神の働きと言葉が人にもたらすものはすべていのちである

神は前例や常識に囚われず

神の業と言葉に制限はない

全ては自由、何の制限もなく

神は自由と解放をもたらす

神は実在する生ける神

操り人形や偶像ではない

生命力に満ち

言葉と業は命と光

自由をもたらす

神には真理、そしていのちと道があるから

神の言葉と業において何の制約も受けない

日文没重复这两句


人の言うことや評価に関わらず

神は迷わず業を為す

人の観念や批判に構わずに

強い反抗にも躊躇しない

神の行いは、人の道理や想像や

知識や倫理では量れない

誰もその業を貶めたり妨げたりはできない

なにものもこの新しい御業を

禁じたり制約したりしない

どんな敵も妨げられない

神は永遠に勝利の王だ


どんな敵も、人類の邪説も

神の足台で踏みにじられる

新たな段階の業が何であれ

人々に広がり発展し

宇宙で妨げなく為されるべきだ

大いなる御業が完成するまで

これが全能性、知恵と力

全能なる神に制限はない

神の業に原則はあるが制限はない

神が真理、道、いのちだから

『言葉は肉において現れる』より編集


『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: 神は新しい時代に新しい働きをもたらす

次へ: 神は各時代に新しい働きを行なう

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の言葉を実践しない人は取り除かれるだろう

神の働きと言葉は あなた方の性質に変化をもたらすためにある 神の目的は働きと言葉を理解させ 知らしめるだけでは十分でなく それが全てではない 神の言葉はほとんどが人の言語で書かれているため あなたが受け入れるなら容易に理解できる 凡人であっても 神があなたに知って欲しいこと …

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索