キリスト教映画「玉座から命の川の水が流れ出る」抜粋シーン:悔い改めの道と永遠のいのちの道の違い

2016年7月31日

主イエスと全能神は一人の神であり、主イエスが行なったのは贖いの業で、悔い改めの道を広めました。終わりの日の全能神が行なっているのは、裁きと清めの働きであり、永遠のいのちの道をもたらしました。では、悔い改めの道と永遠のいのちの道には、一体どのような違いがあるのだろうか?この短編映画をご覧ください。

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル