質問 2:あなたは真理を示し裁きの働きをするために主イエスが終わりの日に戻られたとの証しをされました。なぜ私はそれに気が付かなかったのでしょう? 主は雲に乗って戻られると信じています。主が戻られたら信者は一瞬にして姿を変え主に会うために空中に持ち上げられるだと信じています。パウロが「しかし、わたしたちの国籍は天にある。そこから、救主、主イエス・キリストのこられるのを、わたしたちは待ち望んでいる。彼は、万物をご自身に従わせうる力の働きによって、わたしたちの卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じかたちに変えて下さるであろう」(ピリピ人への手紙 3:20-21)と言っている通りです。でも、あなたがたは主は受肉して人の子として現れ終わりの日の真理を示し裁きの働きをするために戻られると言われる。それは有り得ない思います! 神は全能で神の一言で天と地すべてのものが造られ死人が起き上がるのです。神は一言で私たちを聖なるものにしてくださいます。真理を示し裁きの働きをし人間を清めるためなぜ神が受肉する必要があるのです?

回答:神の働きは常に広がり続けています。神の預言をはっきり説明できる者はいません。預言が成就されて初めて人間には理解できるのです。それはどういう意味でしょう? それは誰も神の知恵と全能を測ることはできないということです。主イエスが恵みの時代に来られ働かれましたが、誰もそれを見抜けませんでした。神の国の時代に全能神が裁きの働きをされてもそれは誰も予測できなかったことです。つまり終わりの日に真理を示し裁きの働きをするため神が受肉することは人間には想像もつかないことなのです。神の働きが終わったとき大惨事が訪れるでしょう。多くの人がその時になって神の御言葉が全て成就されたことに気が付くでしょう。でも後悔しても遅過ぎるのです。大惨事の中でただ泣き叫び歯ぎしりをするだけでしょう。人を清め救うために終わりの日に神が裁きの働きをされますが、初穂になること、つまり勝者グループをどう作るかは全能神の言葉を少し読むとよりはっきりします。

全能神は言われます。「あなたがたは、神の旨を見ることができなければならず、また神の働きが天地と万物の創造ほど簡単なものではないことを知らなければならない。それというのも、今日における働きとは、感覚が麻痺しきっている堕落した人間を変えることであり、創造されながらサタンによって加工されてしまった人たちを清めることだからである。それはアダムとエバの創造でもなければ、まして光やあらゆる動植物の創造でもない。神は、サタンに堕落させられたものを清めたあと、それらを新たに自分のものとする。それらは神に属するものとなり、神の栄光となる。これは人が想像するようなことではなく、天地とそこにある万物の創造、あるいはサタンを奈落の底に突き落とす呪いの働きほど簡単なことでもない。むしろ、それは人を変える働きであり、否定的で神に属さないものを、肯定的で神に属するものへと変えるのである。これが、現段階における神の働きの背後にある真実である。あなたがたはこのことを理解し、物事を過度に単純化することを避けなければならない。神の働きは普通の働きとは違う。その素晴らしさと知恵は人の知性を超えている。現段階の働きにおいて、神が万物を創造することはないものの、万物を破壊することもない。代わりに、自身が創造した万物を変え、サタンに汚された万物を清める。神はこのようにして偉大な事業へと乗り出すのであり、それが神の働きの全体的な意義である。これらの言葉の中に見る神の働きは、本当にかくも簡単なものだろうか」(「人が想像するほど神の働きは簡単なものか」『言葉は肉において現れる』)

人間の肉はサタンによって堕落し、最も深く盲い、まことに深く損なわれた。神自らが受肉して働く最も根本的な理由は、救いの対象が肉の体をもつ人間であり、サタンもまた人間の肉を用いて神の働きを妨げているためである。サタンとの戦いは、実は人間を征服する働きであり、同時に、人間はまた、神による救いの対象でもある。このように、受肉した神の働きは不可欠なのだ。サタンは人間の肉を堕落させ、人間はサタンの体現者となり、神に打ち負かされるべき存在となった。このように、サタンと戦って人類を救う働きは地上で行われ、神はサタンと戦うために人間にならなければいけない。この働きは極めて実際的なものだ」(「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」『言葉は肉において現れる』)

最初の人類は神の手の中にあったが、サタンによる誘惑と堕落によって、人はサタンに縛られ、悪しき者の手中に落ちてしまった。こうしてサタンは、神の経営の働きにおいて、打ち負かす対象となった。サタンは人間を自分の所有物としたが、人は神の全経営の資本であるので、人が救われるには、サタンの手から取り戻されなければならない。すなわち、人間はサタンの虜となった後に連れ戻されなければならないのである。かくして、サタンは、人間の古い性質の変化、人間の本来の理知を回復する変化によって打ち負かされなければならず、こうして、虜となっていた人間をサタンの手から取り戻すことができる。もし人がサタンの影響や束縛から自由になると、サタンは辱められ、人は最終的に取り戻され、サタンは打ち負かされるであろう。そして人はサタンの暗闇の影響から解放されたので、人はこのすべての戦いの戦利品となり、この戦いが終わるとサタンは懲罰の対象となるそのとき、人類を救う働きのすべてが完了するのである」(「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」『言葉は肉において現れる』)

終わりの日の働きにおいて、言葉はしるしや不思議の顕示よりも力強く、言葉の権威はしるしや不思議の権威を超越する。言葉は人の心に深く埋もれた堕落した性質を残らず暴く。あなたには自分でそれらを認識する術がない。それらが言葉を通じて暴かれるとき、あなたは当然それを見つけるが、否定することはできず、完全に納得するだろう。これが言葉の権威ではないのか。これが現在の言葉の働きによって得られる成果である。したがって、病を癒したり悪霊を追い出したりすることで、人が罪から完全に救われることはなく、またしるしや不思議を示すことで人がすっかり完全にされることもないのである。病を癒したり悪霊を追い出したりする権威は人に恵みを与えるだけで、人の肉は依然としてサタンに属し、堕落したサタン的性質は依然として人の中に残っている。言い換えると、まだ清められていないものは依然として罪と汚れに属しているのである。人は言葉によって清められて初めて、神のものとされ、聖いものとなる。……この裁きと刑罰の働きによって、人は自分の中の汚れて堕落した本質を完全に知るようになる。そして完全に変わり、清くなることができる。この方法でしか、人は神の玉座の前へと戻るのにふさわしくなることができない。今日なされるすべての働きは、人が清められて変わるためのものである。言葉による裁きと刑罰、そして精錬を通じ、人は自分の堕落を一掃して清められることが可能になる」(「受肉の奥義(4)」『言葉は肉において現れる』)

終わりの日には、キリストはさまざまな真理を用いて人間を教え、人間の本質を明らかにし、人間の言動を解剖する。そのような言葉は、人の本分や、人はいかに神に従うべきか、人はいかに神に忠実であるべきか、いかに正常な人間性を生きるべきかや、また神の知恵と性質など、さまざまな真理を含んでいる。これらの言葉はすべて人間の本質とその堕落した性質に向けられている。とくに、人間がいかに神をはねつけるかを明らかにする言葉は、人間がいかにサタンの化身であり、神に敵対する力であるかに関して語られる。神は裁きの働きを行うにあたって、少ない言葉で人間の本性を明らかにすることはない。むしろ長い期間にわたり、それをさらけ出し、取り扱い、刈り込む。このような方法のさらけ出し、取り扱い、刈り込みは通常の言葉が取って代わることはできず、人間が一切持ち合わせていない真理でなければ取って代われない。このような方法のみが裁きと呼ばれることができる。このような裁きを通してのみ人間は屈服し、徹底的に納得して神への服従に向かうようになり、さらに神についての真の認識を得ることができる。裁きの働きがもたらすのは、神の真の顔と人間自らの反抗的性質についての真相を人が認識することである。裁きの働きにより、人は神の心、神の働きの目的、人には理解することのできない奥義についてかなり理解できるようになる。また、それにより人は自分の堕落した本質と堕落の根源を認識し知るようになり、人間の醜さを発見する。これらの効果はすべて、裁きの働きによりもたらされる。それは、実際に、この働きの本質は神を信じる人すべてに神の真理、道、いのちを開く働きだからである。この働きが神による裁きの働きである」(「キリストは真理をもって裁きの働きを行う」『言葉は肉において現れる』)

神は裁きと刑罰の働きを行なうが、それは人が神についての認識を得られるようにするためであり、また神の証しのためでもある。神が人の堕落した性質を裁かなければ、人は犯すべからざる神の義なる性質を知ることができず、神についての古い認識を新たにすることもできない。神はその証しのため、そして神の経営(救い)のため、その存在すべてを公にし、それによって人は、その神の公的な出現を通して、神の認識に到達し、性質を変化させ、明確な神の証しを立てられるようになる。人の性質の変化は、神のさまざまな働きを通して成し遂げられる。そのような性質の変化なくして、人は神の証しを立てることができず、神の心にかなうこともできない。人の性質の変化は、人がサタンの束縛と闇の影響から解放され、真に神の働きの見本かつ標本、神の証人、そして神の心にかなう者となったことを意味する」(「神を知る者だけが神に証しをすることができる」『言葉は肉において現れる』)

終わりの日の神の裁き、刑罰の働き、すなわち、最後の清めの働きの中でゆるがず耐え抜ける人たちが、神と共に最後の安息の中に入る人たちである。したがって、安息に入る人はみな、神の最後の清めの働きを経て初めて、サタンの支配から振りほどかれ、神によって得られるだろう。最終的に神によって得られたこのような人々が最終的な安息へと入るのである。刑罰や裁きという神の働きの実質は、人類を清めることであり、それは、最終的な安息の日のためである。さもないと、全人類は、それぞれ自身と同類のものに属することができないか、あるいは安息の中に入ることができない。この働きは、人類が安息の中に入るための唯一の道なのである」(「神と人は共に安息に入る」『言葉は肉において現れる』)

終わりの日に真理を示し裁きの働きをされ人を清め完全にするため一言で人を変えるのではなく神は受肉されるのです。そこには真理と謎があると思いませんか? 終わりの日に神が裁きの働きをされ人を清め完全にする方法は私たちが想像できるほど単純ではありません。主イエスは一言でラザロを死から蘇らせました。サタンによって完全に堕落させられ、神を拒み抗う人類を清めて神を理解し服従し崇拝する人類に変えたり生きた悪魔となり、何千年も腐敗している人類を20〜30年の間に真理を持つ人間らしい人間に変えることは悪魔との戦いなのです。これが単純なことだと思いますか? もし神がたった一言で死者を生き返らせ私たちを変えてしまうとサタンを辱めることになりませんか? 終わりの日において人類はサタンによって何千年も堕落させられたままです。サタンの本性と性質が人に根深く染み付いてしまいました。人類は横柄で我儘で噓つきで欲深いですね。名声と富のためにお互いを騙し欺いて殺し合うのです。人類は真理を嫌悪し忌み嫌います。人類は早くも神の敵となったのです。まるで神に抗い裏切るサタンのようです。神が人を救うことは実はサタンとの戦いなのです。全能神によると「人間の肉は極めて深く堕落しており、神に敵対するものになっている。そして、公然と神に敵対し、神の存在を否定しさえする。この堕落した肉は、まったく手に負えない。堕落した肉の性質以上に扱いにくく、変えにくいものはない。サタンは人間の体に入って混乱させ、人間の体を使って神の働きを妨害し、神の計画を妨げる。それゆえ人間はサタンとなり、神の敵になった。人間が救われるには、まず征服されなければならない。このため、神は挑戦に立ち上がり受肉した。働きを行い、サタンと戦うためである。神の目的は堕落した人類の救いと、自分に抵抗するサタンを打ち破り、滅ぼすことである。神は人間を征服する働きによってサタンを破り、同時に堕落した人間を救う。したがって、それは二つの目的を一度に果たす働きである」(「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」『言葉は肉において現れる』)

サタンが堕落させ神に対抗するように仕向けた人類を真から神に服従し相容れる人類へと変えたいのです。これは非常に困難な仕事です。神が天と地とその他全ての物を造るよりもはるかに困難なのです。何もないところから神は一言で天と地とその他全ての物を造りました。完全に堕落した人類を清め変えるために、神は受肉して真理を多く示し人を裁いて清めなければならないのです。私たちが神の裁きと刑罰を受け腐敗を取り除き清められるためには長い時間をかけて過程を経なければなりません。これはサタンと神との戦いの過程でもあるのです。サタンの本来の意図によると人間は生きた悪魔へと堕落するのです。神がこの生きた悪魔を人間に変えることができればサタンは敗北を認めるしかないのです。神は最初の計画通りサタンの族と戦うため受肉するのです。まず真理を示して人を征服し真理で人を清め完全にするのです。真理を理解して神を知ったとき、サタンに堕落させられていたことをはっきり自覚しサタンを嫌い離れ呪うでしょう。そして最終的には私たちはサタンに徹底的に反抗し完全に神の元へ帰るのです。神がサタンの手から人類を奪い返すように。救われた者はサタンを打倒した神の戦利品ですね。こうすることによってのみ、神はサタンを完全に打倒し辱めることができるのです。これは終わりの日の神の裁きの働きの裏話でもあります。終わりの日の神の働きは20年から30年の間ですから神は勝者のグループを作り黙示録の預言を成就します。「彼らは、女にふれたことのない者である。彼らは、純潔な者である。そして、小羊の行く所へは、どこへでもついて行く。彼らは、神と小羊とにささげられる初穂として、人間の中からあがなわれた者である(ヨハネの黙示録 14:4)。この勝利者達は神が獲得し享受している初穂なのです。人類の歴史からすると20年や30年は一瞬とは言えませんか? 聖書には「主にあっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようである」とあります(ペテロの第二の手紙 3:8)。主が終わりの日に戻られあっと言う間に一瞬にして私たちの姿を変えるというのなら、終わりの日の神の働きが成し遂げる結果に完全に当てはまりますね。そんな風にも受け取れますね。パウロの言葉は主が戻られたとき、一瞬にして姿を変え空に持ち上げられ主に会えるということを信じている主の信者に安易に解釈されるのです。だから私たちは主が雲の上に乗り降りて来て私たちを変え引き上げてくださるのをむなしく待っていたのです。パウロの言葉は誤解を招きませんか? 神の働きは観念や想像力では成就できません。神の働きは実用的で一歩一歩目に見える形のある物なのです。受肉された全能神は現実になった神で真理を示して人を救うためにお見えになりました。それを受け入れないのは神に反抗し拒否していることになりませんか? 神の賛美と祝福を受けることができますか?

映画『変えられる瞬間』より引用

前へ: 質問 1:あなたは主イエスは全能神として再臨され、終わりの日に裁きの働きをし真理を示していると証しをされている。なぜそんなことが可能ですか? 主は実際に私たちを天の国に連れて行かれるのです。私たちを置いて終わりの日の裁きの働きをなされるなんて、有り得ないでしょう? 主を信じ、聖霊の働きを受けていれば、既に神様の裁きの働きを体験していると思います。主イエスの言葉が何よりの証拠です。「わたしが去って行かなければ、あなたがたのところに助け主はこないであろう。もし行けば、それをあなたがたにつかわそう。それがきたら、罪と義とさばきとについて、世の人の目を開くであろう」(ヨハネによる福音書 16:7-8)。私たちは、主イエスが復活されて天国に昇ぼられた後のペンテコステで、人に働きかけるために聖霊が下りてきたのだと考えます。それによって人々はすでに、自分の罪や義、裁きについて自分を責めています。主の前で告白し悔い改めたとき、私たちは実際に主の裁きを受けているのです。つまり、主イエスの働きは贖いの働きであっても主イエスが天に昇られたあとにペンテコステで降りてきた聖霊の働きが、終わりの日の神の裁きの働きであると信じています。それが裁きの働きでは? 「罪と義とさばきとについて、世の人の目を開くであろう」とありますが、主の信者として、私たちはよく聖霊に触れられ、戒められて訓練されています。だからいつも、主の御前で泣いて悔い改めるのよ。多くの良い行いこそが、主への信仰で私たちがどう変化したかを表すものです。これは神の裁きを受けた結果ではないのですか? あなたの言う終わりの日の全能神の裁きの働きは主イエスの働きとどう違うのですか?

次へ: 質問 3:我々が信じている主イエスこそが神様の受肉だ。主イエスは神様の贖いの働きをなされた、これは誰にも否定できない。しかし、あなたたちが信じている全能神は必ずしも神様の受肉ではない。なぜなら、全能神については聖書のどこにも書かれていない。だから宗教界の牧師や長老たちはあなた達が信じている全能神はただの人だと言うんだ。騙されているんだ。主イエスだけがキリストであり、神様の御子だ! あなたが信じている全能神はただの人だ、それ以外の何者でもない!

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 1:あなたは、主イエスが再臨され、その働きを行われるために受肉されたと証されていますが、私にはよくわかりません。私たちは皆、主イエスが神様の受肉であることは知っています。その働きを全うされ、十字架に磔にされ、蘇られ、すべての弟子達の前に現れられ、そして栄光に輝く霊的な体で天国へと昇天されました。まさに、「ガリラヤの人たちよ、なぜ天を仰いで立っているのか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」(使徒行伝 1:11)と、この聖書箇所にあるように、主が再臨される際に私たちに現れるのは、神様の復活した霊体であることが確認できます。終わりの日において、なぜ神様は裁きの働きを行われるために人の子として受肉されたのでしょうか? 復活された主イエスの霊体と人の子としての受肉の違いは何でしょう?

復活後の主イエスの霊体は、イエスが神様の受肉であることを証明するために現れました。それは人々の信仰を強めるためでした。すなわち、神様の霊体は働きを行わずに、姿を示されただけです。神様は普通の人として受肉されなければ、人の間で働き、人類の贖いと救いを行うことはできません。ですから、神様が終わりの日の裁きで人類を救われたいなら、最大の効果を得るため、人間として受肉され働かれるでしょう。

質問 1:主イエスの御名と道に忠実であり、偽キリストたちや偽預言者を相手にせず、目を覚まして待てば、主は来られる時にかならず啓示をくださる。主の御声を聴かなくても引き上げていただける。主イエスはこう言われた「そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、また、『あそこにいる』と言っても、それを信じるな。にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう」(マタイによる福音書 24:23-24)。あなたたちは偽キリストたちや偽預言者たちの欺きを認めないのか? だから我々は、主の到来を証しする者は全て、間違いなく偽者だと信じているのだ。吟味するまでもない。主は来られるときには、啓示をくださるし、私たちを見捨てるはずはない。これが正しい信仰実践だと思う皆はどう思うかな?

回答:主イエスは確かに、終わりの日の偽キリストと偽預言者のことを預言されました。これは事実です。しかし、ご自身の再臨も何度か明確に預言されました。私たちはそう信じてますね? 多くの人は主イエスの再臨の預言に関しては偽キリストや偽預言者を警戒することに集中し花婿の到来を迎えることや…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索