クリスチャンの証し 2020「私の夢は監督になること」日本語吹き替

2020年8月11日

『私の夢は監督になること』は、神の御言葉の裁きと刑罰を経験したクリスチャンの証しです。教会で本分を尽くす主人公は、監督になって他の人に賞賛されることを何より望みます。それに自分のすべてを打ち込み、困難に耐えて代価を払います。しかし二度の失敗と挫折を経験した後、神の御言葉の裁きと刑罰を通じて初めて、自分が本分を尽くすのは名声と利益と地位を得るのが目的だとようやく認識し、それらを追い求めることの本質と最終的な危険をはっきり理解します。それ以来、彼女は本分を尽くす中で地位を気にすることがなくなり、地に足をつけて真理を追い求め、名声と利益の束縛から徐々に解放されます。そして最後に、神の裁きと刑罰が人類に対する最大と愛と加護であることを実感するのです。

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル