質問3.宗教界の牧師や長老の多くは、あなたがたが信じるのは只の人間で、イエス・キリストではないと言ってるようですが、あなたがたはその人のことを、再臨した主イエスだと言っているとか、出現して働く全能神だと。そもそもあなたがたは共産党がキリスト教やカトリック教を邪教として非難してきたことを知っていますか?それでも主イエスが全能神として再臨したと言うのですね。ちょっと無理があるのでは?共産党があなたがたを見逃すでしょうか?共産党はキリスト教やカトリック教を邪教、聖書を邪教の本と指定さえしています。誰でも知っている話です。共産党が世界的な正統派宗教をカルト指定し断罪するなら、全能神の出現と働きを非難しないと?聖書を邪教の本として扱うのに、『言葉は肉において現れる』を放っておくかしら?公安組織がこの本を何冊も押収して、研究しています。理解できないのよ。何で全能神を信じなきゃならなくて、全能神が終わりの日のキリストだと言い張るの?わたし達はこの人の家族のこともすべて知っています。普通の人です。キリスト教が信じるイエスと同じ、大工の息子のイエスには両親と兄弟が居ました。普通の人だったのです。でもキリスト教の世界全体がイエスを神として崇拝する。あなたがたが信じる全能神もイエスのように、ただの人間です。でもあなたがたは神だと言う。本当に理解に苦しむわ。何故こんな苦労や迫害に耐えてまで普通の人を信じるの?何の意味があって?全能神に従うのに家族や仕事を捨てた人がたくさんいるとか、こんな神を信じて最後に何が得られると言うの?その人が神だと信じる根拠は何?

解答: 共産党は天の神さえ認めないのは知っています。受肉した神を認められるはずないですよね。共産党がわたし達の受肉したキリストへの信仰をおかしいと思っても、無理はない。信仰者でも受肉したキリストは認められないという人がたくさんいます。彼らは神の働きによって排除されます。神は人類を救うために三つの段階の働きをしてきました。各段階で神は沢山の言葉を発しました。神の言葉があったから人は神の働きを受け入れてきたのです。終わりの日まで 主イエスの福音は世界に広まりました。信者の数は増え続けて、20億人以上にのぼっています。ご存じないはずないですよね?民主主義の国では各地に教会があります。キリスト教、カトリック、東方正教会、みな主イエス・キリストを信じています。これはご存知でしょう。主イエス・キリストは受肉した神です。2000年ものあいだ、数えきれない人が主イエスの証を立ててきました。主イエスは見た目は普通の人なのに、何故人は主イエスは救い主で働きのため出現した神だと信じているのか?神の出現やキリストとは何か知りたければ、聖書を読み、主がどう働いたのか、どう聖霊が主イエスの証をしたのかを知らなくてはなりません。何故人々が主イエスを信じるのかわかるでしょう。受肉そのものは大きな奥義です。終わりの日のキリストである全能神は現れて働き、人を清め救うために全ての真理を表して、聖書の奥義をすべて明かしました。神を信じず、全能神の言葉を読まず、どうやって神の奥義がわかるのですか?受肉とは何か理解したいですか?全能神がいかに語ったのかお伝えします。

 全能神は言われます。「受肉というのは、神が肉の体で現れることで、神が自分の創った人間のもとで働くために人間の姿で来るのである。さて、神が受肉するというのは、まず肉の体、普通の人間性を備えた肉体でなくてはならず、それが最も基本的な前提条件である。実際、神が受肉するということは、神が肉体において生き働くということ、その本質において肉となり、ひとりの人になるということを意味する。」(『言葉は肉において現れる』の「神の宿る肉の本質」より)

 「神は肉となりキリストと呼ばれ、真理を人に与えることのできるキリストは神と呼ばれる。ここには何の誇張もない。なぜなら、彼は神の本質を持っており、神の性質を持っており、その働きには知恵があり、これらはどれも人間の手の届かないものだからだ。自らキリストを称するが、神の働きを行えない者は、詐欺師である。キリストは、単なる地上における神の顕現ではなく、神が人の間で業を行い完成させるため神が宿った特有の肉体でもある。この肉体は、誰でも代われるものではなく、地上における神の業を適切に引き受け、神の性質を表し、神を十分に象徴し、人にいのちを与えるものである。」(『言葉は肉において現れる』の「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」より)

 「受肉した神は神の本質を有し、受肉した神は神による表現を有する。神は人間の姿になるので、なすべき働きを打ち出し、神は人間の姿になるので、自分が何であるかを表して、人に真理をもたらし、人にいのちを与え、人に進むべき道を示すことができる。」(『言葉は肉において現れる』の「序文」より)

 全能神は受肉の奥義をはっきりと明かしてくださっています。真理とは、人類の清めと救いの為に、受肉した神にしか表せないのです。それが神様の現れと働きなのでは?世界の著名人や偉人が真理を表すことが出来ますか?受肉した神以外に、真理を表すことができる方は居ません。従って人類の清めと救いのための真理をすべて表せる方は、当然キリストで、神の出現です。これは疑う余地がない。私たちが全能神を信仰するのは、全能神が人類の清めと救いの真理をすべて表し、終わりの日の裁きの働きをなさったからで、この方こそ受肉した実際の神。つまり終わりの日に受肉し戻られた主イエスと信じてる。これが全能神への信仰の根拠です。

 宗教界の牧師や長老が全能神を否定するのは不思議ではありません。ほとんどの人は天の神しか信じず、受肉された神を知って受け入れられるのはごく少数だからです。2000年前、主イエスが働くために現れた時、ユダヤ教の司祭長や律法学者、パリサイ人らは主イエスを拒み非難し、主イエスをローマ人に引き渡して磔にさせた。神が働きをされに、二度受肉して現れた時、沢山の真理を表し、人の贖いと救いの為の働きをされたのです。神の存在を認める人は多くても、受肉された神は知りません。受肉の奥義については計り知れないものがあるので、神が肉になって現れる度に、多くの人の本性が明され、排除された。終わりの日には受肉した全能神が真理を表すことで、人を裁き本性を暴いた。真理を愛する人が受肉した神の表す沢山の真理を聞いたとき、神の声を聞き、それが神の現れ神の働きだとわかり、キリストを受け入れ従いましたが、

真理を愛さない者は神の言葉の力と権威を理解しても、勝手な思い込みや先入観にとらわれ、受肉された神が普通の人にしか見えず、拒みました。そのような人は真理を忌み嫌う人として排除されました。神が働きをもって救うのは真理を愛し、受け入れる人です。神が本性を暴き、排除するのは真理を忌み嫌う人です。これは神の知恵と全能性を表しています。神の性質は働きの仕方の中にあります。神の受肉は本当に大いなる奥義で理解するのは難しい。沢山の人がこれに躓きました。これが私の考え方、見方です。

『対話』の映画台本から

前へ: 質問2.私は神を見たことがないし、神がどう働き世界を支配しているのかも見たことがない。私には神を認識し受け入れるのは難しい。私の長年の宗教研究からは、宗教的な信仰は精神的な栄養に過ぎない。人類の精神的な空洞を埋めるものです。神を信じる人たちも最終的にはみんな死にますね。だれが天国に行って誰が地獄に落ちたのかなんて分からないのです。全ての宗教的信仰は非常に曖昧で、非現実的です。科学が発達し、人類が進歩するにつれ、宗教的信仰なんてものは捨てられ、消えていくでしょう。我々はまだ科学は信じなければなりません。科学こそが真理であり、現実です。誰も否定できません。科学はまだ神を否定していませんが、神の存在証明もしていない。もし科学が神の存在と神の支配を証明出来たら、神を信じることはできます。我々共産主義者は科学を信じるのです。科学を信じ、発展させることによってのみ、人間社会は進歩するのです。科学は人間社会の問題を沢山解決することが出来ます。神を信じて何を得られますか?一時的な心の慰め以外に何の役に立つのですか?実際の問題を解決しない。従って、科学を信じたほうが神を信じるよりずっと現実的です。科学を信じなくては。

次へ: 質問4.あなた方は全能神を信じ、その言葉を読み、その名において祈るそうだけど、わたし達の知る限り、全能神教会はある男が立ち上げて、あなた方はその彼に服従している。あなた方の証によれば、この男は祭司、神に使われ、全ての管理業務をする。不思議だと思うの。全能神教会は誰が、どう始めたの?説明してもらえる?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

キリスト教映画「赤の家庭教育」抜粋シーン(6)中国共産党はなぜ全力を尽くしてキリストを拒み、断罪するのか

恵みの時代において受肉された主イエスは、外側は人間の様に見えましたが、十字架に磔にされることによってすべての人間を贖うという働きを行われました。終わりの日においては、受肉された全能神が人類を浄化し、救済するための真理を解き明かされ、神の家から裁きの働きを行われました。これは、主イエスと全能神のどちら…

クリスチャンの証し「共産主義の妄言」抜粋シーン(3)正しい宗教とは、邪教とは

中国共産党はマルクス・レーニン主義の無神論政党であり、あらゆる神学に反対しています。中国共産党はあらゆる宗教団体を「邪教」として非難しています。これは真理に合致するのでしょうか。結局のところ、何が正しくて何が悪なのかは、真理と一致しているかどうか、そして神の言葉が決定基準であるかどうかに基づいていな…

質問4.いま、主がお見えになり天国へ招かれるという考えは、思い込みだとわかりました。主の御言葉を裏切る行為です。主の再来をどう待てば引き上げられるか、もう少し詳しく教えてください。

 実は主イエスは私たちを引き上げるとおっしゃっています。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」

質問2.神の御国は地上にあるのか天にあるのかわかりません。主イエスは何度も「天の国は近づき!」「来る」と。この「天の国」とは天にある国のことで、地上には有り得ないでしょう?

「天」とは常に神を意味し、「天の国」とは神の御国のことです。ヨハネの黙示録にあります。「神の幕屋が人と共にあり」「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。」つまり神の御国は地に造られ、この地上の国は、最後に神の御国になるのです。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索