「神の御声に耳を傾け、主をお迎えする」クリスチャン映画

「神の御声に耳を傾け、主をお迎えする」クリスチャン映画

1005 |2020年8月1日

主人公はかつて家庭教会の伝道師で、主のために長年働き、主イエスの再臨を絶えず待ち望んでいました。主は終わりの日に再臨するとき、復活した霊体をまとい、雲に乗って公然と姿を現わすと、彼女は堅く信じています。主が終わりの日に肉となって再臨したという喜ばしい知らせを聞いた彼女は、それを信じず調べようとさえしません。その後ある集会で、「人の子の降臨」、「人の子が来る」、そして主が「盗人のように」来るといった預言が数多くあることを彼女は知ります。これらの預言はどれも、主は終わりの日に再臨するとき、肉において密かに来るということを述べています。彼女は自分の観点にあえてしがみつこうとせず、そこで反省して探求し始めます。では、主はいったいどのようにして終わりの日に降臨し、私たちの前に姿を現わすのでしょうか? 主人公はいかにして主をお迎えするのでしょうか? 『神の御声に耳を傾け、主をお迎えする』の中にその答えがあります。

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル