質問 4:あなたがたは全能神を信じて、全能神の言葉を読んで全能神の名において祈るそうだけど、私たちの知る限り全能神教会はある男が立ち上げてあなたがたはあらゆることで彼に服従している。あなたがたの証によればこの男は祭司、神に使われている人で管理業務をすべて執り行っているそうじゃない。不思議だと思うの。全能神教会は誰が始めたの? どのようにして始まったの? 説明してもらえる?

回答:私たちは全能神を信仰していて、全能神の言葉を読み全能神の名によって祈ることをご存知なら、何故全能神教会はある男が作ったなどとおっしゃるのですか? 何を根拠にそんなことをおっしゃるのですか。私たちが信じているのは受肉された全能神であって、一人の男性ではありません。全能神が発した言葉は殆どが「言葉は肉において現れる」に収録してあります。「言葉は肉において現れる」を読んでいらっしゃらないなら、全能神教会の事を本当に分かっているとは絶対に言えません。中国共産党政府の執拗な報道と噂で、全能神教会は一人の男が作ったということになっているようですが、それだけでも共産党は全能神教会の事が全く分かっていないことが浮き彫りになります。共産党は全能神教会の成り立ちの歴史など何もわかっていないのに、全能神教会は一人の男が作ったと言い張るのですね。おかしくありませんか。何かの作り話ですか? それならお聞きしますが、キリスト教は誰が始めたのですか? カトリックはどうです? 実際はキリスト教もカトリックも東方正教会も主イエスの贖いの働きによってできたのです。使徒は各地で教会を建てましたがキリスト教は使徒によってできたわけではありません。それぞれの時代で教会は神の出現と働きによって作られたのです。恵みの時代の教会は主イエスの出現と働きによってできましたし、神の国の時代の教会は全能神の出現と働きによってできたのです。神様の出現と働きがなかったなら、使徒は自分たちだけで教会を建てられたのでしょうか。教会に集まったのは神を信じる人で、使徒を信じたのではありません。だからどの時代であれ人が教会を始めたとは言えません。実際は使徒たちが作ったとしても教会は主イエスの名において作られました。使徒は彼らが教会の創始者だとは言わなかった筈です。これは皆が知っている事です。何故共産党の人々は事実に基づいて話が出来ないのですか? 何故そこまで事実を捻じ曲げるんですか? 変じゃありませんか? 全能神は終わりの日に働き真理を表わすために現れました。色々な宗派の真理を愛するキリスト教徒が神の声が話すのを聞き神様が現れお働きになるのを見て、みな全能神の下に戻り神の玉座の前に集められたのです。そうやって全能神教会はできたのです。実際は各地に教会を作った多くの人がいるのですが、それが創始者だと言うことができますか? 全能神教会は全能神の出現と働きによってできたのです。これは誰にも否定できない事実です。

映画『対話』より引用

前へ: 質問 3:宗教界の牧師や長老の多くはあなたがたが信じているのは只の人間でイエスキリストではないと言っているようですが、あなたがたはその人のことを再臨した主イエスだと言っているとか。そう、出現して働く全能神だと。そもそもあなたがたは共産党がキリスト教やカトリシズムを以前から邪教として非難してきたことを知っていますか? それでも主イエスが全能神として再臨したと言うのですね。ちょっと無茶な理屈じゃないかしら? 共産党があなたがたを放置するはずがありません。共産党はキリスト教やカトリック教会を邪教として聖書を邪教の本として認定するつもりです。誰でも知っている話です。共産党が世界的な正統派宗教をカルト指定して断罪するなら全能神の出現と働きを断罪しないことがあるかしら? 共産党が聖書をカルト本指定するなら「言葉は肉において現れる」を放置することなどあるかしら? 公安組織がこの本を何冊も押収して研究しています。理解できないのよ。何故全能神を信じなきゃならないのか。何故全能神が終わりの日のキリストだと言い張るの? 私たちはこの人の家族の背景もすべて知っています。普通の人です。キリスト教が信じるイエスと同じ。大工の息子のイエスには両親と兄弟が居ました。普通の人だったのです。でもキリスト教の世界全体がイエスを神として崇拝する。あなたがたが信じる全能神もイエスのようにただの人間です。それなのにあなたがたは神だと言う。本当に理解不可能だわ。何故このような苦労をして苦難に耐えて普通の人を信じるの? 何の価値があって? 全能神に従うのに家族や仕事を捨てた人がたくさんいるとか。こんな神を信じて最終的に何が得られると言うの? その人が神であると信じる根拠は何なの?

次へ: 質問 5:聖書にこうあります。「すべての人は、上に立つ権威に従うべきである。なぜなら、神によらない権威はなく、おおよそ存在している権威は、すべて神によって立てられたものだからである。したがって、権威に逆らう者は、神の定めにそむく者である。そむく者は、自分の身にさばきを招くことになる」(ローマ人への手紙 13:1-2)。何年も主を信じてきたならこの意味は分かるでしょう。聖書は神様に霊感を受けて書かれたんですから、私は我々信徒は権力者には従順であるべきだと思います。あなたの見解は分かりませんが、中国では当局と対立したらどうにもならない。共産党は革命政権だから、反抗すれば命を奪われかねない。中国で主を信仰するには共産党の統一戦線を受け入れて三自教会に入るしかありません。他に道はないんです! 私たちが主への信仰に求めるものは何でしょう。家庭の調和と平和な人生じゃないですか。三自教会の思慮深さを見てみてください。愛国的で教会を愛し、神様を賛美し人々に有益な組織です。我々は聖書にも国の政権にもたてつきません堂々と教会で信仰が出来るしびくびく隠れることもない良いとこ取りじゃありませんか?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 1:あなたは、主イエスが再臨され、その働きを行われるために受肉されたと証されていますが、私にはよくわかりません。私たちは皆、主イエスが神様の受肉であることは知っています。その働きを全うされ、十字架に磔にされ、蘇られ、すべての弟子達の前に現れられ、そして栄光に輝く霊的な体で天国へと昇天されました。まさに、「ガリラヤの人たちよ、なぜ天を仰いで立っているのか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」(使徒行伝 1:11)と、この聖書箇所にあるように、主が再臨される際に私たちに現れるのは、神様の復活した霊体であることが確認できます。終わりの日において、なぜ神様は裁きの働きを行われるために人の子として受肉されたのでしょうか? 復活された主イエスの霊体と人の子としての受肉の違いは何でしょう?

復活後の主イエスの霊体は、イエスが神様の受肉であることを証明するために現れました。それは人々の信仰を強めるためでした。すなわち、神様の霊体は働きを行わずに、姿を示されただけです。神様は普通の人として受肉されなければ、人の間で働き、人類の贖いと救いを行うことはできません。ですから、神様が終わりの日の裁きで人類を救われたいなら、最大の効果を得るため、人間として受肉され働かれるでしょう。

質問:主イエスは「わたしの羊はわたしの声に聞き従う」(ヨハネによる福音書 10:27)とおっしゃいました。主はお戻りになり、御言葉を発して羊を呼び集めていらっしゃいます。私たちが主の到来をお迎えする上で大事なのは、主の御声を聞こうと探求することです。しかし一番の問題は、主の御声をどうやって聴くのか知らないことです。神様の御声と人の声との区別もできないので、間違いなく主の御声だとわかるにはどうしたら良いのですか。

神の声は心と霊で聞く必要があり、心が同じなら分かり合えます。神の言葉は真理であり、力と権威があるので、心と霊があれば分かります。全能神の言葉を少し読んだだけで、多くの人が神の声であると確信できます。神は受肉のたびにその段階の働きをします。神の指示で特定の言葉を少し伝えるだけの預言者とは全く違います。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索