第十一章

わたしはあなたの神なのか。わたしはあなたの王なのか。あなたはわたしを本当に王としてあなたの中で支配させたことがあるか。あなたは自分自身を充分に省みるべきである。よく吟味することなく新たな光を拒絶し、新たな光が来たときに従うことを止めるほどになったのではないか。このために、あなたは裁きを受け、破滅の運命に落ちなければならない。あなたは裁かれ、鉄の杖で打ち叩かれ、あなたは聖霊の働きを感じることはないだろう。あなたはすぐさま泣きだし、嘆きながらひざまずいて礼拝するだろう。わたしはいつもあなたがたに語り、いつもあなたがたに言い、すべてをあなたがたに語った。慎重に思い返してみなさい。わたしがあなたがたに何かを言い損なったことがあるだろうか。それにもかかわらず、頑固にも間違ったやり方で物事を行っている人々がいる。彼らは疑いの霧の中に迷い、それは太陽の光を遮断し、彼らは決して光を見ない。それは彼らの「自己」の意志が強すぎるから、もしくは彼らの観念があまりにも大きいからではないのか。あなたはいつからわたしのことを気遣っているのか。あなたはいつから心の中にわたしの居場所を持っているのか。あなたがしくじり、無力になり、為すべき術がなくなったとき、初めてあなたはわたしに祈る。それでは、今からは自分ひとりで事を為せばよいではないか。あなたという人たちは!あなたを滅ぼしたのはあなたの古い自己なのだ。

ある人々は道を見つけることができず、新たな光について行くことができない。彼らは前に見たことについてのみ交わり、彼らにとって新しいものは何もない。それは何故か。あなたは自分の内側に住み、わたしに扉を閉ざしてしまったからだ。あなたは聖霊の働きの手段が変化するのを見て、心の中で、過ちを犯すことについていつも慎重である。神に対するあなたの畏れはどこにあるのか。あなたは神の前に静まってそれを求めたことがあるのか。あなたはただこう考える。「聖霊が本当にそのように働くだろうか」。ある人々は、それが聖霊の働きであることを目撃したにもかかわらず、それについてまだ何か言いたいことがある。ある人々は、それが神の言葉であることを認めるが、それを受け入れない。ことなる観念が彼ら一人ひとりを取り囲んでいる。そして彼らは聖霊の働きを理解せず、怠慢で不注意で、進んで代価を払うことがなく、わたしの前で真剣になろうともしない。聖霊は彼らに啓示を与えたが、彼らはわたしのもとに来てわたしと交わることも、わたしを捜し求めることもない。代わりに、彼らは自分の欲望に従い、何でもやりたい放題である。彼らの意図はいったい何であるのか。

前へ: 第十章

次へ: 第十二章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

第三十五章

今日、すべての人間は、程度に差はあるが、刑罰の状態に入っている。神が次のように言った通りである。「わたしは人間と一緒に出ていく」。これは完全に本当であるが、人々はまだこの点を完全には理解できていない。その結果、彼らが行った働きの一部は不必要になっている。神はこう語った。「彼らの霊…

祈りの実践について

あなたがたは日常生活において祈りを重視しない。人は祈りに関することを見過ごしてきた。従来の祈りはいい加減で、人が神の前でひととおりの動作をするだけである。自分の心を完全に神の前に捧げて神との真の祈りをする人は誰もいなかった。人が神に祈るのは、何かが起こった時だけである。この長いあ…

神が人間を用いるということ

聖霊に特別な指示と導きを与えられている人を除けば、自立して生きられる人間は一人もいない。なぜなら人間には、神に用いられている人々の働きと牧養が必要だからだ。そのため神はその時代時代でさまざまな人を起こし、神の働きのために教会を牧養するという仕事に没頭させる。つまり神の働きは、神が…

第六章

霊の内のことについては、細心の注意を払わなければならない。わたしの言葉を注意深く、慎重に聞きなさい。わたしの霊と肉の体、わたしの言葉と肉の体とを切り離すことのできない単一のものと見ることができる状態に至るように努め、わたしの前で全人類がわたしを満足させることができるようにしなけれ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索