第五十四章

わたしは自分の手の甲のように各教会のことを知っている。わたしがそれを明瞭に知っていないとか、理解していないと思ってはならない。わたしは各教会の様々な人々のことはなおさら、全員理解し、知っている。わたしはあなたを訓練しなければならないという思いに迫られている。あなたがわたしの役に立つ日がもっと早く来るように、わたしはあなたを早く大人に成長させたいのだ。あなたがたがどこでも神を現すことができるように、わたしはあなたがたの行動がわたしの知恵に満ちていることを願う。このようにしてわたしの究極の目的は達成されるだろう。わたしの子らよ。あなたがたはわたしの意図への配慮を示すべきである。わたしがあなたがたの手を握ってあなたがたに教えるようであってはならない。あなたがたは、わたしの旨を把握し、問題の核心を見抜けるようにならなければならない。そうすることで、どのような問題に遭遇しても、指を鳴らすかのように難なくそれに対処できる。あなたがたは、おそらく訓練の中で、最初は理解しないだろう。そして二回目も、三回目も……。しかし、最終的にはわたしの意図が分かるだろう。

あなたがたの言葉は不可解な性質を持っており、それが知恵であると自分では思っているのではないだろうか。時には不従順になり、時には冗談を言い、時々人間の観念や嫉妬を抱き……。要約すると、あなたがたは落ち着きなく話し、他の人たちにいのちを与える方法も、彼らの状態を感じ取る方法も知らず、いい加減な交わりに携わっている。あなたがたの思考は曖昧で、何が知恵で、何が狡猾さであるのか分からず、あなたがたの頭はただ混乱している。あなたがたは狡猾さと曲がったことを知恵と見なしているが、これはわたしの名に恥を塗ることではないのか。これはわたしを冒涜することではないのか。これはわたしに罪を着せることではないのか。それならば、あなたがたが求める目標は何であるのか。あなたがたはそれを考えたことがあるか。あなたがたはそれをしようとしたことがあるか。わたしはあなたに告げる。わたしの意図はあなたがたが求めるべき方向と目標である。さもなければ、すべてが無駄であろう。わたしの意図を知らない者は、求める方法を知らない者であり、見捨てられ、根こそぎにされるであろう。明らかに、わたしの意図を発見することは、あなたがたが学ばなければならない最初の教訓である。それは最も緊急を要する作業であり、一刻も遅れてはならない。わたしがあなたがたを一人ひとり順番に叱責するまで待っていてはならない。あなたがたはいつも呆然として頭が鈍い。それは滑稽である。それほど頭が混乱しているとは、わたしは信じられない。あなたがたはわたしの意図を気にも留めない。行動する前に、わたしの意図をどの位頻繁に理解するのか自問してみなさい。あなたがたを訓練するのはあなたがた自身であるべきだ。あなたがたを一人ずつ取り扱うことをわたしに望んでいるが、それは不可能である。あなたがたは行動しながら経験を得て、見識と知恵を獲得することを学ぶべきである。あなたがたの口から出てくる言葉はよいが、実際の状況はどうだろうか。現実にぶつかると、あなたがたは何もすることができない。あなたがたが言うことは現実と一致しない。わたしはあなたがたがしていることに我慢ならない。わたしはそれを眺めて悲しまざるを得ない。そのことを憶えておきなさい。将来はわたしの意図を悟ることを学びなさい。

前へ: 第五十三章

次へ: 第五十五章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたがたは自分の行いを考慮すべきである

あなたがたの生活における行いや行動はどれも、わたしの言葉の一節が毎日あなたがたに施され、あなたがたを補給しなければならないことを示している。と言うのも、あなたがたに欠けているものがあまりに多く、あなたがたの認識と受け取る能力があまりに乏しいからである。あなたがたは日常生活の中で、…

第三十五章

今日、すべての人間は、程度に差はあるが、刑罰の状態に入っている。神が次のように言った通りである。「わたしは人間と一緒に出ていく」。これは完全に本当であるが、人々はまだこの点を完全には理解できていない。その結果、彼らが行った働きの一部は不必要になっている。神はこう語った。「彼らの霊…

教会生活と実生活についての議論

自分は教会生活の中でのみ変化することができると人々は感じている。まるで実生活の中で変化するのは不可能だとでもいうように、教会生活の中でなければ変化は不可能だと思っている。このことの問題点がわかるだろうか。わたしは以前神を実生活に持ち込むことについて話をしたが、それは神を信じる者に…

第三十三章

実のところ、神が人々に行ったこと、与えたこと、ならびに人々が所有しているものに基づいて考えてみると、神が人々に要求するものは過度ではなく、神は彼らに多くを求めないと言うことができる。それではどうして彼らは神を満足させようとすることができないのだろう。神は100%を人に与えるのに、…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索