神の声を聞き、神の出現を見る

目次

1. なぜ神は人を救う働きを行うのか。

聖書の言葉

はじめ、神は安息の中にいた。その時、地上には人類も他の何物もなかったし、神は何も働きをしなかった。人類が存在するようになり、さらに人類が堕落してしまった後、神ははじめて管理の仕事に取りかかった。その時から神はもう安息せず、人類の間で忙しく働き始めた。人類が堕落したため神は安息を失い、また天使長が裏切ったため神は安息を失った。もしサタンを打ち負かさず、堕落した人類を救わなければ、神は永遠に安息の中に入ることができない。人が安息を失ったので、神も安息を失った。神がもう一度安息の中に入る時、人も安息の中に入る。安息の中の生活とは、戦いも道徳的堕落も、持続する不義もない生活である。そのような生活には、神に敵対するいかなる勢力の侵入もないだけでなく、サタン(サタンとは敵対する諸力を指す)による妨害もサタンの堕落も存在しない。万物がおのおのその同類のものに従い、造物主を礼拝する。天上も地上も平穏になる。これが人類が安息に入った生活である。神が安息の中に入った時、地上にはもうどんな不義も持続せず、もういかなる敵対勢力の侵入もなくなる。人類も新しい領域の中に入る。すなわち、彼らはもはやサタンに堕落させられた人類ではなく、サタンに堕落させられた後救われた人類である。人類の安息の日々は、神にとっての安息の日々でもある。神は人類が安息の中に入ることができないため、安息を失ったのである。つまり、神は本来、安息に入ることができなかったのではない。

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

遠い昔にサタンに踏みつけられた人類は、サタンの似姿で行動し続けてきた――それどころかサタンの化身でさえあった。彼ら自身がサタンの明確な証人である証拠だ。そのような人類、そのような人間のくず、あるいは、そのような堕落した人間家族の子孫――彼らがどうして、神の証しに立つことができようか。どこからわたしの栄光は現れるのだろうか。わたしの証しに立てるものはどこにいるのか。わたしに敵対し人類を堕落させている敵はすでに、わたしが創造し、わたしの栄光とわたしの生きることで満ち溢れた人類に汚点を残した。敵はわたしの栄光を奪ってしまった。そしてそれが人に吹き込んだものはサタンの醜悪さで並々と飾られた毒と善悪の知識の木の果実からの汁に他ならない。はじめにわたしは人類を造った。すなわち、わたしは人類の先祖であるアダムを造った。彼は形作られ、命に溢れ、活力に溢れ、さらにわたしの栄光とともにあった。それはわたしが人を造った輝かしい日であった。続いてエバがアダムの体から生み出された。彼女も人の祖先である。そうして、わたしが生み出したこの人たちは、わたしのいのちの息で満たされ、わたしの栄光で溢れんばかりであった。アダムはもともとわたしの手によって形作られ、わたしの形を表現したものであった。したがって、「アダム」の元の意味は、「わたしの息を吹き込まれ、わたしの栄光を吹き込まれ、有形ですばらしい形をとり、そして霊と息をもつ、わたしの創造物」である。アダムはわたしを表すことができ、わたしのかたちをもつことができ、わたしのいのちの息を受け取り、霊を賦与された唯一の創造物であった。はじめにエバは、わたしが造ることを決めていた、いのちの息を与えられた2番目の人であって、「エバ」の元の意味は、「わたしの栄光を持続するための創造物」であり、わたしの生命力で満たされ、さらにはわたしの栄光が賦与された。エバはアダムから生れた。したがって、彼女もまたわたしの似姿をとっていた。なぜなら、彼女はわたしをかたどった2番目の人であったからである。「エバ」の元の意味は、「霊を与えられ、肉と骨で存在し、わたしの2番目の証であると同時に人類におけるわたしの2番目の形である生きた存在となる」というものである。彼らは人類の祖先であり、純粋で貴重な宝であり、生来霊をもって生きている存在であった。しかし、邪悪なる存在が人類の祖先の子孫を踏み潰し略奪し、人間の世界を暗闇にした。その結果、子孫たちはもはやわたしの存在を信じない。なお一層いまいましいのは、この邪悪なるものが人々を堕落させ踏み潰すと同時に、残酷にも、わたしの栄光、わたしの証しとなるもの、わたしが人々に授けた生命力、わたしが彼らに吹き込んだ息やいのち、人間世界におけるわたしのすべての栄光、さらには、わたしが人類に注ぎ込んだ骨身を惜しまない努力のすべてを奪い去ってしまうことである。人類はもはや光の中にはおらず、わたしが彼らに与えたすべてのものを失ってしまった。そして、わたしが授けた栄光を捨ててしまった。一体彼らはどうやって、わたしが創造主であることを認めることができるだろうか。どうやって天上のわたしの存在を信じることができようか。地上でわたしの栄光が現れるのを、どうやって見出すことができようか。どうやって、この孫息子や孫娘たちは、彼らの先祖たちが崇めた神を彼らの創造主と理解することができようか。この哀れな孫息子や孫娘たちは、わたしがアダムとエバに授けた栄光も姿も、証となるものも、さらに彼らが寄り掛かっている授けられた命をも、その存在をほんの少しも顧慮することもなく邪悪なるものに、気前よく、「差し出してしまった」。そして、わたしの栄光のすべてを邪悪な者に与えてしまった。だから「人間のくず」と言われるのではないだろうか。そのような人類、そのような邪悪な悪魔、そのような歩く屍、そのようなサタン、そのようなわたしの敵が、どうやってわたしの栄光を得ることができようか。わたしは、わたしのものであった栄光、人々の間でのわたしの証しとなるものや遠い昔人類に与えたものである、かつてわたしに属していたものすべてを取り戻し、人類を完全に征服する。しかしあなたは、わたしが造った人間がわたしの似姿と栄光を伴う聖なる人であったことを知らなくてはならない。彼らはもともとサタンのものではなく、サタンに踏みつけられる対象でもなく、サタンの毒の痕跡すらない、純粋にわたしが現れたものであった。それだからわたしは、わたしの手によって造られた、他の何ものにも属したことのないわたしの最愛の聖なる人間たちだけを欲することを全ての者に知らせる。さらに、わたしは彼らに喜びを感じ、彼らをわたしの栄光として見る。しかしわたしが欲するのは、サタンによって堕落させられ、今日サタンに属しているような人類ではない。彼らはもはや、わたしの本来の創造物ではない。わたしは人間の世界でわたしの栄光を再び得ることを望んでいるから、サタンに対するわたしの勝利によるわたしの栄光の証拠として、人類の生き残りどもを完全征服する。わたしは、わたしに対する証をわたしの結晶化としてしか受け止めず、喜びとしてしか受け止めない。わたしの意図はそのようなものである。

『言葉は肉において現れる』の「本物の人とは何を意味するか」より