質問 4:聖書で一番多い預言は終わりの日の神様の裁きの働きについてであり、神様が裁きに来られるという預言は200件以上あるとのことですが、本当なんですね。ペテロの第一の手紙4:17にはっきり書いてあります「さばきが神の家から始められる時がきた」。終わりの日の神様の裁きの働きは間違いないようですね。終わりの日に神様が受肉して現われ裁きの働きをすると言われましたが、考えていたことと違います。復活した主イエスは霊体となって終わりの日に人類の前に現われ働くのだとほとんどの教会では信じられています。再臨する主は受肉して働くという考えはどうも納得がいかないので、もう少し説明してください。

回答:主の再臨は人を裁き清めるためだとご理解いただきましたが、再臨の形については疑問をお持ちなのですね。ほとんどの信者は主は復活して昇天した主イエスの霊体として人類の前に現われ人の子としての受肉はもうしないと信じていますが、裁きの働きをするため主はどうやって現れるのでしょう? 霊体でそれとも神様が受肉して? 信者が一番疑問に思っている事ですね。終わりの日に神様が受肉して現われ、裁きの働きをすることは聖書にはっきりと預言があります。主イエスは「父はだれをもさばかない。さばきのことはすべて、子にゆだねられたからである。……(ヨハネによる福音書5:22)そして子は人の子であるから、子にさばきを行う権威をお与えになった(ヨハネによる福音書 5:27)とあります。終わりの日に神様は人の子として受肉し、裁きの働きをすると主イエスははっきり預言しています。「子」や「人の子」とは間違いなく受肉されたキリストを指し、受肉した主イエスは人の子と呼ばれ、人間として生まれ普通の人間性をお持ちでした。ごく普通の人間の姿で人間として生活したので、人の子と呼ばれキリストと呼ばれたのです。霊体は「人の子」とは言えないしヤーウェ神は霊体でしたので、「人の子」とは呼ばれませんでした。復活した後の主イエスの霊体は神様の受肉の体ではないので、それも人の子とは呼ばれません。人の姿であっても霊体であれば人の子とは呼べないのです主は預言されました。「いなずまが天の端からひかり出て天の端へとひらめき渡るように、人の子もその日には同じようであるだろう。しかし、彼はまず多くの苦しみを受け、またこの時代の人々に捨てられねばならない」(ルカによる福音書 17:24-25)。これも主は人の子として受肉し再臨される証拠です。復活した霊体として現われるのなら苦しむこともないし、この時代に捨てられることもないでしょう。霊体ならもちろん超自然で奇跡を起こせるし何でも言葉だけですぐに実現できますから、人類は信者も未信者も悪魔サタンでさえ間違いなく主に従うでしょう。主の再臨がこの時代に捨てられることはありませんね? 聖徒を引き上げるため霊体として見えるのなら信者は誰も神様を拒否しないでしょう。違いますか? 主イエスの預言によると人の子として受肉して戻られ言葉を発し、終わりの日の裁きの働きをすることは間違いないのです。復活した主の霊体では有り得ないのです。

ちょうど主イエスが天国の福音を伝えるため地上に現われたように終わりの日に神様は人の子として受肉して裁きの働きをするのです。主イエスは普通の人の子に見えましたが、権威と力のある言葉や働きによって人々を納得させました。その言葉や働きから主イエスが言われた事は全て真理であると誰もが納得し、主イエスは神様が遣った神様そのものであり、神様の働きをされたのだと信じられています。終わりの日に受肉された全能神が働きにお見えになると多くの人が神様の声を聞き、まるで人間界に光が差すように真理が見えるのです。受肉した人の子は真理を示し堕落した人類を裁き清めることができるのは誰にも明らかで、受肉した人の子が表した真理から神様の義なる性質もはっきり見えるので、人々は心から神様を畏敬し従い神様に救われ神様のものにされるのです。全能神は語り、神様の家から始る裁きの働きをされ、神様の玉座の前に来た者を全て清め救い災害の前に勝利者を作ります。今や全能神の言葉と神様の選民が裁きを受け清められ完全にされたという勝利の証しはすでにインターネットで公表されています。全能神は主イエスの再臨であり、人類を裁き救う唯一の真の神であると世界に向けて広く証ししています。全能神はこう仰っています。「わたしは地上すべてを観察し、世界の東に義と威厳、怒り、刑罰をもって現れ、すべての人間たちにわたしを現す」(『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」「第二十六章」)

映画『勝利の凱歌』より引用

前へ: 質問 17:あなたがたは全能神が終りの日に降臨して働く神で全能神への信仰は真理を求めることで、人生の正しい道を歩むことだと言ってるけど私が知る限り、全能神の信者の多くはイエスの伝道者みたいです。福音を広めて神の証しをするために、ためらいもせず家族や仕事を捨てて神に身も心も捧げる伝道者。その中には、結婚しない若者も多いし、することと言えば終わりの日のキリストに従って本分を果たすことだけ。気づいてないかもしれないけど、あなたがたが家族を捨てて福音を広め神の存在を証言しているせいで、神を信じる人の数がどんどん増えています。人類全体が神に向かったら一体誰が共産党を信じて共産党に付き従うと思うの? だからこそ政府はあなたがたを抑圧して逮捕するんです。これ間違っているかしら? あなたがたがこんなに神を信じているのが原因です。それで多くの人々が逮捕されたり投獄されたり家出して逃げざるを得なかったんです。夫婦が何組も離婚して、かわいがってくれる親をなくした子供がいっぱいいます。面倒を見てくれる身内のいない高齢者もいっぱいいるんですよ。あなたがたの信心のせいで家族にこんな苦しみを味あわせている。一体それでどうしようというの? これがあなたがたの説く人生の正しい道だっていうんですか? 伝統的な中国文化では、親孝行が一番大切です。「あらゆる徳のうちで孝行が最重要」と諺にあります。孔子曰く、「父母在(いま)せば、遠く遊ばず」。両親を敬うことは人の行いの基本です。あなたがたのように神を信じて神に従うと、自分達を生んで育ててくれた親の面倒さえ見られない。どうしてそれが人生の正しい道だと思えるの? 信心深い人は皆善人だと言われるし、それは間違ってませんがあなたがたが皆神を信じて崇拝し、神を偉大だと尊敬するから共産党が怒り狂って、憎しみで一杯になってるんです。福音を広めて本分を果たすと、自分の家族の面倒さえ見られないじゃないですか。どうしてこれが善行なの? どう? あなたがたが神を信じて道を誤ったってことじゃないの? このように福音を広めて神は存在すると言うことで、あなたがたは社会の調和と安定を壊してしまったんじゃないんの? これ以上間違いを続けるのは止めたら。なるべく早く社会復帰して、家族と一緒に普通の生活を送って、ちゃんと家族の面倒をみるべきです。子供や親としての義務を果たすべきです。これこそが人のあり方の基本で、一番現実的なことです。

次へ: 質問 5:人の子として神様の家から始る裁きの働きをするということですが、これは聖書の預言と完全に一致しています! 神様の家から始まる裁きはヨハネの黙示録にある大きな白い玉座での裁きの事ですか? 大きな白い玉座での裁きは悪魔サタンに属する未信者が対象で、主が戻られた時信者は天国に招かれ、未信者を滅ぼすため災害を呼ぶのだと思っていました。それが大きな白い玉座の前での裁きなのです。終わりの日の神様の裁きは既に始まったと言われますが、未信者を滅ぼすための災害はまだ起きていません。それが大きな白い玉座の前での裁きでしょうか? 終わりの日の神様の裁きとは何ですか? はっきり説明していただきたいですな。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 2:私は神を見たことがないし、神のどのように働いたり世界を支配しているのかも見たことがない。私には神を認識して受け入れるのは難しい。私の長年の宗教研究からは宗教的信仰は精神的な栄養に過ぎないと思います。人類の精神的空洞を埋めるものです神を信じる人たちも最終的には皆死にますね。そして死んだ人のうちだれが天国に行って誰が地獄に落ちたのかなんて誰も知らないのです。全ての宗教的信仰は非常に曖昧で非現実的です。科学が発達し人類が進歩するにつれ、宗教的信仰なんてものは捨てられ消えていくでしょう。我々はまだ科学は信じなければなりません。科学こそが真理であり現実です。これはだれも否定できません。科学はまだ神を否定していませんが、神の存在を証明もしていません。もし科学が神の存在を証明し、神がすべてを支配していることも証明出来たら神を信じることはできます。我々共産主義者は科学を信じるのです。科学を信じ発展させることによってのみ人間社会は進歩するのです。科学は人間社会の問題を沢山解決することが出来ます。神を信じることによって人は何を得られますか? 一時的な精神的な安心以外に何の役に立つのですか。実際的な問題には何の役にも立ちませんよね。従って科学を信じたほうが神を信じるよりずっと現実的です。私たちは科学を信じなくてはなりません。

回答:無神論は何よりも科学を重んじます。科学を真理や信仰のように扱うほどです。科学がもし真理ならば何故多くの科学的理論が確立されても、すぐにまた反論され無効にされるのですか? これは科学が真理などではないことの裏付けではありませんか。科学は人間社会の最も現実的な問題を解決できます…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索