第十一章

わたしはあなたの神なのか。わたしはあなたの王なのか。あなたはわたしを本当に王としてあなたの中で支配させたことがあるか。あなたは自分自身を充分に省みるべきである。よく吟味することなく新たな光を拒絶し、新たな光が来たときに従うことを止めるほどになったのではないか。このために、あなたは裁きを受け、破滅の運命に落ちなければならない。あなたは裁かれ、鉄の杖で打ち叩かれ、あなたは聖霊の働きを感じることはないだろう。あなたはすぐさま泣きだし、嘆きながらひざまずいて礼拝するだろう。わたしはいつもあなたがたに語り、いつもあなたがたに言い、すべてをあなたがたに語った。慎重に思い返してみなさい。わたしがあなたがたに何かを言い損なったことがあるだろうか。それにもかかわらず、頑固にも間違ったやり方で物事を行っている人々がいる。彼らは疑いの霧の中に迷い、それは太陽の光を遮断し、彼らは決して光を見ない。それは彼らの「自己」の意志が強すぎるから、もしくは彼らの観念があまりにも大きいからではないのか。あなたはいつからわたしのことを気遣っているのか。あなたはいつから心の中にわたしの居場所を持っているのか。あなたがしくじり、無力になり、為すべき術がなくなったとき、初めてあなたはわたしに祈る。それでは、今からは自分ひとりで事を為せばよいではないか。あなたという人たちは!あなたを滅ぼしたのはあなたの古い自己なのだ。

ある人々は道を見つけることができず、新たな光について行くことができない。彼らは前に見たことについてのみ交わり、彼らにとって新しいものは何もない。それは何故か。あなたは自分の内側に住み、わたしに扉を閉ざしてしまったからだ。あなたは聖霊の働きの手段が変化するのを見て、心の中で、過ちを犯すことについていつも慎重である。神に対するあなたの畏れはどこにあるのか。あなたは神の前に静まってそれを求めたことがあるのか。あなたはただこう考える。「聖霊が本当にそのように働くだろうか」。ある人々は、それが聖霊の働きであることを目撃したにもかかわらず、それについてまだ何か言いたいことがある。ある人々は、それが神の言葉であることを認めるが、それを受け入れない。ことなる観念が彼ら一人ひとりを取り囲んでいる。そして彼らは聖霊の働きを理解せず、怠慢で不注意で、進んで代価を払うことがなく、わたしの前で真剣になろうともしない。聖霊は彼らに啓示を与えたが、彼らはわたしのもとに来てわたしと交わることも、わたしを捜し求めることもない。代わりに、彼らは自分の欲望に従い、何でもやりたい放題である。彼らの意図はいったい何であるのか。

前へ: 第十章

次へ: 第十二章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

働きと入ること(3)

神は人間に多くを託し、無数の方法で人間の入りについて述べてきた。しかし、人々の素質が極めて乏しいため、神の言葉の多くは根づかなかった。人間の素質が乏しいことには様々な理由がある。たとえば、人間の思考や道徳の堕落、適切な養育の欠如、人の心を強く支配する封建的迷信、人間の心の奥底に多…

神は全人類の運命を支配する

人類の一員として、また敬虔なクリスチャンとして、神が委ねる任務を全うするために心と体を捧げるのはわたしたちすべての責任であり、義務である。なぜならわたしたちの全存在は神から来たものであり、神の統治のおかげで存在しているからである。わたしたちの心と体が神の委ねる任務のためでも、人類…

なぜ進んで引き立て役になろうとしないのか

征服された者は引き立て役であり、完全にされて初めて、人は終わりの日の働きの模範や見本となる。完全にされる前、彼らは引き立て役であり、道具であり、奉仕のための存在である。神によって徹底的に征服された者は神の経営(救いの)の働きの結晶であるとともに、その模範にして見本である。わたしが…

唯一無二の神自身 6

神の聖さ(3)前回の交わりの主題は神の聖さでした。神の聖さは神自身のどの側面に関連しますか。神の本質に関連しますか。(はい。)それではわたしたちが話し合った神の本質のおもな側面とは何ですか。神の聖さですか。神の聖さは、神だけの独特な本質です。わたしたちが前回話し合ったおもな内容は…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索