第十一章

わたしはあなたの神なのか。わたしはあなたの王なのか。あなたはわたしを本当に王としてあなたの中で支配させたことがあるか。あなたは自分自身を充分に省みるべきである。よく吟味することなく新たな光を拒絶し、新たな光が来たときに従うことを止めるほどになったのではないか。このために、あなたは裁きを受け、破滅の運命に落ちなければならない。あなたは裁かれ、鉄の杖で打ち叩かれ、あなたは聖霊の働きを感じることはないだろう。あなたはすぐさま泣きだし、嘆きながらひざまずいて礼拝するだろう。わたしはいつもあなたがたに語り、いつもあなたがたに言い、すべてをあなたがたに語った。慎重に思い返してみなさい。わたしがあなたがたに何かを言い損なったことがあるだろうか。それにもかかわらず、頑固にも間違ったやり方で物事を行っている人々がいる。彼らは疑いの霧の中に迷い、それは太陽の光を遮断し、彼らは決して光を見ない。それは彼らの「自己」の意志が強すぎるから、もしくは彼らの観念があまりにも大きいからではないのか。あなたはいつからわたしのことを気遣っているのか。あなたはいつから心の中にわたしの居場所を持っているのか。あなたがしくじり、無力になり、為すべき術がなくなったとき、初めてあなたはわたしに祈る。それでは、今からは自分ひとりで事を為せばよいではないか。あなたという人たちは!あなたを滅ぼしたのはあなたの古い自己なのだ。

ある人々は道を見つけることができず、新たな光について行くことができない。彼らは前に見たことについてのみ交わり、彼らにとって新しいものは何もない。それは何故か。あなたは自分の内側に住み、わたしに扉を閉ざしてしまったからだ。あなたは聖霊の働きの手段が変化するのを見て、心の中で、過ちを犯すことについていつも慎重である。神に対するあなたの畏れはどこにあるのか。あなたは神の前に静まってそれを求めたことがあるのか。あなたはただこう考える。「聖霊が本当にそのように働くだろうか」。ある人々は、それが聖霊の働きであることを目撃したにもかかわらず、それについてまだ何か言いたいことがある。ある人々は、それが神の言葉であることを認めるが、それを受け入れない。ことなる観念が彼ら一人ひとりを取り囲んでいる。そして彼らは聖霊の働きを理解せず、怠慢で不注意で、進んで代価を払うことがなく、わたしの前で真剣になろうともしない。聖霊は彼らに啓示を与えたが、彼らはわたしのもとに来てわたしと交わることも、わたしを捜し求めることもない。代わりに、彼らは自分の欲望に従い、何でもやりたい放題である。彼らの意図はいったい何であるのか。

前へ: 第十章

次へ: 第十二章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全能者のため息

あなたの心の中には非常に大きな秘密がある。あなたはそのことにまだ気がついていない。なぜなら光のない世界でずっと生きてきたからである。あなたの心と霊はあの悪い者に取上げられてしまった。あなたの目は暗闇のせいで見えなくなり、空の太陽も夜のきらめく星も見ることができない。あなたの耳は欺…

贖いの時代における働きの内幕

わたしの全経営(救いの)計画、六千年にわたる経営計画は三段階、あるいは三時代から成る。それは始まりの律法の時代、次に恵みの時代(贖いの時代でもある)、そして終わりの日の神の国の時代である。これら三時代におけるわたしの働きは、各時代の性質によって異なるが、それぞれの段階においてこの…

受肉の奥義(3)

神は自身の働きを行なうとき、何らかの構築や運動にとりかかるためでなく、自身の職分を全うするためにやって来る。毎回神が肉となるのは、働きの一段階を遂行し、新しい時代を始めるためだけである。今や神の国の時代が到来し、同じく神の国への訓練が始まった。この段階の働きは人間の働きでも、人間…

働きと入ること(6)

働きと入りは本来実際的なものであり、神の働きと人の入りを指している。人は神の本当の顔と神の働きをまったく見抜けないので、入りにこの上ない困難がもたらされてきた。終わりの日に神がどのような働きを成し遂げるのか、また肉において降臨し、人と禍福を共にするため、神が極度の恥辱に耐えてきた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索