第五十二章

わたしは義の太陽として現れ、あなたがたとわたしは一緒に栄光と良い祝福を永久に分かち合う。これは絶対に真実であり、それはすでにあなたがたの上に成就され始めている。わたしが約束したすべてのことを、わたしはあなたがたのために成就する。わたしが言うすべては現実であり、虚しく戻ってはこない。これらの良い祝福があなたがたの上にある。他の者がそれらを主張することはできない。それらはわたしと一致して協力したあなたがたの奉仕の実である。あなたがたの宗教的観念を捨て去りなさい。わたしの言葉が真実であることを信じなさい。疑ってはならない。わたしはあなたがたに冗談を言っているのではない。わたしは本気で言っているのだ。わたしが祝福を授ける者たちはそれを受け、わたしが祝福を授けない者たちはそれを受けることはない。これはわたしによって定められる。この世の幸運とは何であるのか。わたしの意見では、それは糞に過ぎず、一文の価値もない。それゆえ、この世の悦楽を過大評価してはならない。わたしと一緒に天の祝福を楽しむことの方が、はるかに意味のあること、はるかに報われることではないのか。

以前は真実が明らかにされていなかった。そしてわたしはまだ公に現れてはいなかった。あなたがたはわたしを疑い、わたしについて確信を得ようともしなかった。しかし今、すべてのことは明らかにされ、わたしは義の太陽として現れた。あなたがたがまだ疑っているのなら、これに対して何と言うのか。闇が地を覆っていたときは、あなたがたが光を知らないことはゆるされた。しかし今、太陽が暗闇の隅々まで照らし、隠されたものはもはや隠されておらず、秘められたものはもはや秘められていない。あなたがたがまだ疑っているのなら、わたしはそう簡単には容赦しない。今がわたしのことを完全に確信すべき時であり、進んでわたしに身を捧げ、わたしのために尽くす時である。ほんの少しでもわたしに逆らう者には誰でも、考え直すことも一瞬の猶予もなく、裁きの火が直ちに注がれるだろう。なぜなら、今こそが容赦ない裁きが到来したからである。思いや考えが正しくない者たちには、直ちに裁きが下されるだろう。これがいわゆる、「わたしの働きは閃く稲妻のようである」ということの真の意味である。

それは迅速に進行している。それは人々を驚かさずにはおかず、人々を恐れさせずにはおかず、それはもはや遅らせることはできず、それを止めることはできない。わたしの働きは遂行されればされるほど、速く前進する。目を覚まして用意していない者は誰でも、常に捨て遣られる危険にさらされている。二度とあなたの心の中で試そうとしてはならない。わたしの働きはすでに始まっており、異邦人の国々と宇宙世界に向かって拡大している。裁きの火は誰にも情け容赦なく、憐れみも愛もない。神に忠実であっても、正しくない思いや考えを持つ者、あるいは、ほんの少しでも抵抗する者もまた間違いなく裁かれる。わたしの光に照らされる者は誰でも、その光の中に生き、光の中で行動し、道の終わりまでわたしに仕える。光の中に生きない者たちは、暗闇の中で生きている。わたしは彼らを裁いた後、彼らの罪責感に対する彼らの態度に応じて決断を下す。

わたしの日が到来した。以前わたしが語ったわたしの日が、今あなたがたの目の前にある。なぜなら、あなたがたはわたしと共に降臨するからである。わたしはあなたと、あなたはわたしと空中で出会い、共に栄光を分かち合った。わたしの日はまさに完全に到来したのだ。

前へ: 第五十一章

次へ: 第五十三章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点へと導き入れる

人は現在の働きと将来の働きを少しは理解しているが、人類が入る終着点については理解していない。被造物として、人は自身の本分を尽くすべきである。つまり、神のなすことが何であれ、神に付き従うべきである。わたしがあなたがたにどのような道を示そうとも、その道を歩むべきなのだ。あなたには、物…

第三十五章

今日、すべての人間は、程度に差はあるが、刑罰の状態に入っている。神が次のように言った通りである。「わたしは人間と一緒に出ていく」。これは完全に本当であるが、人々はまだこの点を完全には理解できていない。その結果、彼らが行った働きの一部は不必要になっている。神はこう語った。「彼らの霊…

聖書について(1)

神への信仰において、どう聖書に接するべきか。これは原則の問題である。なぜわたしたちはこの問いについて話し合っているのか。それは、将来あなたが福音を広め、神の国の時代の働きを広げるからであり、単に今日の神の働きについて話せるだけでは不十分なのである。神の働きを広げるには、人々の古い…

第十章

結局のところ、神の国の時代は過去の時代と異なっている。それは人間の行いとは関係ない。むしろ、わたしが地上に降りて自ら働きを行ったのであり、それは人には理解できず、成し遂げるのも不可能なことである。世界の創造以来長年にわたり、その働きはひとえに教会の建設に関するものだったが、神の国…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索