質問 10:私は長く統戦部で働いて、いろんな宗教を勉強してきたからよくわかる。キリスト教、カトリック、東方正教、これらはみな、イエスを信じている普通の宗教だが、全能神はまるっきり違う。中国共産党の資料によれば、全能神はキリスト教ではない。キリスト教の名のもとにいろんな宗派に福音を伝えているが、実はどの宗派からもキリスト教として認められていない。キリスト教なら、信じてもいいだろう。だが、全能神はダメだ。そのほうが政府からの迫害も少ないだろう。逮捕されて刑務所に入れられても、信じているのが全能神であれば話が違う。全能神を信じる者は、終わりの日におけるキリストに従い生きている弟子や使徒たちのことだと、共産党は認識している。共産党が何より恐れているのは、終わりの日におけるキリストによって解き明かされた宣言や証をまとめた本、『言葉は肉において現れる』と、それを読み、終わりの日におけるキリストに従う熱狂的な信者たちだ。キリスト教の歴史を学んだが、当時のユダヤ教とローマ帝国が最も恐れたのがイエスの弟子や使徒たちで、捕まった者は皆、死刑になっている。今日では、終わりの日におけるキリストの信者を弾圧し、完全に撲滅させるために何かしらの手段を取らねば、数年後には宗教界そのものを飲み込んでしまうだろう。すでにこの国では、いくつかの主要宗派がすでに全能神教会によってやられている。世論を操り、招遠の事件をでっちあげなかったら、世界中の宗教界が全能神教会に飲み込まれてしまう可能性もあるのだ。もしそうなれば、中国共産党の支配とって非常に不利になる。だからこそ中央委員会は、できる限りの軍を集めて全能神教会を攻撃し、一気に撲滅しようとしているんだ。東方閃電の出現は、中国だけでなく世界中に大きな影響を与えたことはお前たちも知っているだろう? そんな大きな動きがあった中で、共産党が徹底的な弾圧と逮捕劇を繰り広げるのは当たり前のことだ。もし神を信じたいのなら、キリスト教だけにしておけ。全能神を信じるのは絶対に許さん。全能神教会はキリスト教ではないことを知らんのか?

回答:中国共産党が全能神教会を弾圧する根本的な理由を今話してくれたけど、どうして主要なキリスト教宗派が全能神教会に吸収されたか知ってる? そうなったのは、それらの宗派の人たち全員が神様の声を聞いたからさ。彼らは全能神の出現と働きを見て、主イエスが再臨されたと判断しみんな全能神に立ち返ったんだ。宗教界中が首を長くして待ち望んだすばらしい知らせだからね。終わりの日におけるキリストの働きは明らかで、キリスト教やカトリックの宗派すべてが全能神に立ち返るのは時間の問題だ。これも時代の流れだよ。これでキリスト教も全能神教会も神様の働きによって創られたものってわかるでしょう? キリスト教は恵みの時代のキリスト教会のもので、全能神教会は神の国の時代のキリスト教会のものだ。基本的には同じだよ。なんで中国共産党は全能神教会がキリスト教じゃないなんて言うんだろう? 大体、彼らは無神論の政党で、真理を忌み嫌い神様に反抗する邪悪な政権じゃないか。キリスト教の何を知ってるって言うんだ? キリスト教のことなんて何もわかってないくせに批判するなんて、卑劣極まりない。何の資格があって、どの教会がキリスト教で、どの教会がそうでないなんて言えるんだろう? 理解もしていないのに、あたかもそのように振る舞うなんて、なんて恥知らずなんだ。キリスト教は、受肉された主イエスの出現と働きによって創られたものだ。主イエスがキリストであり、それを信じる教会すべてがキリスト教のものだよ。主イエスは戻って来られるって約束されて、そして今、実際に再臨された。それが受肉された全能神なんだよ。全能神こそが終わりの日におけるキリストだ。ということは、全能神を信じている人は、キリストを信じてるっていうことだよ。そして、キリストを信じている人は、キリスト教の信者ってこと。主イエスと全能神は、それぞれが違うタイミングで受肉された神様で、同じ神様だ。だから、主イエスへの信仰と全能神への信仰は、両方ともキリスト教のものなんだよ。言わば、全能神教会は現代的なキリスト教ってことさ。正確には、終わりの日において、全能神への信仰だけが真のキリスト教のものだ。それは、全能神の出現が恵みの時代を終わらせ、神の国の時代を始めたからさ。終わりの日のキリストである全能神に従う者だけが、神の子羊に従う者だ。従って、終わりの日において、全能神教会はより実践的なキリスト教だと言える。

映画『赤の家庭教育』より引用

前へ: 質問 9:でも政府の書類を見ると、イエスを信じる人、全能神を信じる人は、家族を捨ててまで福音を宣べ伝えると書いてある。中には、一生結婚もしない人もいるそうじゃない? それだけじゃなく、政府は全能神を信じる人たちを拘留するだとか、殺すとか人を殺すことをなんとも思ってないのよ。他にも、「撲滅するまで軍は撤退しない」とか。たくさんの全能神の信者が逮捕されて刑務所に入れられ、普通の生活に戻れないくらい痛めつけられて、仕事を失い、家族がだめになった人もいるわ。神を信じる人たちは、家庭を顧みないって、批判の的になるほどよ。本当にそうなの? 家族を見捨てたり、結婚しないだなんて許しませんからね。もしそんなことなら、全能神を信じるのをやめなさいよ、いいわね?

次へ: 質問 11:イエスは初めの、全能神は終わり、どちらもキリストだとお前たちは証したが、我々、中国共産党はそんなことは認めていない。「インターナショナル」では、世界を救う者はいないとはっきりと謳っている。お前たちは救い主キリストの来臨を主張して止めない。中国共産党に非難されて当然だ。我々にとっては、お前たちクリスチャンが信じるイエスは、ただの人間だ。十字架に磔にされ、ユダヤ教の信者らでさえ、彼を認めなかった。お前たちが証しする、受肉した全能神も、実際は、ただの人間だ。中国共産党の調べによると、この神には苗字も名前もあるそうじゃないか。お前たちはなんで、そんな普通の人間がキリスト、神の現れだなんて言うんだ? おめでたいにもほどがある! 全能神によって、どんな真理が解き明かされ、終わりの日における裁きの働きがなされたかを、お前たちがいくら証しようと、中国共産党はこの神を認めることはない。お前たちは、ただの人間を神だと信じている。キリスト教やカトリック、東方正教会の信者らと同じく、人間を神だと信じる無知蒙昧な人間じゃないか。神とは一体何だ? そして神の出現と働きとは何だ? 真理を解き明かし、神の働きをしてさえいれば、それが真の神の出現だと? そんなことが受け入れられるか! もしもこの神が奇蹟を行い、中国共産党や神に逆らう者たちを一掃するなら、真の神だと認めよう。この神が天から現れ、轟く声で人類すべてを震え上がらせるのなら、それこそ神の出現と言えよう。それなら我々、中国共産党も彼を認めるだろう。そうでもなければ、神がいるなんて認めることは絶対にない。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 1:主イエスの御名と道に忠実であり、偽キリストたちや偽預言者を相手にせず、目を覚まして待てば、主は来られる時にかならず啓示をくださる。主の御声を聴かなくても引き上げていただける。主イエスはこう言われた「そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、また、『あそこにいる』と言っても、それを信じるな。にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう」(マタイによる福音書 24:23-24)。あなたたちは偽キリストたちや偽預言者たちの欺きを認めないのか? だから我々は、主の到来を証しする者は全て、間違いなく偽者だと信じているのだ。吟味するまでもない。主は来られるときには、啓示をくださるし、私たちを見捨てるはずはない。これが正しい信仰実践だと思う皆はどう思うかな?

回答:主イエスは確かに、終わりの日の偽キリストと偽預言者のことを預言されました。これは事実です。しかし、ご自身の再臨も何度か明確に預言されました。私たちはそう信じてますね? 多くの人は主イエスの再臨の預言に関しては偽キリストや偽預言者を警戒することに集中し花婿の到来を迎えることや…

質問:主イエスは「わたしの羊はわたしの声に聞き従う」(ヨハネによる福音書 10:27)とおっしゃいました。主はお戻りになり、御言葉を発して羊を呼び集めていらっしゃいます。私たちが主の到来をお迎えする上で大事なのは、主の御声を聞こうと探求することです。しかし一番の問題は、主の御声をどうやって聴くのか知らないことです。神様の御声と人の声との区別もできないので、間違いなく主の御声だとわかるにはどうしたら良いのですか。

神の声は心と霊で聞く必要があり、心が同じなら分かり合えます。神の言葉は真理であり、力と権威があるので、心と霊があれば分かります。全能神の言葉を少し読んだだけで、多くの人が神の声であると確信できます。神は受肉のたびにその段階の働きをします。神の指示で特定の言葉を少し伝えるだけの預言者とは全く違います。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索