神の働きと言葉が人にもたらすものはすべていのちである

神は前例や常識に囚われず

神の業と言葉に制限はない

全ては自由、何の制限もなく

神は自由と解放をもたらす

神は実在する生ける神

操り人形や偶像ではない

生命力に満ち

言葉と業は命と光

自由をもたらす

神には真理、そしていのちと道があるから

神の言葉と業において何の制約も受けない

日文没重复这两句


人の言うことや評価に関わらず

神は迷わず業を為す

人の観念や批判に構わずに

強い反抗にも躊躇しない

神の行いは、人の道理や想像や

知識や倫理では量れない

誰もその業を貶めたり妨げたりはできない

なにものもこの新しい御業を

禁じたり制約したりしない

どんな敵も妨げられない

神は永遠に勝利の王だ


どんな敵も、人類の邪説も

神の足台で踏みにじられる

新たな段階の業が何であれ

人々に広がり発展し

宇宙で妨げなく為されるべきだ

大いなる御業が完成するまで

これが全能性、知恵と力

全能なる神に制限はない

神の業に原則はあるが制限はない

神が真理、道、いのちだから

『言葉は肉において現れる』より編集


『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: 神は新しい時代に新しい働きをもたらす

次へ: 神は各時代に新しい働きを行なう

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

完全な者とされるには

神により完全な者とされるには 街に出かけ 神のために費やすだけでは十分ではなく 完全な者とされるには 多くのものを持っていなければならない 苦しみに直面した時には 肉のことを考えず 神に不平を言わないようにしなければならない 神が自身を隠す時は 従う信仰と愛を持ち続け それを衰…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索