の働きが人にもたらす効果、そして神の人への心意とは厳密に何であるのかを把握することは、神に従うすべての人が到達すべきことである。今日、すべての人に欠けているのは、神の働きを知ることに他ならない。天地創造から現在にいたるまで神が人に行なった業、神の働きの全体、そし…

真心で神に従う者は、必ずや神のものとされる

聖霊の働きは日々変化する。それは段階ごとに高まり、明日の啓示は今日のものよりも高く、段階が進むにつれてさらに高まる。これが、神が人間を完全にする働きである。それと歩調を合わせることができなければ、その人はいつでも捨て去られ得る。従順な心でいなければ、最後まで従うことはできない。こ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索