第九章

あなたに思い起こさせるためにもう一度言っておくが、あなたはわたしの言葉についてほんの僅かでも曖昧であってはならない。また、どんな不注意も許されない。あなたはわたしの言葉に注意を払い、従い、わたしの意図に沿って事を行わなければならない。あなたは常に注意を怠らないようにしなければならない。また、傲慢で独善的な性質を決して持ってはならない。そして、あなたの中に内在する生来の古い性質を振り捨てるために、いつもわたしに拠り頼まなければならない。あなたはわたしの前で常に正常な状態を維持し、安定した性質を備えているべきである。あなたの思考は冷静かつ明晰でなければならず、どんな人間や出来事やものにも左右されたり、支配されたりすることがあってはならない。あなたはわたしの前で常に心を静め、わたしとの絶え間のない親交と交わりをいつも保つべきである。あなたは強さと気骨を示し、わたしへの証しにおいて固く立たねばならない。立ち上がってわたしのために語れ。他の人間たちが言うことを恐れるな。わたしの意図を満たすことに集中しなさい。他の者たちに支配されてはならない。わたしがあなたに明らかにすることは、わたしの意図に沿って遂行しなければならず、それを遅らせてはならない。あなたは内心どう感じているのか。あなたは不快か。やがて分かるだろう。どうしてあなたはわたしのために立ち上がって語ることができず、わたしの重荷に気を配ることができないのか。あなたはけちな策略を巡らしてばかりいるが、わたしはすべてを見透している。わたしはあなたの支えであり、あなたの盾であり、すべてのことはわたしの手中にあるのに、あなたは何を恐れているのか?あなたは感情的になり過ぎているのではないのか。感情は今すぐ捨て去らなければならない。わたしは感情は考慮せず、ただ義を行うのだ。あなたの両親が全く教会のためにならないことをするのであれば、彼らは逃げられない。わたしの意図はあなたに現されたのだから、あなたはそれを無視してはならない。むしろあなたのすべての注意をそれに注ぎ、他のあらゆるものを投げ捨てて一心に従わなければならない。わたしはあなたをいつもわたしの手の中で守っている。臆病になってあなたの夫や妻に支配されてはならない。あなたはわたしの意志が成し遂げられるようにしなければならない。

信仰を持ちなさい!信仰を持ちなさい!わたしはあなたの全能である。あなたはこのことを何とか悟るかもしれないが、なおも注意して見張っていなければならない。教会とわたしの意志とわたしの経営のために、完全に献身しなければならない。そうすればすべての奥義と結末があなたにはっきりと示されるであろう。もう遅れることはなく、終わりの日が来ようとしている。だからあなたはどうするのか。あなたのいのちをより早く成長させるようどう求めればよいのか。どうすればあなた自身をわたしのために速やかに役立てることができるのか。あなたはどのようにしてわたしの意志が成し遂げられるようにするのだろか。そうすることには、念入りな熟考とわたしとのより深い交わりが要求される。わたしに拠り頼み、わたしを信じなさい。決して油断してはならない。そして、わたしの導きに従って事を行うことができるようになりなさい。しっかりと真理を身に着け、もっと頻繁にそれを飲み食いしなければならない。それぞれの真理をはっきりと理解できるようになる前に、あなたはまずそれを実行しなければならない。

あなたは今、充分な時間がないと感じているか。また、あなたの内側が前と比べて違い、あなたの重荷がとても重いように感じているだろうか。わたしの意図はあなたの上にある。あなたは頭を明晰に保ちなさい。わたしの意図から離れてはならない。そしていつもわたしに繋がっていなさい。わたしの近くにいつも留まり、わたしと交わり、わたしの心を思いやり、一致して仕えることができるようになりなさい。そうすればわたしの意図はいつもあなたがたに明らかにされる。常に細心の注意を払いなさい。細心の注意を!少しでも気を抜いてはならない。それはあなたの本分であり、わたしの働きはその中に宿る。

この時点で、あなたには少しばかりの理解があり、これは素晴らし過ぎるとあなたは感じているかもしれない。過去には幾ばくかの疑いを抱き、それは人間の観念、考え、思いとはぜんぜん違うと感じていたかもしれない。しかし今は、あなたは基本的に理解している。これがわたしの奇しき働きであり、神の驚くべき働きでもあるのだ。あなたは絶対にしっかりと目を覚まし、待ち、その中を歩まなければならない。時間はわたしの手の中にある。浪費してはならない。そして一瞬でも気を緩めてはならない。時間を浪費することはわたしの働きを遅らせ、あなたの中でわたしの旨が妨げられることになる。あなたは沈思し、わたしと頻繁に交わらなければならない。すべての行い、動き、思い、考え、家族、夫、息子と娘をわたしの前に持って来なければならない。あなたの実践の中では己に頼ってはならない。さもなければ、わたしは怒りを燃やし、あなたは大きな損害を被るはずである。

あらゆる時にあなたの歩みを制御し、いつもわたしの言葉の中を歩くことができるようにしなさい。わたしの知恵を持っていなければ、どうにもならないだろう。もし困難にぶつかったらわたしの前に来なさい。そうすればあなたに導きを与えよう。いい加減に振舞って、無闇やたらに話してはならない。あなたのいのちが何の恩恵も受けないのなら、それはあなたが知識に欠けており、良い言葉と悪い言葉の違いを区別できないからである。あなたが危害を受け、あなたの状態が乏しくなり、聖霊の臨在があなたからなくなるまで、あなたはこのことに気づかない。そうなった時にはもう遅過ぎる。時は今迫っている。だからいのちの過程において、あなたはほんの少しでも後れを取ってはならない。ごくしっかりとわたしの足跡を辿らなければならない。何か困難なことが起こった時は、わたしの近くに留まってよく熟考し、わたしと直接交わりなさい。もしあなたがこの道を把握するなら、前進し続けるにつれて、あなたが成長することは容易になるだろう。

わたしの言葉はあなただけに向けられているのではない。教会の一人ひとりが様々な側面において欠けているのだ。あなたがたは、もっと交わり、ディボーションの時間に自主的に飲み食いすることができなければならない。また、即座に実践する、鍵となる真理を把握できなければならない。あなたがたはわたしの言葉の現実を感じ取らなければならない。その真髄と原則をつかみなさい。気を緩めてはならない。いつもわたしの言葉を思い巡らせ、常にわたしと交わりなさい。そうすればそれは徐々に明らかにされるだろう。しばらく神の近くに来て、それからあなたの心が神の前に静まる前に、他の何かがあなたに降りかかり、あなたは邪魔されてしまうということはあってはならない。あなたはいつも混乱しており、物事をはっきりとさせることができず、わたしの顔を見ることができないので、わたしの心を明確に理解することができないのだ。たとえ少しばかり理解することができても、あなたには確信がなく、あなたはまだ疑っている。わたしがあなたの心を完全に所有し、あなたの心がもはやこの世のすべての物によってかき乱されなくなる時、そしてあなたが澄み切った静かな心で待つ時──その時こそわたしは、わたしの意図に沿って、あなたがたに少しずつ明らかにする。あなたがたは、わたしの近くにいるためには、この道を把握しなければならない。誰があなたを打とうが、呪おうが、あるいはどんな良い物を人々があなたに提供しようが、もしあなたが神の側にいることを彼らによって妨げられるなら、それは許されないことである。あなたの心をわたしの掌中に委ねなさい。決してわたしから離れてはならない。このような親密さと交わりがあれば、あなたの両親であれ、夫であれ、子供であれ、他の家族関係であれ、あるいはこの世の束縛であれ、それらはみな流れ去るだろう。あなたはほとんど言い表すことができぬ甘さを心の中で楽しみ、芳醇で甘美な味を体験するだろう。そして、あなたはほんとうにわたしから離れられなくなるはずである。いつもこのようであれば、あなたがたはわたしの心の内にあるものを理解するようになるだろう。あなたがたが前進し続ける時、道を見失うことはないだろう。なぜなら、わたしはあなたがたの道であり、あらゆるものはわたしの故に存在しているからである。あなたがたがこの世から離れることができるようになり、自分の感情を捨て去ることができるようになり、自分の夫や子供を残して去ることができるようになり、あなたのいのちが成長する時、あなたのいのちはどんなに成熟していることか……これらすべてのことはわたしの計画に適っている。心を騒がせる必要はない。

あなたは肯定的な側面から成長しなければならない。消極的に待っているだけなら、それはまだ否定的である。あなたは積極的にわたしに協力しなければならない。勤勉に働きなさい。決して怠けてはならない。常にわたしと交わりを持ち、より深い親密さを持ちなさい。理解しないのなら、慌てて早急に成果をあげようとしてはならない。わたしがあなたに語らないのではない。わたしの前にいる時あなたがわたしに頼るかどうか、確信を持ってわたしに拠り頼むかどうか、わたしはそれを知りたいのだ。あなたは常にわたしの近くに留まり、すべてのことをわたしの手に委ねなければならない。虚しく後戻りしてはならない。あなたが知らぬ間にしばらくの間わたしの側に留まった後、わたしの意図があなたに明らかにされる。あなたがそれを把握するなら、その時あなたはまことにわたしと顔と顔を合わせることになるだろう。そして、あなたはほんとうにわたしの顔を見出すだろう。あなたの心の中はとても明瞭になり、安定し、あなたは何か拠り頼むものを持ち、また、力と自信も得るであろう。あなたはまた前途に道を見出し、あらゆることがあなたにとって容易になるであろう。

前へ: 第八章

次へ: 第十章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

宗教的な奉仕は一掃されなければならない

全宇宙における神の働きが始まって以来、神は多くの人々を神に仕えるように運命づけてきた。そこにはあらゆる社会的地位の人々が含まれている。神の目的は、神の心を満たすことと、神の地上での働きが、必ずとどこおりなく成就するようにすることである。これが神に仕える人々を神が選ぶ目的である。神…

第六章

霊の内のことについては、細心の注意を払わなければならない。わたしの言葉を注意深く、慎重に聞きなさい。わたしの霊と肉の体、わたしの言葉と肉の体とを切り離すことのできない単一のものと見ることができる状態に至るように努め、わたしの前で全人類がわたしを満足させることができるようにしなけれ…

第二十七章

人間の行いがわたしの心を動かしたことは一度もないし、貴重だという印象をわたしに与えたこともない。人の目には、わたしがいつもその人に対して厳格で、いつも権威を振るっているかのように映っている。人のあらゆる行為のうち、わたしのためになされるものはほとんどないし、わたしの目の前で確固た…

唯一無二の神自身 7

神の権威、神の義なる性質、および神の聖さの概論 祈りを捧げ終わったとき、あなたがたは神の前で心の静寂を感じますか。(感じます。)心を静められるとき、人は神の言葉を聞いて理解し、真理を聞いて理解することができます。心を静められず、心が絶えずさまよっていたり、いつも他のことを考えてい…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索