第五十五章

いわゆる正常な人間性は、人々が想像するほど超自然的なものではない。むしろ、それはすべての人、出来事、および物体の束縛、そして環境から生じる迫害を超越することができる。あらゆる場所、あらゆる環境でわたしに近づき、わたしと交わることができるのである。あなたがたはいつもわたしの意図を誤解する。わたしが、あなたがたは正常な人間性を生きるべきだと言うと、あなたがたは自制し、自分の肉を制御する。しかし、あなたがたは、霊の中で慎重に探し求めることではなく、上辺に何を装うかにだけ注意を払い、あなたの内のわたしの啓示とわたしによる感動を見過ごしている。あなたは何と不注意なことか。あまりにも不注意である。わたしがあなたに託したことを完成することは偉業なのか。あなたは愚かだ。あなたは深く根を下ろすことに注意を払っていない。「木の葉ではなく、木の根になりなさい」──本当にこれがあなたのモットーなのか。思慮のない者よ。不注意な者よ。あなたは、自分がささやかな利益を得たと思うや否や満足する。あなたはわたしの旨を少しも気にかけない。これからは注意を払い、受動的になってはならない。否定的になってはならない。あなたが仕える時は、わたしにもっと頻繁に近づき、わたしともっと交わりなさい。これがあなたの唯一の脱出の道である。わたしはあなたがすでに自分自身を否定し、自分の欠点を知り、また自分の弱点を知っていることに気づいている。しかし、知ることだけでは十分ではない。あなたはわたしと協力しなければならない。そして、いったんわたしの意図を理解したら、それらをすぐに実行に移しなさい。これがわたしの重荷への配慮を示す最良の方法であり、わたしに従う最良の方法である。

あなたがわたしをどのように扱おうが、わたしはあなたとすべての聖徒たちの上にわたしの旨を遂行したいのだ。そしてわたしはわたしの旨が妨げられずに全土で成し遂げられることを願う。このことに十分留意しなさい。これはわたしの行政命令に関することである。あなたはほんの少しも恐れていないのか。あなたは自分の行動やふるまいを思い、恐れに震えていないのか。すべての聖徒たちの間に、わたしの意図を感じ取れる者はほとんどいない。あなたはわたしの旨を完全に熟慮する例外的な人間になりたくはないのか。あなたは知っているか。現在緊急なわたしの意図は、わたしの旨を完全に熟慮することができる一群の人々を探し出すことである。あなたはその一人になりたくはないか。あなたはわたしのために自らを費やし、わたしに自らを捧げたいとは思わないのか。あなたは最小限の代価を払おうとも、わずかな労力を捧げようともしない。もしこのようなことが続くなら、わたしの苦心の努力はあなたがたに無駄に費やされたことになる。わたしがそれを指摘した後も、あなたはこの問題の深刻さをまだ理解しないのか。

「わたしのために心から尽くす者を、わたしは大いに祝福する」。これが分かるか。わたしはこれを何度もあなたに告げたが、あなたはまだ多くの疑念を持ち、家族環境を恐れ、外部の環境を恐れている。あなたは何が自分のためになるのか、本当に分かっていない。わたしは正直で、単純で、率直な人たちだけを用いる。わたしに用いられることでは、あなたは幸せで、喜んでいるが、なぜまだそんなに心配しているのか。わたしの言葉はあなたに全く影響しないということだろうか。わたしは、あなたを用いていると言ったが、あなたはそれを堅く信じることができない。あなたは、わたしがあなたを見捨てることを恐れ、常に疑っている。あなたの観念はとても頑なである。わたしがあなたを用いていると言えば、あなたを用いているのだ。どうしてあなたはいつもそんなに疑い深いのか。わたしは十分明瞭に語っていないということなのか。わたしが言った言葉はすべて真実である。真実でない言葉は一つもない。わが子よ!わたしを信頼しなさい。わたしに尽くしなさい。そうすれば、わたしは必ずあなたに尽くそう。

前へ: 第五十四章

次へ: 第五十六章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

道……(1)

生涯において自分がどのような挫折を経験するのか、どのような精錬を受けるのかを知る者はいない。挫折や精錬が職業上のことである者もいれば、それらが将来の見通しに関連している者、生まれた家に関連している者、結婚に関連している者もいる。しかし、そうした者とわたしたちとの違いは、わたしたち…

神の前で心を静めることについて

神の前で自分の心を静めることは、神の言葉に入る上で最も重要な段階の一つであり、現在すべての人が至急入る必要のある課題である。神の前で自分の心を静める境地に入る道は以下の通りである。1.外部の物事から自分の心を取り戻し、神の前で静まり、心を集中して神に祈る。2.神の前で静まった心で…

第十五章

人間はみな自己認識をもたない生き物であり、自分を知ることができずにいる。それにもかかわらず、掌を指すかのごとく他の全員のことを知っており、他人のすべての言動はまず彼らの目の前で「吟味」され、承認を得てからなされたかのようである。結果として、他の全員のことを心理状態まですべて知り尽…

あとがき

これらの言葉は、神が表したものの全体を構成しているわけではないが、人々が神を知り、性質の変化を経るという目的を果たすのに十分である。中には、中国本土における神の働きはすでに終わっているので、これは神が発すべき言葉をすべて発し終えたことを証明しており、神はそれらの言葉しか語ることが…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索