日々の神の御言葉「ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識」抜粋524

人間は有意義な人生を示すことができるよう求める必要があり、現状に満足してはならない。ペテロの人間像を生きるためには、人間はペテロの認識と経験を備える必要がある。人間は、より高度な物事や、より深淵な物事を追求する必要がある。人間は、神に対する一層深く清い愛と、価値があり有意義な一生を追求する必要がある。そのようなもののみが人生であり、そうしてはじめて、その人間はペテロと同等となる。あなたは、肯定的側面への成長に対して積極的であることに重点を置く必要があり、また一時的快楽のために、一層深淵であり、具体的であり、実践的な真理を無視しつつ、追従的に後退することを許してはならない。あなたの愛は実践的である必要があり、あなたは、獣同然の堕落した気楽な生活から抜け出す方法を見出す必要がある。あなたは有意義な人生、価値のある人生を行動で示し、自分をごまかして、人生を玩具のように弄んではならない。神を愛す熱意のある全ての者にとって、得る事の出来ない真理は無く、揺るぎなく耐えることが出来ない正義は無い。あなたは、どのようにして生きるべきであろうか。あなたは、どのようにして神を愛し、その愛を用いて神の心を満たすべきであろうか。あなたの人生において、それより重要な問題は無い。あなたは、何よりもそうした熱意と根気を備えている必要があり、骨抜きの弱虫のようであってはならない。あなたは有意義な人生を経験する方法を知り、有意義な真理を経験し、自分自身をそのようにぞんざいに扱ってはならない。あなたの人生は、気付かぬうちに過ぎてゆくが、その後、あなたには、神を愛する機会がもう一度あるだろうか。人間は、死後に神を愛することができるだろうか。あなたは、ペテロと同様の熱意と良心を備えている必要がある。あなたの人生は有意義である必要があり、自分をいい加減に扱ってはならない。人間として、そして神を求める者として、あなたは自分の人生をどのように扱うか、どのようにして自らを神に捧げるべきか、どのようにして一層有意義な信仰を持つべきか、そして、あなたは神を愛しているので、どのようにして一層清く、美しく、好ましく神を愛するべきかを熟慮できる必要がある。現在、あなたは自分がどのようにして征服されたかだけに満足することは出来ず、今後進んで行く道についても考える必要がある。あなたは完全にされることへの熱意と勇気を持ち、常に自分は無能だと考えるべきではない。真理には好みがあるだろうか。真理は故意に人間に反抗することがあるだろうか。あなたが真理を追求する場合、真理はあなたを圧倒することがあるであろうか。あなたが正義のために揺るぎなく耐える場合、正義はあなたを打ち倒すであろうか。いのちを追求する熱意が本当にあなたに有るのであれば、いのちはあなたから逃れることが出来るだろうか。あなたに真理が無いのであれば、それは真理があなたを認めないからではなく、あなたが真理に近付かないからである。あなたが正義のために揺るぎなく耐えることができないのであれば、それは正義に問題があるからではなく、あなたが、正義が事実に一致しないと考えているからである。あなたが何年いのちを追求しても、いのちを得られずに居るのであれば、それはあなたに対する良心がいのちに無いからではなく、いのちに対する良心があなたに無く、あなたがいのちを追い払ったからである。あなたが光の中で生活しつつ光を得ることが出来ないのであれば、それは光があなたを照らすことが不可能だからではなく、あなたが光りの存在に注意しないので、光が静かにあなたから去るからである。あなたが追求しないのであれば、あなたは無価値な屑であり、自分の人生において全く勇気が無く、暗闇の力に対抗する精神が無いと言うほかない。あなたは弱すぎるのである。あなたは、自分を包囲するサタンの勢力から逃れられず、安全で安心な生活を送り、無知のまま死ぬことのみを望んでいる。あなたが追求すべき事は、征服されることであり、それがあなたに課された本分である。あなたは、自分が征服されたことに満足しているのであれば、光の存在を追い払っていることになる。あなたは、真理のために苦難を受け、真理に自分を捧げ、真理のために恥辱を受けねばならず、より多くの真理を得るためには、より多くの苦難を受ける必要がある。あなたがなすべき事は、これである。あなたは平穏な家庭生活のために真理を捨て去ってはならず、一時的享楽のために、一生の尊厳や誠実さを失ってはならない。あなたは、美しく良い物事全て、そして一層有意義な人生の道を追求すべきである。あなたがそうした俗悪な生活を送り、何も目的を追求しなかったならば、あなたは人生を無駄にしているのではないか。そうした人生から何が得られるであろうか。あなたは、真理のために肉の享楽全てを捨て去り、少しばかりの享楽のために全ての真理を捨て去ってはならない。そうした人々には、誠実さも尊厳も無い。そうした人々には存在意義が無い。

『言葉は肉において現れる』より引用

あなたは真理のために全てを捨てるべきだ

あなたは真理への道の途上苦しみ、自身を捧げなければならない。更なる真理を得るために屈辱に耐え、より大きな苦しみを受け入れなさい。美しいもの全てを追求し、良いこと全てを探し求めなければならない。意義深い人生の道を。真理のために全ての快楽と肉を捨てなさい。

平和な家庭生活のためであっても、真理を手放してはいけない。品位と尊厳を保つこと。一時の快楽のため真理を投げ捨ててはならない。美しいもの全てを追求し、良いこと全てを探し求めなければならない。意義深い人生の道を。真理のために全ての快楽と肉を捨てなさい。

享楽のため全ての真理を投げ捨ててはならない。もし何も追求せず卑しく生き続けるなら、人生は無駄ではなかろうか。美しいもの全てを追求し、良いこと全てを探し求めなければならない。意義深い人生の道を。真理のために全ての快楽と肉を捨てなさい。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「神の働きと人の働き」抜粋181

神の働きは、神の肉の経験を表すのではない。人が行う働きは人の経験を表す。誰もが自分の個人的経験について話す。神は直接真理を表し、一方人は真理を経験したあと、付随する経験を表せるだけである。神の働きに規則はなく、時間や地理的制約に支配されない。神はいつでも、どこでも自分が何かを表す…

日々の神の御言葉「実践に集中する者だけが完全にされることができる」抜粋548

聖霊は各人において歩むべき道をもち、各人に完全にされる機会を与える。あなたは自らの消極性をとおして自らの堕落を知らしめられ、その後消極性から脱け出すことにより実践の道を見いだす。それはどれもあなたが完全にされる方法である。さらに、あなたの中にある肯定的なものの幾つかに継続的に導き…

日々の神の御言葉「十三通の手紙をいかにとらえるか」抜粋182

神の働きは人間の働きと違うのであり、またそれ以上に、神の表現が人間の表現と同じであるなどどうしてあり得ようか。神には神自身に特有の性質があり、人には尽くすべき本分がある。神の性質は神の働きに表われ、人の本分は人の経験において具現化し、人が追求することに表われる。したがって、なされ…

日々の神の御言葉「暗闇の影響から脱すれば、あなたは神のものとされる」抜粋534

神に讃えられたいと望むなら、まずはサタンによる暗闇の影響から脱し、神に心を開き、完全に神のほうへ向けなければならない。あなたが現在行なっていることを、神は讃えるだろうか。あなたは心を神に向けたのか。あなたが行なってきたことは、神があなたに求めることなのか。それらの行ないは真理に…