1. 人を経営する働きとは何か

関連する神の言葉

人類を経営する働きは三つの段階に分けられるが、それは人類を救う働きが三つの段階に分けられることを意味する。これら三つの段階に創世の働きは含まれず、むしろ、律法の時代、恵みの時代、そして神の国の時代という三段階の働きである。創世の働きは、人類全体を造る働きだった。それは人類を救う働きではなく、人類を救う働きとは関係がなかった。なぜなら、創世の際、人類はまだサタンによって堕落させられておらず、人類を救う働きを実行する必要がなかったからである。人類を救う働きは、人類がサタンに堕落させられた後にようやく始まり、そのため人類を経営する働きも、人類が堕落させられた後にようやく始まった。言い換えれば、人を経営する神の働きは、人類を救う働きの結果として始まったもので、創世の働きから生じたものではないのである。人類が堕落した性質を持つようになって初めて、経営の働きが存在するようになった。ゆえに人類を経営する働きは、四つの段階もしくは四つの時代ではなく、三つの部分を含むものである。これこそが、人類を経営する神の働きへの正しい言及の仕方である。最後の時代が終わるとき、人類を経営する働きは完全に終焉を迎えている。経営の働きの終結は、人類全体を救う働きが完全に終了し、それ以降、人類にとってその段階が完結したことを意味する。人類全体を救う働きがなければ、人類を経営する働きも存在せず、三段階の働きもないだろう。ヤーウェが創世の働きを終わらせ、律法の時代の働きを始めたのはまさに、人類の堕落のため、また人類が救いをただちに必要としていたためである。そうして初めて、人類を経営する働きが始まったのだが、それはつまり、人類を救う働きもそのとき初めて開始されたことを意味する。「人類を経営する」とは、新たに造られた人類(つまり、まだ堕落させられていない人類)の地上における生活を導くという意味ではない。むしろそれは、サタンによって堕落させられた人類の救いであり、つまりは、この堕落した人類を変化させることである。これが「人類を経営する」ことの真意である。人類を救う働きに創世の働きは含まれないので、人類を経営する働きにも創世の働きは含まれず、創世とは別の三段階の働きだけが含まれる。人類を経営する働きを理解するには、三段階の働きの歴史を知ることが必要であり、それこそが救われるために、すべての人が知っていなければならないことである。

『言葉は肉において現れる』の「神の三階の働きを認識することは、神を認識する道である」より

経営の働きは、ひとえに人類のゆえに生じたのであり、そのことは、ひとえに人間の存在のゆえに経営の働きが生じたことを意味している。人類が存在する以前、あるいは天地と万物が創られた始まりの時には、経営はなかった。仮に神の働きのすべてにおいて、人間にとって有益な実践がなかったならば、つまり神が堕落した人類にふさわしい要求をしなかったならば(神によって行なわれた働きの中に、人間の実践に適した道がなかったならば)、その働きは神の経営とは呼べないだろう。神の働き全体に含まれるのが、堕落した人類に実践の取り組み方を教えることだけで、神が自身の事業を一切行なわず、神の全能や知恵をほんの少しも示さなかったとしたら、人間に対する神の要求がどれほど高度であっても、また神が人間のあいだでどれほど長く生活したとしても、人は神の性質について何も知ることがないだろう。そうした場合、この種の働きはなおさら、神の経営と呼ばれる価値がないだろう。簡単に言えば、神の経営の働きは、神によって行なわれる働きであり、神の導きの下で行なわれるすべての働きは、神に得られた者たちによってなされるのである。そうした働きは、経営という一言で要約することが可能である。言い換えると、人間のあいだにおける神の働き、および神に従うすべての者たちによる神への協力が、経営と総称されるのである。ここでは、神の働きをビジョンと呼び、人間の協力を実践と呼ぶ。神の働きが高度であればあるほど(つまりビジョンが高度であればあるほど)、神の性質が人間にとっていっそう明白となる。そして、それが人間の観念にそぐわなければそぐわないほど、人間の実践と協力はさらに高度になる。人間に対する要求が高ければ高いほど、神の働きは人間の観念にそぐわないものとなり、その結果、人間の試練と、人間が満たすよう要求される基準もまたより高くなる。この働きが完了するときには、すべてのビジョンが完成され、人間が実践するよう求められることは、完全の極みに達するだろう。これはまた、各人が種類に応じて分類されるときでもある。なぜなら、人間が知るよう求められていることは、このときすでに人間に示されているからである。したがって、ビジョンが絶頂に達するとき、働きもそれに従って終わりを迎え、人間の実践もまた頂点に達するだろう。人間の実践は神の働きを基にしており、神の経営は、人間の実践と協力があって初めて完全に表される。人間は神の働きの傑作であり、神による経営の働き全体の目的であり、また神の経営全体の産物でもある。仮に人間の協力がなく、神が単独で働きを行なうなら、神の働き全体の結晶として機能するものはなく、神の経営にほんの少しの意義もないだろう。神の働きを除くと、適切な対象を選んで自身の働きを表し、その全能と知恵を証明することでのみ、神は自身の経営の目的を達成し、この働きのすべてを用いてサタンを完全に打倒するという目的を達成することが可能となる。したがって、人間は、神の経営の働きにおいて不可欠な部分であり、神の経営を結実させ、その最終目的を達成に導ける唯一の存在である。人間以外に、そうした役割を担える生物は存在しない。人間が神による経営の働きの真の結晶となるには、堕落した人類の不従順を完全に一掃しなければならない。それには、人間が様々な場合に適した実践を与えられ、また、それに対応する働きを神が人間のあいだで行なうことが要求される。このようにしてのみ、神による経営の働きの結晶たる人々の集団を得ることができる。人間のあいだでなされる神の働きは、それだけでは、神自身を証しすることができない。そうした証しを実現するには、神の働きに適した生きている人間が必要である。神は、まずこれらの人々に対して働きを行なう。すると彼らを通じて神の働きが表わされ、そのようにして、神のこのような証しが被造物のあいだでなされるのである。そして、この点において、神は自身の働きの目的を達成することになる。神はサタンを打ち負かすにあたり、単独で働きを行なうことはしない。なぜなら、神はあらゆる被造物のあいだで、自身を直接証しすることができないからである。仮に神がそうするならば、人間を完全に確信させることは不可能である。ゆえに神は、人間を征服するにあたり、人間に対して働きを行なわなければならず、そうして初めてすべての被造物のあいだで証しを得ることができるようになる。働きを行なうのが神だけで、人間の協力がなく、また人間の協力が要求されないなら、人間は決して神の性質を知ることができず、神の旨に永遠に気づかないだろう。すると、神の働きを、神の経営の働きと呼ぶことはできないだろう。神の働きを理解することなく、人間自身だけが懸命に努力して、求め、必死に働くならば、人間はいたずらをしているようなものである。聖霊の働きがなければ、人間が行なうことはサタンのものであり、人間は反抗的であり、悪を行なう者である。堕落した人類によってなされるすべてのことの中にサタンが示され、神と相容れることは一切なく、人間が行なうことはどれもサタンの表われとなる。これまでに語られてきたすべてのことのうち、ビジョンと実践を含まないものは一切ない。人間は、自分の観念を捨てて従来備えていなかったものを得られるように、ビジョンという基礎の上に実践と、服従への道を見つける。神は、人間が神に協力すること、人間が神の要求に完全に服従することを求める。そして人間は、神自身によってなされる働きを目の当たりにすること、神の全能の力を経験すること、そして神の性質を知ることを求める。要約すると、これらが神の経営である。神が人間と一体となることが経営であり、それは最も偉大な経営である。

『言葉は肉において現れる』の「神の働きと人間の実践」より

神による経営とは、人類――神が何であるか、創造主が何であるか、神をどう崇めるべきか、神に服従することがなぜ必要なのかを知らない人類――をサタンに引き渡し、サタンによる人類の堕落を許すことである。それから神は、人間が完全に神を崇め、サタンを拒むまで、人間をサタンの手から一歩一歩取り戻す。これが神の経営だが、神話のような物語に聞こえ、訳がわからないように思われる。人々がそれを神話のような物語だと感じるのは、過去数千年のあいだにどれほど多くのことが人間に起きたかを知らず、ましてや宇宙と天空においてどれほど多くの物語が生まれたかなど、一切認識していないからである。その上、物質界の外に存在する、さらに驚くべき世界、はるかに恐ろしい世界に気づくことができず、自身の肉眼によってそれを見るのを妨げられているからである。人間には神による人類の救いや神の経営の働きの意義が理解できず、また、人間が最終的にどのようになることを神が望んでいるかを知らないので、それは人間にとって理解できないことである。アダムとエバがサタンによって完全に堕落させられたように、人類もそうなってしまうのか。いや、そうではない。神の経営の目的は、神を崇め、神に服従する人々の集団を得ることである。それらの人たちはサタンによって堕落させられたが、もはやサタンを父と見なしておらず、サタンの忌まわしき顔に気づいて拒み、神の前に出て神の裁きと刑罰を受ける。何が醜いか、それが聖いものとどう対比をなすかを知るようになり、神の偉大さとサタンの邪悪さを認識するようになる。このような人類は、もはやサタンのために働かず、サタンを崇めず、サタンを祀ることもしない。彼らは真に神のものとなった人たちだからである。これが人類を経営する神の働きの意義である。

『言葉は肉において現れる』の「神の経営の中でのみ人は救われる」より

前へ: 2. なぜ神は異なる時代に異なる名前で呼ばれるのか

次へ: 2. 神の働きの三段階の目的

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問4.いま、主がお見えになり天国へ招かれるという考えは、思い込みだとわかりました。主の御言葉を裏切る行為です。主の再来をどう待てば引き上げられるか、もう少し詳しく教えてください。

 実は主イエスは私たちを引き上げるとおっしゃっています。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」

質問 1:あなたは、主イエスが再臨され、その働きを行われるために受肉されたと証されていますが、私にはよくわかりません。私たちは皆、主イエスが神様の受肉であることは知っています。その働きを全うされ、十字架に磔にされ、蘇られ、すべての弟子達の前に現れられ、そして栄光に輝く霊的な体で天国へと昇天されました。まさに、「ガリラヤの人たちよ、なぜ天を仰いで立っているのか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」(使徒行伝 1:11)と、この聖書箇所にあるように、主が再臨される際に私たちに現れるのは、神様の復活した霊体であることが確認できます。終わりの日において、なぜ神様は裁きの働きを行われるために人の子として受肉されたのでしょうか? 復活された主イエスの霊体と人の子としての受肉の違いは何でしょう?

復活後の主イエスの霊体は、イエスが神様の受肉であることを証明するために現れました。それは人々の信仰を強めるためでした。すなわち、神様の霊体は働きを行わずに、姿を示されただけです。神様は普通の人として受肉されなければ、人の間で働き、人類の贖いと救いを行うことはできません。ですから、神様が終わりの日の裁きで人類を救われたいなら、最大の効果を得るため、人間として受肉され働かれるでしょう。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索