893 神は真理といのちを無償で人類に授けます

1 神は、自身のいのちと、神が持つものと神そのものすべてを無償で人に与え、それによって人がそれらを生きられるようにするとともに、神が持つものと神そのもの、そして神が授けた真理を、生きる指針と道に変えられるようにしました。つまり、それに頼って生き、神の言葉を自分のいのちに変えられるのです。人にいのちを授けるとともに、神が人に要求するひとつのことは、人が神のいのちを受け取って自分のいのちとし、そのいのちを生きることです。人がそのいのちを生きるのを見ると、神は満足するのです。

2 神のいのちを自分のいのちとして受け入れつつ、人間は真理を理解するようにもなり、人間であることの原則も得て、人間であるために必要な根を生やし、人間となるために歩むべき方向を得るのです。もはやサタンに惑わされることも縛られることもなくなり、邪悪な人に惑わされることも利用されることもなくなり、邪悪な流れに汚されず、退廃させられず、縛られず、誘惑されません。人間は天と地の間を自由に生き、解放されます。もはや困難がなく自由に生き、神の支配下にあって純粋に生きることができ、いかなる悪や闇の力によっても傷つけられることはありません。人間の受け取る分が最も多く、人間が最大の受益者なのです。

3 つまり、このいのちを生き、このいのちを自分のいのちとして受け取る限り、人間はいかなる痛みを経験することもなくなり、幸せに、困難なく生きるのです。自由に生き、神と正常な関係を持つのです。もはや神に対して反抗も敵対もできません。むしろ、神の支配下にあって純粋に生きることができるのです。正しく、まっとうな人生を生き、内側からすべてが純粋な人間になるのです。神がもたらすいのちを受け入れることでのみ、あなたは自分の命を救えます。そのいのちを得れば、あなたの命は限りないものになります。それが永遠のいのちです。

『キリストの言葉の記録』の「人間は神の経営計画の最大の受益者」より編集

前へ: 892 神が救う人々は神の心の中で最も大切な者たち

次へ: 894 神は人間を救うために人間のもとに来る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索