「人間関係の縛りを解き放つ」クリスチャンの証し 2020

「人間関係の縛りを解き放つ」クリスチャンの証し 2020

420 |2020年9月28日

教会の指導者を務める主人公は教会で行なわれた調査を通じ、李姉妹が本分を尽くす中で常に注意を怠っていると、他の兄弟姉妹が報告したことを知ります。その報告によると、李姉妹は真理を受け入れず、偉そうに説教し、その人たちを抑え込んでいるというのです。真理の原則に従えば李姉妹は職を解かれるべきであり、主人公もそのことはよく知っていましたが、「血は水よりも濃い」とか「人は木石にあらず」などといったサタンの哲学によって堕落させられ、その影響を受けていました。故郷が同じでいつも親密だったことを考えた主人公は、自分の感情にしたがって行動し、李姉妹を何度もかばって守ります。その後、神の御言葉の裁きと啓示があってようやく、感情に頼って行動することの本性と結果がわかるようになります。彼女はこうしたサタンの哲学をいくらか識別できるようになり、問題が生じたときに感情に頼らず、むしろ真理の原則に従って意識的に実践するようになるのです。

さらに表示
信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

コメントを残す

シェアする

キャンセル