質問 11:イエスは初めの、全能神は終わり、どちらもキリストだとお前たちは証したが、我々、中国共産党はそんなことは認めていない。「インターナショナル」では、世界を救う者はいないとはっきりと謳っている。お前たちは救い主キリストの来臨を主張して止めない。中国共産党に非難されて当然だ。我々にとっては、お前たちクリスチャンが信じるイエスは、ただの人間だ。十字架に磔にされ、ユダヤ教の信者らでさえ、彼を認めなかった。お前たちが証しする、受肉した全能神も、実際は、ただの人間だ。中国共産党の調べによると、この神には苗字も名前もあるそうじゃないか。お前たちはなんで、そんな普通の人間がキリスト、神の現れだなんて言うんだ? おめでたいにもほどがある! 全能神によって、どんな真理が解き明かされ、終わりの日における裁きの働きがなされたかを、お前たちがいくら証しようと、中国共産党はこの神を認めることはない。お前たちは、ただの人間を神だと信じている。キリスト教やカトリック、東方正教会の信者らと同じく、人間を神だと信じる無知蒙昧な人間じゃないか。神とは一体何だ? そして神の出現と働きとは何だ? 真理を解き明かし、神の働きをしてさえいれば、それが真の神の出現だと? そんなことが受け入れられるか! もしもこの神が奇蹟を行い、中国共産党や神に逆らう者たちを一掃するなら、真の神だと認めよう。この神が天から現れ、轟く声で人類すべてを震え上がらせるのなら、それこそ神の出現と言えよう。それなら我々、中国共産党も彼を認めるだろう。そうでもなければ、神がいるなんて認めることは絶対にない。

回答:一体どうして中国共産党はいつも神様に対してそんなに逆らうの? なんでそこまで神様を否定するの? 特に受肉されたキリストに対して、どうしてそんなに嫌うの? どうして主イエスや全能神をただの人間だなんて言って、キリストの神性を否定するの? 共産主義者は無神論でしょう? 神の存在なんて認めていない。だったら神様の受肉の奥義について知ってるわけはない。主イエスは受肉した時人の姿をしていたけれど、その御言葉は死者を甦らせ、嵐や波さえも鎮め、また五千人の人たちをたった5つのパンと2匹の魚で養った。それは神様の力と権威によってなされたものだよ? 神様の聖霊が内から働いているからこそ、奇蹟が行われた。主イエスが十字架に磔にされたのも、そうすることによって人類が贖われることを神様が望まれたからさ。主イエスが死から復活され、人々の前に現れ、天に昇られたのも、神様の全能性を示すものだ。真理を解き明かし、神様の働きを行うこの人をキリスト、そして神様ご自身だと認めないなら、受肉されたキリスト以外に、誰がそんなことできるって言うのさ? 人々がそれを信じようが、信じまいが、神様が受肉され、人類を救うために真理を解き明かされたのは、誰にも否定できないよ。そうしようとするのは、真理を忌み嫌う人たちだけさ。真理を愛する人たちは皆、神様の働きを受け入れ、それによって生きてる。主イエスの働きを振り返ってみると、ユダヤ教の指導者たちは、受肉された主イエスに徹底的に反抗し、非難しただけじゃなく、その存在さえも拒絶した。それでも、主イエスが行った人類の贖いは世界中に広まり、たくさんの人たちが主イエスを信じるようになり、今では世界のどこに行ってもキリスト教の教会がある。統計によれば、主イエスを信じている人は20億人以上いるそうだよ。これだけでも、主イエスがキリストであり、救い主だってことがわかるでしょう? 否定するだけ無駄だよ。終わりの日において受肉された全能神は、人類の浄化と救済のために必要な真理をすべて解き明かされ、神様の家、すなわち教会からその裁きの働きを始められた。その間に中国共産党と宗教界の反キリスト勢力による執拗な反抗と非難を受けられたけれど、たった20年のうちに、全能神の福音は瞬く間に中国全土に広まり、この国での初の、勝利者の集まりを全能神は創られた。全能神によって解き明かされた御言葉は、全能神教会が作った色んな映画や動画、ミュージックビデオなどを通してインターネット配信され、終わりの日における全能神の働きを学ぶ人たちがどんどん増えている。ただの人が本当にそんなことができると思う? これらはみんな、聖霊のお導きがあってなされたことさ。こんな風に真理を解き明かし、人類を勝ち取り、救う働きをする人がこの世にいると思う? そんなことができるのは、受肉されたキリスト以外にいないよ。これで神様の御言葉の力と権威、全能性、知恵、その働きのすばらしさがわかるでしょう? 全能神こそ、終わりの日のキリストとして受肉された神様の現れなんだよ。これが真実さ。

神様は真理を解き明かし、神様ご自身の働きをされるために受肉されたのよ。人の力であれこれできるものじゃないわ。神様の受肉を認めなくても、その働きを止めることはできないわ。全能神は言われます。「神の働きは強い波のように打ち寄せる。誰も神を引き留めることはできず、誰も神の前進を停止させることはできない。神の言葉に注意深く耳を傾け、神を探し求め渇望する人々だけが神の歩みをたどり、神の約束を受けることができる。そうしない者は圧倒的な災難を被り、当然受けるべき罰を受ける」(「神は全人類の運命を支配する」『言葉は肉において現れる』)。終わりの日における全能神の裁きの働きはもうすぐ終わりを迎えるわ。大災害がやって来る。神様を否定する人は皆、滅ぼされるわ。そうなってから後悔しても遅いのよ。終わりの日における全能神の裁きによって清められ、完全にされた人だけが、大災害を生き延びて、神様の国に入ることができるの。

映画『赤の家庭教育』より引用

前へ: 質問 10:私は長く統戦部で働いて、いろんな宗教を勉強してきたからよくわかる。キリスト教、カトリック、東方正教、これらはみな、イエスを信じている普通の宗教だが、全能神はまるっきり違う。中国共産党の資料によれば、全能神はキリスト教ではない。キリスト教の名のもとにいろんな宗派に福音を伝えているが、実はどの宗派からもキリスト教として認められていない。キリスト教なら、信じてもいいだろう。だが、全能神はダメだ。そのほうが政府からの迫害も少ないだろう。逮捕されて刑務所に入れられても、信じているのが全能神であれば話が違う。全能神を信じる者は、終わりの日におけるキリストに従い生きている弟子や使徒たちのことだと、共産党は認識している。共産党が何より恐れているのは、終わりの日におけるキリストによって解き明かされた宣言や証をまとめた本、『言葉は肉において現れる』と、それを読み、終わりの日におけるキリストに従う熱狂的な信者たちだ。キリスト教の歴史を学んだが、当時のユダヤ教とローマ帝国が最も恐れたのがイエスの弟子や使徒たちで、捕まった者は皆、死刑になっている。今日では、終わりの日におけるキリストの信者を弾圧し、完全に撲滅させるために何かしらの手段を取らねば、数年後には宗教界そのものを飲み込んでしまうだろう。すでにこの国では、いくつかの主要宗派がすでに全能神教会によってやられている。世論を操り、招遠の事件をでっちあげなかったら、世界中の宗教界が全能神教会に飲み込まれてしまう可能性もあるのだ。もしそうなれば、中国共産党の支配とって非常に不利になる。だからこそ中央委員会は、できる限りの軍を集めて全能神教会を攻撃し、一気に撲滅しようとしているんだ。東方閃電の出現は、中国だけでなく世界中に大きな影響を与えたことはお前たちも知っているだろう? そんな大きな動きがあった中で、共産党が徹底的な弾圧と逮捕劇を繰り広げるのは当たり前のことだ。もし神を信じたいのなら、キリスト教だけにしておけ。全能神を信じるのは絶対に許さん。全能神教会はキリスト教ではないことを知らんのか?

次へ: 質問 12:政府の文書によると、全能神教会は、中国の北東部出身の趙という者が創始者で、教祖として教会を率いている。全能神教会の信者らは、この男が聖霊の使者であると唱え、その説教に耳を傾け、教会での業務においてもその声に従う。お前たち信者は、全能神の御言葉を読み、全能神の名によって祈り、『言葉は肉において現れる』を正典とみなし、集会にて全能神の御言葉について語り合うが、全能神教会で何においても最終的な決定権を持っているのは、この男だ。全能神教会がこの男によって建てられたのは間違いない。中国共産党および宗教界は、全能神教会を人によって創られた組織だとみなしているが、私もそう思う。わかるか?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 2:全能神教会では、主イエスの再来について、すでに証をされている、と常々伺っています。そして主イエスの再来こそが全能神だと! 全能神は真理を表し、終末にその裁きの働きをなさいます。しかし宗教界の大半の人々は、主が雲に乗って再臨されると信じています。これは、主イエスが明白に言われたからです。「そのとき、人の子のしるしが天に現れるであろう。またそのとき、地のすべての民族は嘆き、そして力と大いなる栄光とをもって、人の子が天の雲に乗って来るのを、人々は見るであろう」(マタイによる福音書 24:30)。ヨハネの黙示録にも預言されています。「見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう」(ヨハネの黙示録 1:7)。私も主が雲に乗って再臨され、我々を天国へ直ちに連れて行って下さると信じています。雲に乗って来られない主イエスを受け入れることはできません。あなた方は、主の再臨は肉の人として、ひそかになされると言います。でも、誰もそのことを知らないと。しかし、主が雲に乗り、公に降臨されるということは絶対的です! ですので、主が雲に乗って公に現れ、直ちに天国にお連れ下さることを、我々は待っています。我々の理解は正しいですか、正しくないですか?

もし主が戻られ、肉の主イエスがなさったようなやり方で、人の間で働いたとしましょう。我々が認めなかったら、パリサイ人がしたようにやはり彼を裁き、彼を非難し、もう一度磔にするでしょうか?その可能性があると思いますか?主イエスは再来することについて多くを語ったが、あなた方は主は雲に乗って来られるというその預言のみに固執し、他の預言を探究していません。これでは主に見捨てられてしまいますね。

質問 1:主イエスの御名と道に忠実であり、偽キリストたちや偽預言者を相手にせず、目を覚まして待てば、主は来られる時にかならず啓示をくださる。主の御声を聴かなくても引き上げていただける。主イエスはこう言われた「そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、また、『あそこにいる』と言っても、それを信じるな。にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう」(マタイによる福音書 24:23-24)。あなたたちは偽キリストたちや偽預言者たちの欺きを認めないのか? だから我々は、主の到来を証しする者は全て、間違いなく偽者だと信じているのだ。吟味するまでもない。主は来られるときには、啓示をくださるし、私たちを見捨てるはずはない。これが正しい信仰実践だと思う皆はどう思うかな?

回答:主イエスは確かに、終わりの日の偽キリストと偽預言者のことを預言されました。これは事実です。しかし、ご自身の再臨も何度か明確に預言されました。私たちはそう信じてますね? 多くの人は主イエスの再臨の預言に関しては偽キリストや偽預言者を警戒することに集中し花婿の到来を迎えることや…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索