神は真理といのちを無償で人類に授けます

1 神は万物の中で最も貴いものを人類に授けました。神は、自身のいのちと神が持つものと神そのものを無償で人類に与え、それによって人が生き、神が持つものと神そのものと真理という神の賜物を生きる指針と道に変え、神の言葉を自分のいのちとし、そのいのちに拠って生きられるように望んでいるのです。人にいのちを授けるとともに、神が人に要求するひとつのことは、人が神のいのちを受け取って自分のいのちとし、そのいのちを生きることです。人がそのいのちを生きるのを見ると、神は満足するのです。

2 神の言葉を自分のいのちとして受け入れつつ、人間は真理を理解するようにもなり、人間であることの原則も得て、人間であるために必要な根を生やし、人間となるために歩むべき方向を得るのです。もはやサタンに惑わされることも縛られることもなくなり、邪悪な人に惑わされることも利用されることもなくなり、邪悪な流れに汚されず、退廃させられず、縛られず、誘惑されません。人間は天と地の間を自由に生き、解放されます。神の支配下にあって純粋に生きることができ、いかなる悪や闇の力によっても傷つけられることはありません。ですから、神の働きを経験することで、人間の受け取る分が最も多く、人間が最大の受益者なのです。

3 このいのちを生きている限り、人間はいかなる痛みを経験することもなくなり、幸せに、困難なく生きるのです。自由に生き、神と正常な関係を持つのです。もはや神に対して反抗も敵対もできません。むしろ、神の支配下にあって純粋に生きることができるのです。正しく、まっとうな人生を生き、内側からすべてが純粋な人間になるのです。神がもたらすいのちを受け入れることでのみ、あなたは自分の命を救えます。そのいのちを得れば、あなたの命は限りないものになります。それが永遠のいのちです。


『キリストの言葉の記録』の「人間は神の経営計画の最大の受益者」より編集

前へ: 神が救う人々は神の心の中で最も大切な者たち

次へ: 神は人間を救うために人間のもとに来る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

最も有意義な人生

被造物として神を礼拝し あなたは最も有意義な人生を追い求めねばならない あなた方は正しい道を追い求め 進歩を求め 赤い大きな竜の国で立ち上がる 神が義と呼ぶ人々 それこそが最も有意義な人生ではないか 人として神のために費やし あなたはあらゆる苦難の人生を耐えなければなら…

完全な者とされるには

神により完全な者とされるには 街に出かけ 神のために費やすだけでは十分ではなく 完全な者とされるには 多くのものを持っていなければならない 苦しみに直面した時には 肉のことを考えず 神に不平を言わないようにしなければならない 神が自身を隠す時は 従う信仰と愛を持ち続け それを…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索