第十章

あれやこれやと恐れてはならない。あなたはどれだけ多くの困難や危険に直面しようと、どんな障害にも遮られることなく、わたしの前に固く立ち続けることができる。それによってわたしの旨は妨げなく遂行されるのだ。それがあなたの本分である。そうでなければ、わたしの怒りが降りかかり、わたしの手が……。そしてあなたは終わりのない精神的苦痛に耐えることになる。あなたはすべてに耐えねばならない。持てるものをすべて捨て去り、できることをすべてして、わたしに従い、全力を尽くす覚悟をしなければならないのだ。今はわたしがあなたを試す時だ。あなたは忠誠を尽くすか。忠誠心を持って、道の終わりまで従うことができるか。恐れることはない。わたしの支えがあれば、誰にその道を塞ぐことができようか。このことを覚えていなさい、忘れてはならない。起こることはすべてわたしの善意によるのであり、すべてはわたしの監視下にある。すべての言動において、わたしの言葉に従うことができるか。火の試練が降りかかるとき、あなたはひざまずいて叫ぶだろうか。それともすくみ上がって、前進をやめてしまうだろうか。

あなたは自らの内にわたしの勇気を持たねばならず、未信者である親戚に直面するときは、原則を持たなければならない。しかしわたしのために、どんな暗闇の勢力にも屈してはならない。わたしの知恵に頼って完全な道を歩みなさい。サタンの陰謀に支配されてはならない。わたしの前に心を据えることに全力を尽くしなさい、そうすればわたしはあなたを慰め、平安と幸福を与える。他人の前でどうにかなろうと努めてはならない。わたしを満足させることのほうが、価値と重みがあるのではないか。わたしを満足させるほうが、恒久的な生涯続く平安と幸福に一層満たされるのではないか。現在の苦しみは、将来の祝福がどれほど大きいかを示している。それは言葉では言い表せないほどだ。どれほど大きな祝福を受けるか、あなたは知らない。それは夢見ることさえできないほどだからだ。今日、それは現実となった。本当に現実となったのだ。それはもう遠くない。見えるだろうか。そのすべてはわたしの中にある。前途は何と明るいことか。涙を拭い去りなさい、もう痛みも悲しみも感じることはない。すべてはわたしの手によって采配されるのだ。わたしの目標はあなたがたをすぐに勝利者にし、わたしとともに栄光へと導くことだ。自分に何が起きようともそれに感謝し、讃美に満ちていなければならない。それはわたしに大きな満足をもたらすだろう。

すべてを超越するキリストのいのちはすでに現れた。恐れることは何もない。サタンたちは我々の足元にあり、彼らの時間はもう限られている。目を覚ましなさい。放縦の世界を捨て去り、死の淵から自分を解き放ちなさい。何があろうとわたしに忠誠を尽くし、勇敢に前進しなさい。わたしはあなたの力の岩である。だからわたしに拠り頼みなさい。

前へ: 第九章

次へ: 第十一章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

働きと入ること(5)

現在、あなたがたはみな、誰もがそれぞれ自由な世界で生きていけるように、神が人間を人生の正しい道へと導いていること、もう一つの時代への次なる一歩を踏み出すよう人間を導いていること、この暗く古い時代を超えるように人間を肉の外へ導き、闇の勢力の抑圧とサタンの影響から遠ざけていることを知…

道……(6)

わたしたちが現代に至ったのは神の働きのおかげであり、それゆえわたしたちは神の経営(救いの)計画における生存者である。わたしたちが現在に留まっているのは神の大いなる称揚である。なぜなら、神の計画によると、赤い大きな竜の国は滅ぼされるべきだからだ。しかし、神はおそらく別の計画を立てた…

人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く

人は現在の働きと将来の働きを少しは理解しているが、人類が入る終着点については理解していない。被造物として、人はその本分を果たすべきである。つまり、人は神のなすことが何であれ彼に従うべきである。わたしがあなたがたにどんな道を示そうが、その道を歩むべきである。あなたには自分のために采…

働きと入ること(2)

あなたがたの働きと入りは極めて貧弱である。人間は働き方に重きを置かず、またいのちの入りについてはそれ以上にでたらめである。人間はこれらを、自分が入るべき学びとして捉えない。ゆえに、人が経験の中で見ているのは、ほぼ空中の楼閣だけである。働きに関する限り、あなたがたはそれほど多くを要…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索