質問7. 神の二度の受肉は、キリストが真理であり、道であり、いのちであることを証ししました。キリストが真理であり、道であり、いのちであるということをどのように理解すべきでしょうか。

回答

神を信じる人々がキリストは真理であり、道であり、いのちであるということを真に理解できるのであれば、それは貴重なことで、人々がキリストの本質を真に理解しているということです。そのような人のみが真に神を知っていると言うことができます。キリストは受肉した実際の神です。キリストを知っておりキリストに従うことのできる人はすべて真に神を知っています。あらゆる真理と道といのちは神に由来し、受肉したキリストの表明に由来するからです。キリスト以外に真理、道、いのちである人はいません。この真理を理解できる人はほとんどいません。神を信じる人々を調べるときに神が用いる基準は、彼らが神の受肉を知ることができるか否かに基づいています。これが人々の神への信仰が神に認められるための唯一の基準です。神の受肉を受け従うことのできる人々は、神の前に連れてこられ、最初に完全にされた勝利者です。一方、キリストを受け入れず従わない人々は神の受肉を知らず、皆が愚かな乙女と分類されるので、精錬されるために災難に遭わされるでしょう。ちょうど主イエスが来られて、真理を愛する人々やイエスの言葉を受け入れ真にイエスに従った人々は山に連れて行き、自ら教え養成したけれど、宗教的な人々やパンのためだけに主を信じた人々は、曖昧な神を信じても受肉した神は受け入れなかったので、無視したのと同じです。神を信じなかった人々は皆盲目でした。ですから、神を信じ受肉したキリストを受け入れ従うことができる人々だけが、神に認められ完全にされることができます。なぜキリストだけが真理であり、道であり、いのちであると言うのでしょうか。全能神の御言葉を見てみましょう。全能神はこう言いました。「いのちの道は誰でも持てるものではなく、また誰にとっても簡単に得られるものではない。いのちは神からしか生じ得ないからである。つまり、神自身のみがいのちの実質を有しており、神自身のみがいのちの道をもっている。ゆえに、神のみがいのちの源であり、永遠に流れつづけるいのちの生ける泉なのである。世界を創造してからずっと、神はいのちの活力に関する多くの働きを行ない、人にいのちをもたらす多くの働きを行ない、人がいのちを得られるよう多大な代価を払ってきた。神自身が永遠のいのちであり、そして神自身が、人が復活する道だからである」(『言葉は肉において現れる』の「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」)。「神のみがいのちの道をもっている。神は永久不変のいのちであり、ゆえに永遠のいのちである。神のみがいのちの道なので、神自身が永遠のいのちの道である」(『言葉は肉において現れる』の「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」)。全能神の御言葉から、真理、道、いのちはすべて神から来ており、神だけがいのちの道をもつことが分かります。聖書には以下のように書かれています。「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった」(ヨハネによる福音書 1:1)。ことばは神であり、ことばは言葉であり、ことばは真理であり、道であり、いのちなのです。ことばが肉になったというのは神の霊が肉体になったことであり、すなわち真理、道、いのちが肉となることです。これはちょうど全能神が次のように語ったのと同じです。「言葉が肉となり、真理の御霊が肉において具現化しました。すなわち、すべての真理と道といのちが肉において到来しました。神の霊が真に地上に現われ、霊が肉において到来したのです」(『言葉は肉において現れる』の「実践(4)」)。神の二度にわたる受肉が証ししているのは、神が真理であり、道であり、いのちであるということです。これは人類に偉大なる啓示を与えました。キリストのみが真理であり、道であり、いのちであるということ、またキリストの働きと言葉、キリストがもつものとキリストであるもののすべてが真理であり、道であり、いのちであるということです。これがキリストの本質です。キリストによる神の言葉の表明は、神がその働きを神の身分において行なうことです。それは一つの時代を始めることであり、もう一つの時代を終えることです。それは一つの時代全体の働きであり、全人類に向けられています。キリストが表す神の言葉は、神の働きの一段階の言葉の集大成であり、神の性質、神がもつものと神であるもののすべて、神の経営(救いの)計画の奥義、神の人間への要求と意図を完全に表現することができます。これらの言葉はすべて真理であり、人々のいのちとなるだけでなく、人々のいのちを与えることができます。これはちょうど主イエスが来られて、恵みの時代の人々が必要としていた真理のすべてを表し、人間が罪を告白し悔い改め、神に立ち返り、神に祈り、神の前に来て神の恵みを受け取り、神の慈悲と愛を見ることができるようにしたのと同じです。これは贖いの働きの成果です。主イエスの働きは人々の罪を赦し、罪から贖いました。主イエスは人類を贖う働きの一段階を行ない、恵みの時代を始め律法の時代を終えました。全能神、終わりの日の受肉した神は現れると、人々を清め救うために真理を語り、神の家族を皮切りに裁きの働きを行い、人々に神の義なる性質と神の全能性と知恵を見せ、人々のいのちの性質を清め変化させ、人々が神を畏れ悪を避け、サタンの影響から完全に解放されて真に神に立ち返り、神のものとなれるようにしました。全能神の働きは神の国の時代を始め、恵みの時代を終了させました。これにより、キリストが語り、行い、表したことから明らかにされたのは真理であり、キリストが人類に指し示した道とキリストが与えたいのちの支えと恵みは、いかなる人間ももっておらず、表すことができないものであることが分かります。キリストは人類のいのちの起源であり、神の出現、真理、道、いのちであり、また人類の唯一の贖いと救いであり、キリストをおいては真理、道、いのちをもつものはないのです。これはすべての人に完璧に明らかな事実です。

『神の国の福音に関する代表的な質問と解答(セレクション)』より

前へ: 質問6. 恵みの時代に神は受肉なさり、人類のための罪祭となり、人々の罪を贖ってくださいました。終わりの日に神は再び受肉し、真理を表し、人を完全に清め救うために裁きの働きを行っておられます。ではなぜ神は人類を救う働きを行うために二度受肉する必要があるのですか。そして二度の神の受肉の真の意義は何ですか。

次へ: 質問8. あなたたちは、終わりの日に受肉された神ご自身が神の国の時代を始められ、サタンが支配する古い時代を終わらせたと証しなさっています。そこでお訊きしたいのですが、全能神による終わりの日の裁きの働きは、人類が漠然とした神を信じる時代、サタンが支配する暗黒時代をどのように終わらせたのですか。どうか詳しく教えを分かち合ってください。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 1:主イエスの御名と道に忠実であり、偽キリストたちや偽預言者を相手にせず、目を覚まして待てば、主は来られる時にかならず啓示をくださる。主の御声を聴かなくても引き上げていただける。主イエスはこう言われた「そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、また、『あそこにいる』と言っても、それを信じるな。にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう」(マタイによる福音書 24:23-24)。あなたたちは偽キリストたちや偽預言者たちの欺きを認めないのか? だから我々は、主の到来を証しする者は全て、間違いなく偽者だと信じているのだ。吟味するまでもない。主は来られるときには、啓示をくださるし、私たちを見捨てるはずはない。これが正しい信仰実践だと思う皆はどう思うかな?

回答:主イエスは確かに、終わりの日の偽キリストと偽預言者のことを預言されました。これは事実です。しかし、ご自身の再臨も何度か明確に預言されました。私たちはそう信じてますね? 多くの人は主イエスの再臨の預言に関しては偽キリストや偽預言者を警戒することに集中し花婿の到来を迎えることや…

堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である

神が受肉したのは、その働きの対象がサタンの霊や肉体を持たない何かではなく、人間、つまり肉体をもち、サタンに堕落させられた存在だからである。人間の肉体が堕落しているからこそ、神は肉体をもつ人間を働きの対象とした。さらに、人間は堕落の対象であるため、神は救いの働きの全段階で、人間をそ…

質問 2:私は神を見たことがないし、神のどのように働いたり世界を支配しているのかも見たことがない。私には神を認識して受け入れるのは難しい。私の長年の宗教研究からは宗教的信仰は精神的な栄養に過ぎないと思います。人類の精神的空洞を埋めるものです神を信じる人たちも最終的には皆死にますね。そして死んだ人のうちだれが天国に行って誰が地獄に落ちたのかなんて誰も知らないのです。全ての宗教的信仰は非常に曖昧で非現実的です。科学が発達し人類が進歩するにつれ、宗教的信仰なんてものは捨てられ消えていくでしょう。我々はまだ科学は信じなければなりません。科学こそが真理であり現実です。これはだれも否定できません。科学はまだ神を否定していませんが、神の存在を証明もしていません。もし科学が神の存在を証明し、神がすべてを支配していることも証明出来たら神を信じることはできます。我々共産主義者は科学を信じるのです。科学を信じ発展させることによってのみ人間社会は進歩するのです。科学は人間社会の問題を沢山解決することが出来ます。神を信じることによって人は何を得られますか? 一時的な精神的な安心以外に何の役に立つのですか。実際的な問題には何の役にも立ちませんよね。従って科学を信じたほうが神を信じるよりずっと現実的です。私たちは科学を信じなくてはなりません。

回答:無神論は何よりも科学を重んじます。科学を真理や信仰のように扱うほどです。科学がもし真理ならば何故多くの科学的理論が確立されても、すぐにまた反論され無効にされるのですか? これは科学が真理などではないことの裏付けではありませんか。科学は人間社会の最も現実的な問題を解決できます…

質問 2:全能神教会では、主イエスの再来について、すでに証をされている、と常々伺っています。そして主イエスの再来こそが全能神だと! 全能神は真理を表し、終末にその裁きの働きをなさいます。しかし宗教界の大半の人々は、主が雲に乗って再臨されると信じています。これは、主イエスが明白に言われたからです。「そのとき、人の子のしるしが天に現れるであろう。またそのとき、地のすべての民族は嘆き、そして力と大いなる栄光とをもって、人の子が天の雲に乗って来るのを、人々は見るであろう」(マタイによる福音書 24:30)。ヨハネの黙示録にも預言されています。「見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう」(ヨハネの黙示録 1:7)。私も主が雲に乗って再臨され、我々を天国へ直ちに連れて行って下さると信じています。雲に乗って来られない主イエスを受け入れることはできません。あなた方は、主の再臨は肉の人として、ひそかになされると言います。でも、誰もそのことを知らないと。しかし、主が雲に乗り、公に降臨されるということは絶対的です! ですので、主が雲に乗って公に現れ、直ちに天国にお連れ下さることを、我々は待っています。我々の理解は正しいですか、正しくないですか?

もし主が戻られ、肉の主イエスがなさったようなやり方で、人の間で働いたとしましょう。我々が認めなかったら、パリサイ人がしたようにやはり彼を裁き、彼を非難し、もう一度磔にするでしょうか?その可能性があると思いますか?主イエスは再来することについて多くを語ったが、あなた方は主は雲に乗って来られるというその預言のみに固執し、他の預言を探究していません。これでは主に見捨てられてしまいますね。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索