日々の神の御言葉「征服の働きの内幕(3)」抜粋291

あなたを今日征服する目的は、神があなたの神であり、他者の神であり、最も重要なことに、神を愛するすべての人の神であり、すべての被造物の神であることをあなたに認めさせることである。神はイスラエル人の神であり、エジプトの人々の神である。神は英国人の神でアメリカ人の神である。神はアダムとエバだけの神ではなく、アダムとエバの子孫すべての神でもある。神は天のすべてのものと地上のすべてのものの神である。イスラエル民族も異邦人の諸民族も一つの神の手の内ではみな同じである。神はイスラエルで数千年働き、かつてユダヤに生まれただけでなく、今日中国、赤い大きな竜の国がとぐろを巻いている場所に顕現した。もしユダヤに生まれることで神がユダヤ人の王になるのなら、あなたたちみなの間に顕現していることで、神はあなたたちの神となるのではないのか。神はイスラエルの民を導きユダヤに生まれたが、また、異邦人の国にも生まれる。神の働きはみな、神が創造した人類全体のためではないのであろうか。神はイスラエルの民を百倍愛し、異邦人を千倍憎んでいるのであろうか。それはあなたたちの観念ではないのか。神を認めないのはあなたたちである。神があなたたちの神ではなかったということではない。神を拒んでいるのはあなたたちである。神があなたたちの神でありたくないということではない。被造物の中の誰が全能者の手の中にいないのか。今日あなたたちを征服するのは、神があなたたちの神にほかならないとあなたたちに認めさせることが目標なのではないのか。もしあなたたちが神はイスラエル人だけの神であるといまだに言い張り、イスラエルのダビデ家が神の誕生の起源であり、イスラエル以外の民族はどれも神を「生む」資格がないどころか、異邦人の民族はヤーウェの働きを直接受けられはしないと信じているのなら──もし、まだこのように考えているのなら、それは、頑固に抵抗していることではないのか。いつまでもイスラエルにこだわるのではない。神は現在ここ、あなたたちのもとにいる。また、天を仰ぎ見てばかりいるのではない。天の神を慕い求めるのはやめなさい。神はあなたたちのもとに来たのだから、どうして天にいるのか。神を信じるようになって長くはないのに、あなたは神についていろいろな観念をもっている。イスラエル人の神があなたたちに現れて恵みをくださるとは、まるで考えようとしないほどである。まして耐え難いほど汚れている自分たちが神が現れるのを見られるとは考えようとしない。あなたたちはまた、神がどうして異邦人の国に直接顕現しえるということを考えてみたこともない。神はシナイ山かオリーブ山に下り、イスラエル人に現れるはずではないのか。異邦人(つまり、イスラエルの外の人々)はみな、神の嫌悪の対象ではないのか。どうして神が自らそうした者の間で働くのか。こうしたことはみな、あなたたちが長年の間にもつに至った根深い観念である。今日あなたたちを征服する目的は、あなたたちのそうした観念を打ち砕くことである。だから、あなたたちは神がシナイ山やオリーブ山ではなく、あなたたち、過去に神が導いたことのない民族の間に現れるのを見た。神がイスラエルで二つの段階の働きをした後、イスラエル人とすべての異邦人は等しくある観念を抱くようになった。神は確かにあらゆるものを創造したが、神はイスラエルの民だけの神であり、異邦人の神になることは望まない。イスラエル人は次のように信じている。神は自分たちだけの神であり、あなたたち異邦人の神ではなく、また、あなたたちはヤーウェを崇めないので、ヤーウェ、私たちの神は、あなたたちを憎んでいる。こうしたユダヤ人はさらにこうも信じている。主イエスは私たちユダヤ人の姿をとり、ユダヤ民族のしるしをつけた神である。神が働くのは私たちのもとである。神の姿と私たちの姿は同じである。私たちの姿は神に近い。主イエスは私たちユダヤ人の王である。異邦人には、このような偉大な救いを受ける資格がない。主イエスは私たちユダヤ人の罪のための捧げ物である。イスラエル人やユダヤの人々がこうした多くの観念をもつようになったのは、単にあの二段階の働きに基づいたものである。彼らは神を自分たちだけのものと傲慢に主張して、神が異邦人の神でもあることを認めない。このように異邦人の心の中で神は空白になった。これは神は異邦人の神になることを望まず、イスラエル人──神の選ばれた民──そしてユダヤ人、とりわけ神に従った弟子たち、だけを好むのだと誰もが信じるようになったためである。ヤーウェとイエスの働きはすべての人間の存続のためであると知らないのか。あなたは今、神はあなたたちイスラエルの外に生まれた者たちみなの神であると認めるのか。神は今日ここあなたたちのもとにいるのではないか。これは夢ではありえない。そうではないか。あなたたちはこの現実を受け入れないのか。あなたたちはこれを信じることもこれについて考えることもしようとしない。あなたたちがどのように見ようと、神はここ、あなたたちとともにいるのではないのか。あなたたちはこれらの言葉を信じることをまだ恐れているのか。今日のこの日から、すべての征服された人々と神に従いたいと願う者はみな神の選ばれた民なのではないのか。あなたたち、今日信者である人々はみなイスラエルの外で選ばれた民なのではないのか。あなたたちの身分はイスラエル人と同じなのではないのか。これはみなあなたたちが認めなければいけないことではないのか。これはあなたたちを征服する働きの目標なのではないのか。あなたたちは神を見ることができるのだから、神は永遠に、始まりから未来まで、あなたたちの神である。あなたたちみなが神に従い、忠実で従順な被造物である限り、神はあなたたちを見捨てない。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「神は人間のいのちの源である」抜粋260

この世に来る者はすべて、生と死を経験しなければならず、多くの者が死と再生のサイクルを経験した。生ける者は間もなく死に、死せる者は間もなく返ってくるだろう。これはすべて、生ける者それぞれのために神によって手配された人生の行路なのである。しかしながら、この行路とサイクルは、神が人に見…

日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉:第四章」抜粋364

わたしの前で仕えるわが民はみな、過去を思い返すべきである。あなたがたの、わたしへの愛は、不純なもので穢されていなかったか。あなたがたの、わたしへの忠誠は純粋で心からのものだったか。あなたがたの、わたしについての認識は真実であったか。あなたがたの心のどれほどの場所をわたしは占めてい…

日々の神の御言葉「実際の神は神自身であることを知るべきである」抜粋134

実践的な神についてあなたが知るべきことは何だろうか。実践的な神自身は、霊、人、そして、言葉から成り立っている。これが実践的神自身の本当の意味である。あなたがこの人だけを知っていて――つまり、彼の習慣と性格のみを知っていて――霊の働きを知らなければ、あるいは、霊が肉の中で何をするの…

日々の神の御言葉「働きと入ること(9)」抜粋252

人間の働きのために神は多くの眠れぬ夜を過ごした。神は、遥かな高みから深淵へ、人間が生活する生き地獄まで降りて、人間と共に過ごし、決して人間の卑しさに不平を漏らしたり、人間の不従順を咎めたりせず、自ら働きを行いながら最大の屈辱に耐えている。どうして神が地獄に居られたのだろうか。どう…