4. 真の道と偽りの道、真の教会と偽の教会の識別

関連する神の言葉

真の道を求める上で最も基本的な原則は何か。この道に聖霊の働きがあるかどうか、それらの言葉が真理を表しているかどうか、誰の証しがなされているのか、それが何をもたらすかに目を向けなければならない。真の道と偽りの道とを判別するには、いくつかの基本的な知識が必要であり、最も基本的なことは、そこに聖霊の働きが表わされているかどうかである。人々の神への信仰の実質は、神の霊を信じることであり、受肉した神への信仰でさえ、その肉が神の霊の体現であることに基づいているからだ。つまり、そうした信仰はやはり聖霊への信仰なのである。霊と肉のあいだには違いがあるものの、この肉は霊から来たものであり、肉となった言葉なのだから、人間が信じるのはやはり、神に内在する実質なのだ。そこで、それが真の道かどうかを判断するには、何よりもまず、そこに聖霊の働きがあるかどうかを見て、その後、その道に真理があるかどうかを見なければならない。この真理は正常な人間性のいのちの性質である。つまり、初めに人間を創造した際、神が人間に要求したこと、すなわち、(人間の理知、見識、知恵、そして人間であることの基本的な知識を含む)正常な人間性の全体である。要するに、この道が人々を正常な人間性の生活に導けるかどうか、語られている真理が正常な人間性の現実において必要なものかどうか、この真理が実用的かつ現実的であるかどうか、それが最も時宜にかなったものかどうか、といったことを見極めなければならない。そこに真理があれば、人々を正常で現実的な経験へと導くことができる。さらに、人々はいっそう正常になり、人間としての理知もより完全になる。肉における生活と霊的生活がさらに秩序あるものとなり、喜怒哀楽もますます正常なものとなる。これが第二の原則だが、もうひとつの原則がある。それは、人々が神についてより多くの認識を持っているかどうか、そのような働きと真理を経験することで神への愛を呼び起こせるかどうか、その人をさらに神へと近づけられるかどうかである。このことによって、その道が真の道であるかどうか見定めることができる。最も基本的なことは、この道が超自然的なものではなく、現実的なものであるかどうか、また、それが人間のいのちを施せるかどうかということだ。そうした原則にかなうものであれば、この道が真の道であると結論づけられる。わたしがこれらのことを述べるのは、あなたがたの将来の経験において別の道を受け入れさせるためではなく、また、別の新時代の働きが将来存在すると予言するためでもない。わたしがこれらのことを述べるのは、今日の道こそ真の道だとあなたがたに確信させ、今日の働きをただ半信半疑で信じ、その働きについて洞察できないということがないようにするためである。確信しているものの、いまだ混乱しながら付き従っている者さえ数多くいる。そのような確信には原則がなく、そのような人は遅かれ早かれ必ずや淘汰される。とりわけ熱心に付き従っている者たちでさえ、三割は確信しているが、五割は確信していない。このことは、その人たちに基礎がないことを示している。あなたがたは素質があまりに貧弱で、基礎が浅すぎるので、区別することがわかっていない。神は同じ働きを繰り返さず、現実的でない働きを行わず、人間に過分な要求をせず、人間の理知の外にある働きは行わない。神が行う働きはみな、人間の正常な理知の範囲内で行われ、人間の正常な理知を超えることはない。また、神の働きは人間の正常な必要に沿って行われる。それが聖霊による働きなら、人々はずっと正常になり、その人間性はさらに正常になる。人々は自分の堕落したサタン的性質、および人間の実質についての認識を増し、また真理への渇望もさらに強くなる。これはつまり、人間のいのちがどんどん成長し、人間の堕落した性質がますます変化できるということであり、そのすべてが、神が人間のいのちになるということの意味である。ある道が、人間の実質であるこれらの事柄を明らかにできず、人間の性質を変えることができないのなら、さらにまた、人々を神の前へと導き、神についての真の理解を与えることができないのなら、あるいは、人間性をさらに卑しめ、その理知をますます異常なものにするのなら、その道は真の道ではあり得ず、悪霊の働き、あるいは古い道ということになる。要するに、それが聖霊による現在の働きということはあり得ない。

『言葉は肉において現れる』の「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」より

神の働きの各段階には、それに対応する人間への要求もある。聖霊の流れの中にいる者たちはみな、聖霊の臨在と鍛錬を有しており、聖霊の流れの中にいない者たちはサタンの支配下にあり、聖霊の働きが一切ない。聖霊の流れの中にいる人々は、神の新たな働きを受け入れ、神の新たな働きの中で協力する者である。現在において、その流れの中にいる者たちが協力できず、そのとき神に要求された通りに真理を実践できないとすれば、そうした者は懲らしめられ、最悪の場合は聖霊に見捨てられる。聖霊の新たな働きを受け入れる者は聖霊の流れの中で生き、聖霊の気遣いと加護を授かる。進んで真理を実践する者は、聖霊により啓かれ、進んで真理を実践しない者は、聖霊に懲らしめられ、罰せられることすらあるだろう。どのような種類の人間であれ、そうした者が聖霊の流れの中にいる限り、新たな働きを神の名のために受け入れるすべての者に対して、神は責任を負う。神の名をたたえ、進んで神の言葉を実践する者は、神の祝福を得る。神に服従せず、神の言葉を実践しない者は、神の懲罰を受ける。聖霊の流れの中にいる人々は、新たな働きを受け入れる者であり、新たな働きを受け入れた以上、神に正しく協力すべきであり、自らの本分を尽くさない反逆者のように振る舞ってはならない。人間に対する神の要求はこれだけである。しかし、新たな働きを受け入れない者たちについては、この限りではない。彼らは聖霊の流れの外にいるので、聖霊の懲らしめや咎めは適用されない。そうした者たちは肉の中で一日中生活し、自分の頭脳の中で暮らすのであって、そうした者たちの行動はすべて、自分の脳による分析と研究から生み出された教義に沿ったものである。それは聖霊の新たな働きが求めることではなく、ましてや神との協力などではない。神の新たな働きを受け入れない者には神の臨在がなく、それ以上に、神の祝福と加護が一切ない。そうした者たちの言動の大半は、聖霊の働きによる過去の要求に固執している。それらは教義であり、真理ではない。そうした教義や規則は、それらの人々の集まりが宗教以外の何物でもないことを証明するのに十分である。そうした者は選民でも神の働きの対象でもない。そうした者たちの会合は、宗教の総会としか言いようがなく、教会とは呼べない。これは変えようのない事実である。そうした者たちには聖霊の新たな働きがない。彼らのなすことには宗教の匂いがあり、彼らの生は宗教の色彩を帯びている。そうした者たちには聖霊の臨在と働きがなく、ましてや聖霊の鍛錬と啓きを受ける資格などない。これらの人々は、全員いのちのない屍であり、霊のない蛆虫である。彼らには人間の反逆や反抗、人間による様々な悪行に関する認識が一切なく、ましてや神の働きや神の現在の旨などまったく知らない。彼らはみな無知で下劣な人間であり、信者と呼ばれるに相応しくないくずである。彼らが行なってきたことに、神の経営に関連する事柄は一切なく、ましてや神の計画を損なうことなどできない。彼らの言動は過度に不快で惨めすぎ、触れる価値などまったくない。聖霊の流れの中にいない者によってなされたことは、どれも聖霊の新たな働きと無関係である。そのため、そうした者たちが何をしようと、彼らには聖霊の鍛錬がなく、それ以上に、聖霊の啓きもない。なぜなら、彼らはみな真理への愛を持たない者たちであり、聖霊から忌み嫌われ、見捨てられた者たちだからである。彼らは悪を行なう者と呼ばれる。なぜなら、彼らは肉において歩み、神の看板の下に、自分を喜ばせることなら何でも行なうからである。神が働きを行なう間、そうした者たちは神に対してわざと敵意を抱き、神と正反対の方向へ走る。人間が神と協力しないことは、それ自体が最も反逆的なことなので、神にわざと逆らうそうした人々は特に然るべき報いを受けるのではないだろうか。

『言葉は肉において現れる』の「神の働きと人間の実践」より

説教と交わりの参考箇所

宗教界全体がそれに敵意をもって反対していなければ、それは真の道ではありません。真の道なら確実に大多数の人々が、更に言えば、世界が反対するはずだということを覚えておいてください。主イエスが働き、説教するために初めて出現された時、ユダヤ教全体が主に反抗しなかったでしょうか。神が新たな働きを始められる時、それは常に堕落した人類には到底受け入れがたいのです。神の働きが人々の観念と合致せず、否定するものだからです。人々は理解力に欠けており、霊の領域を見極めることができません。聖霊の働きがなければ、人々は真の道を受け入れることができません。それが神の働きであると信じられていても、宗教界から反対されず、世界からの反抗と敵意もなければ、この神の働きは偽りであるという証拠になります。人類はどうして真理を受け入れられないのでしょうか。第一に、人は肉のものであり、物質的な存在だからです。物質的なものは霊の領域を見極めることができません。「霊の領域を見極められない」とはどういうことでしょうか。それは霊そのものも、霊とその領域の活動も見えない、神のなさることも仰ることにも気付けないということです。霊の領域での出来事が見えないということです。物質世界では人には物質的なものしか見えません。どの霊が人にどの働きをするかも、神の霊が何をしに、何を語りに来たのかも見せません神の声が聞こえることもありますが、どこから来たのかわかりません。書物から神の御言葉を読むことはできても、神がこの御言葉をどのように、いつ語られたのかも、それが何を意味するのかも分かりません人には霊の領域を見極めることも、神の御言葉の出所を把握することもできません。そのため、真理を理解するには、聖霊の啓きと照らし、聖霊の働きを必要とするのです。第二に、人類はあまりに根深く堕落しており、その内面はサタンの無数の毒と無数の知識で満たされています。サタンの様々な哲学と知識ですべてを評価するならば、人は真理が何であるかを確立させることは決してできません。聖霊の啓きと照らしなくして、真理を理解することはできないのです。そのため、真の道は必然的に人による迫害と拒絶の対象になります。人はなぜ、サタンの知識と哲学を容易に受け入れてしまうのでしょうか。第一に、それが人の肉にまつわる観念や利益と合致しており、人の肉にとって有益だからです。「こういった知識を受け入れたら自分のためになる。これで昇格できる。成功できるし、物事を達成できる。こうした知識があれば、人に尊敬してもらえる」と人は自分に言い聞かせます。自分にとって有益なものであれば、自分の観念と合致するのです……これ程までに堕落して、霊の領域を見極められない人は、神に反抗することしかできず、そのため神の働きは人による拒絶、反抗、断罪に遭ってしまうのです。これは当然のことです。もし神の働きが世界と人類の断罪と反抗に遭わなければ、それは真理でないという証拠です。もし神の語られたことがすべて人の観念と合致していれば、人はそれを断罪するでしょうか。反抗するでしょうか。もちろんしないでしょう。

兄弟の交わりより

教会は、神によって真に予定され、選ばれた人々から成り立ちます。教会を構成するのは真理を愛し、真理を追い求め、聖霊の働きを得た人々なのです。これらの人々が集まって神の御言葉を飲み食いし、教会生活を送り、神の働きを体験し、それぞれが神の被造物としての本分を尽くした時に初めて、その場は教会でありえるのです。仮にある烏合の衆が、自分たちは本当に神を信じていると言って祈り、神の御言葉を読んでも、真理を愛さず、追い求めることもなく、聖霊の働きなしに宗教儀式を行なうならば、それは教会ではありません。より正確に言えば、聖霊の働きのない教会は教会ではありません。単なる宗教施設であり、宗教儀式を行う人々に過ぎないのです。神に真に従い、神の働きを体験する人々ではありません。……

(中略)

……教会は神を真に信仰して真理を追い求める人々の集まりであり、そこには悪しき者は決して含まれません。そのような者は教会には属さないのです。真理を追い求めず、真理の実践になることを何もしない人々が集まっても、それは教会とは言えません。それは単なる宗教施設、もしくは烏合の衆に過ぎません。教会を構成するのは、神を真に信仰し、真理を追い求め、神の御言葉を飲み食いし、神を崇拝し、本分を尽くし、神の働きを体験し、聖霊の働きを得た人々でなければなりません。これのみが教会なのです。したがって、本当の教会であるか評価する時、まずそこにどのような人がいるかを見る必要があります。第二に、その人たちが聖霊の働きを得ているかどうかを見なければなりません。その人たちの集会に聖霊の働きがなければ、それは教会ではありません。真理を追い求める人々の集まりでなければ、教会ではありません。もし真理を真に求める人が一人もいないなら、その教会には聖霊の働きがまったくありません。もしそのような教会に真理を求める意志のある人がいて、そこに留まるとしたら、その人は救われません。その人はなるべく早くその烏合の衆を離れ、教会を探すべきです。もし、教会の中に、真理を追い求める人が3人もしくは5人いて、単なる烏合の衆が30人もしくは50人いるとしたら、神を真に信仰し、真理を追い求めているこの3人もしくは5人が集まるべきです。その人たちが集まれば、その集まりは教会なのです。信者の数が最小であっても純粋な教会です。

『いのちに入ることに関する交わりと説教』より

宗教界の指導者や牧師たちは、神の働きを経験したことも、聖霊によって完全にされて育て上げられたこともないのに、神学校を卒業して卒業証書を受け取った後、宗教界の指導者や牧師になっています。彼らは聖霊の働きと承認を受けていないだけでなく、神に関する真の認識をまったく持っておらず、神学的な知識と理論しか語ることができないのです。 彼らは実際に何も経験していません。このような人たちは神に用いられる資格がまったくありません。どうして彼らが人を神の前に導けるのでしょうか。彼らは神学校卒業を自分たちの特権の根拠とし、できる限りのことをして聖書の知識を誇示しようとします。耐え難い程に傲慢なのです。このため、彼らは神に断罪され、忌み嫌われ、聖霊の働きを失っています。これは疑う余地がありません。なぜ宗教界がキリストの不倶戴天の敵となったのかはとても示唆に富む疑問です。恵みの時代にユダヤ教が主イエス・キリストを十字架に磔にしたことは何を示しているでしょうか。世の終わりにおける神の国の時代に、宗教界は団結し、全力を尽くして世の終わりにおける神の働きに反抗し、断罪してきました。世の終わりに肉となったキリストを否定し、拒絶しています。肉となった神と神の教会に対して様々なうわさを捏造し、攻撃し、中傷し、冒涜してきました。そして戻られたイエス、世の終わりのキリストを、はるか以前から十字架に磔にしてきたのです。これは、宗教界がとうの昔から、神に敵対し逆らうサタンの勢力に成り下がっていたことを証明しています。宗教界は神が支配するものではなく、まして真理が支配するものでもありません。それは堕落した人、更に言えば、反キリストによって完全に支配されています。

人はこのような宗教施設、すなわちサタンに属し、悪魔と反キリストに支配され、管理されている施設で神を信仰していても、宗教的教義を理解することしかできず、宗教儀式と規制に従うことしかできません。決して真理を理解することも、神の働きを体験することもなく、救われることなどありえません。宗教施設には聖霊の働きがまったくないからです。このような場所は神に厭われ、忌み嫌われ、断罪され、呪われます。神は宗教をお認めになったことはなく、ましてや称賛されたことなどありません。宗教界は主イエスの時代から神に断罪されてきました。それため、神を信仰するならば、聖霊の働きのある場所を探さなくてはなりません。その場所のみが真の教会であり、人は真の教会でのみ神の声を耳にすることができ、神の働きの足跡を見出だすことができます。これこそが、神を求める方法です。

兄弟の交わりより

前へ: 3. 真のキリストと偽キリストたちの識別

次へ: 5. 神に従うことと人に従うことの違い

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

キリストと相容れない人は疑いなく神の敵である

すべての人はイエスの真の顔を見たい、イエスと共にいたいと思っている。イエスを見たいとも、イエスと共にいたいとも思わない兄弟姉妹がいるとはわたしは思わない。イエスを見る前には、つまり、受肉した神を見る前には、たとえばイエスの外観、話し方、生き方などについて、あなたがたはあらゆる考え…

キリストと融和する道を探せ

わたしは人々の間で多くの働きをしてきた。わたしがその間に発した言葉は数多くある。これらの言葉は人間の救済のためで、人間がわたしと融和するようにと発したものである。しかし、わたしと融和する者は、地上ではほんの数名しか得ていない。だから、人間はわたしの言葉を重んじないとわたしは言う…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索