第五十三章

わたしは初めであり、終わりである。わたしは復活した完全なる唯一の真の神である。わたしはあなたがたの前でわたしの言葉を語る。そしてあなたがたはわたしが言うことを固く信じなければならない。天地は滅び行くが、わたしが言うことの一点、一画としてすたれることはない。これを憶えておきなさい!憶えておきなさい!いったんわたしが語れば、一言も取り消されることはなく、一つひとつの言葉が成就されるのだ。今、その時が来た。あなたがたは直ちに現実において成長しなければならない。あまり時間がないのだ。わたしはわたしの子らを神の栄光の国へと導く。そして、あなたがたが努力して求め、切望してきたことは実現するであろう。わたしの子らよ。早く立ち上がって、わたしについて来なさい。あなたがたがくよくよ考えている暇はもうない。失われた時間は戻って来ない。暗闇の後には光があり、携挙があなたがたの目の前に迫っている。あなたがたは分かるか。目を開きなさい。早く目を覚ましなさい。交わりの中で、つまらないお喋りをしたり、教会建設のために有益ではないことを話したりすることは今許されない。重要なことは、あなたの実体験や、どれ程神の前に照らしを受けて、あなた自身を知ったかを兄弟姉妹に伝えることである。これを施すことができる者は誰でも十分な霊的背丈を持つであろう。今恐れていない人たちもいる。わたしが何を言っても、どれほど心配しても、あなたはまだ恐れることがない。あなたの古い自我は触れられることを許さないので、あなたはただこのまま続けてゆく。誰が滅ぼされるのか見てなさい。あなたは常に世界をつかむことを考え、富を渇望し、自分の息子や娘や夫に強い愛着を感じている。それなら愛着を感じ続けるがよい。わたしの言葉があなたがたに告げられなかったということではない。あなたがたの好きなように続ければよい。近い将来、あなたがたはすべてを理解するだろう。しかし手遅れになり、あなたがたを待っているのは裁きだけである。

前へ: 第五十二章

次へ: 第五十四章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない

わたしは地上において、わたしの追随者となる多くの者を求めてきた。これらの追随者の中には、祭司として仕える人々、先導する人々、神の子、神の民、奉仕をする者たちがいる。彼らがわたしに示す忠誠に基づき、わたしは彼らを分類する。すべての者が種類に準じて分類されたとき、つまり、人間のそれぞ…

神の前で心を静めることについて

神の前で自分の心を静めることは、神の言葉に入る上で最も重要な段階の一つであり、現在すべての人が至急入る必要のある課題である。神の前で自分の心を静める境地に入る道は以下の通りである。1.外部の物事から自分の心を取り戻し、神の前で静まり、心を集中して神に祈る。2.神の前で静まった心で…

第二十八章

わたしがシオンから来た時、あらゆるものがわたしを待っていた。そして、わたしがシオンに戻る時、すべての人間に迎えられた。わたしが往来する時、けっして敵意あるものに歩みを妨げられることがない。したがって、わたしの働きは滞りなく進んだ。今日、わたしがすべての被造物の間に来ると、すべての…

第十六章

人間に言いたいことは、実に数多くある。わたしが人間に言わなければならないことが実に多いのだ。しかし、人間の受け入れる力はあまりに限られている。わたしが語る言葉をそのまま完全に把握することができないのだ。そして、一面だけを理解し、他は知らずにいる。だが、人間が無力だからといって、死…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索