第十二章

あなたが不安定な性質で、風か雨のように気まぐれならば、前へ進み続けることができないならば、わたしの懲らしめの鞭を避けることはできないだろう。あなたが取り扱いを受けている時、周囲の環境が不利であればあるほど、そしてあなたが迫害されていればいるほど、神に対するあなたの愛はいっそう強くなり、世の中には執着しなくなる。別の道はないので、あなたはわたしのもとに来て、力と自信を取り戻す。しかし、安易な環境にあると、ぼんやり過ごしてしまうだろう。あなたは前向きに道を求め、消極的にならず、積極的にならなければならない。そうすれば、どのような状況においても、誰にも、また何事にも動揺することはないだろうし、いかなる人の言葉にも影響されることはない。安定した性質を持たなければならない。そして人々が何と言おうとも、自分が真理だとわかっていることをすぐに実行しなさい。誰と向かいあっていようとも、わたしの言葉が常に心の中に働いているようにしなければならない。堅く立ってわたしへの証しとなり、わたしが担っている重荷に配慮を示さなければならない。混乱して、自分の考えを持たずに、人々に盲目的に同意するようなことはせず、立ち上がって、わたしから出たものではない事柄には反対する勇気を持たなければならない。何かが間違っているとはっきりわかっているのに沈黙しているならば、あなたは真理を実行する人ではない。何かが間違っていると気づいていて、話しの方向を変えようとしても、サタンに行く手を阻まれ、話しの効果もなく最後までやり抜くことができない。そうなればあなたは依然として恐れを抱いてサタンの思いに満たされているのではないか。

勝利者とは何か。キリストの良き兵士たちならば、勇敢であってわたしを信頼し、霊的に強くなければならない。戦士になるために戦い、決死の覚悟でサタンと戦わなければならない。あなたはいつも目を覚ましていなければならない。だからわたしはあなたに、絶えずわたしと積極的に協力し、わたしに近づくことを学びなさいと言うのだ。いつでも、どのような状況でも、わたしの前で静まっていることができ、わたしの話に耳を傾け、わたしの言葉と行動に留意するならば、揺らぐことはなく、地歩を失うこともないだろう。わたしが語ることから受け取るものは何であれ実践可能である。わたしの言葉の一つ一つがあなたの状況に向けられている。わたしの言葉はあなたの心を突き刺し、たとえ口でそれらを拒絶しても、心で拒絶することはできない。わたしの言葉を調べるならば、あなたは裁かれる。つまり、わたしの言葉は真理であり、いのちであり、道である。それらは鋭いもろ刃の剣であり、サタンを打ち負かすことができる。わたしの言葉を理解し、実践する道を持っている人は幸いであり、実行しない人は間違いなく裁かれるであろう。これは非常に実践的なことである。今、わたしが裁く人々の範囲は広がっている。わたしの前で裁かれるのは、わたしを知っている人々だけではない。わたしを信じない人々や、聖霊の働きに抵抗し、妨害するために全力を尽くす人々も裁かれるだろう。わたしの前でわたしの足跡をたどる人々はすべて、神が燃え盛る炎であることを知るだろう。神は権威者である。神は裁きを行い、死の宣告をしている。教会で、聖霊の働きに従うことに意を払わない人々、その働きを妨害する人々、自己顕示する人々、正しくない意図や目標を持っている人々、神の言葉を飲み食いすることに努力を傾けない人々、間抜けで疑い深い人々、聖霊の働きを調べる人々──これらの人々にはいつでも裁きの言葉が下されるだろう。人々の行いはすべて明らかにされる。聖霊は人々の心の奥深くを探るのだから、ぼんやりしていてはならない。くれぐれも用心し、むやみに勝手な行動をしてはならない。あなたの行動がわたしの言葉に従っていなければ、あなたは裁かれるだろう。模倣したり、もっともらしくしたりしても無駄であるし、本当に理解しない場合も同様である。わたしの前に出て、頻繁に交わらなければならない。

あなたがわたしの教えから受け取るものは何であれ、あなたに実践の道を与えるだろう。あなたにはわたしの力が伴い、わたしの存在があり、あなたはいつもわたしの言葉の中を歩み、世のすべてのものを超越し、復活の力を持つだろう。あなたの言葉、態度、行動にわたしの言葉と存在がなければ、あなたがわたしから離れ、自分自身の内に生き、自分の心の抱く観念の中で生き、教義と規則の中で生きるならば、それはあなたが罪に心を向けている証拠である。言い換えれば、あなたは古い自分に固執し、他人が少しでもあなたを害したり、あなたの魂に損害を与えたりするのを許さない。そのような人はあまりにもお粗末な力量しか持っておらず、あまりにも愚かで、神の恵みを見ることも、神の祝福に気付くこともない。わたしを避け続けるならば、いつわたしはあなたの中に働くことができるのか。わたしが話し終えたとき、あなたは聞いていたはずなのに覚えていない。自分の問題が指摘されると、あなたは特に弱くなる。何と霊的背丈のないことか!いつもあなたをなだめていなければならないのなら、わたしはいつになればあなたを完全にすることができるだろう。瘤やすり傷ができるのを恐れているならば、急いで行って他の人々にこう言って警告すべきである。「私は誰にも自分を取り扱うことをさせない。自分の生来の古い性質は自分で取り除くことができる。」そうすれば、誰もあなたを批判したり、あなたに触れたりしなくなり、あなたは誰にも心配されずに、自由になんでも自分の望むやり方を信じることができる。そのようなことであなたはわたしの足跡をたどることができるだろうか。わたしがあなたの神、あなたの主であることをあなたが確信しているなどと言っても、その言葉はむなしい。あなたが本当に疑いを抱いていないのなら、これらのことは問題にはならず、あなたはそれがあなたに与えられる神の愛と神の恵みであると信じるだろう。わたしが語る時、わたしの言葉はわたしの息子たちに向けられ、それは感謝と称賛で迎えられるべきである。

前へ: 第十一章

次へ: 第十三章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

キリストと相容れない人は疑いなく神の敵である

すべての人はイエスの真の顔を見たい、イエスと共にいたいと思っている。イエスを見たいとも、イエスと共にいたいとも思わない兄弟姉妹がいるとはわたしは思わない。イエスを見る前には、つまり、受肉した神を見る前には、たとえばイエスの外観、話し方、生き方などについて、あなたがたはあらゆる考え…

神の働きと人の働き

人の働きのうちどのくらいを聖霊の働きが、どのくらいを人の経験が占めているのか。今でさえ、人はこれらの問題を理解していないと言えるかもしれないが、その理由は人が聖霊の働きの原則を理解していないからである。わたしが「人の働き」と言うとき、聖霊の働きを持つ人の働き、あるいは聖霊に用いら…

第三十二章

人々がわたしと共に集う時、わたしの心は喜びで満たされる。直ちにわたしは手の中にある恩恵を人々に授け、人々がわたしと集うことができるようにする。わたしに従わない敵ではなく、わたしと共に生きる友人になるようにするのだ。したがって、わたしも人に心から接する。わたしの働きの中では人をハイ…

実践(2)

過去において人は神と共にあり、一瞬一瞬を霊の中で生きるために自分を訓練した。それは今日の実践に比べると単純な形態の霊的訓練である。それは人がいのちの正しい軌道に乗る前に行われる最も浅く単純な実践方法であり、人の神への信仰における実践の第一段階を成す。人が常にこのような実践に頼るな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索