神は世界に人類の終わりをもたらす


終わりの日には、神の働きは特定の人や人々のためではなく、神の本来の性質を現わすためにある。しかし、無数の理由から―おそらく、時間が足りず、多忙を極めた仕事のスケジュールなどの理由で―神の性質により人が神のことを少しでも知るようにさせるには至らなかった。ゆえに、神の新しい計画、神の最後の働きへと前進して神の働きの新しいページを開き、その結果、神を見る者たちはみな、神の存在ゆえに胸をたたいて、とめどなく泣くだろう。


それは、神はこの世に人類の最後をもたらし、その後、神の性質をすべて人類の前に公布するからだ。そうして、神を知っている人たちも神を知らない人たちもすべて「喜んで見つめる」。そして、確かに、神が人間の世界に現れ、全てのものが増える地上に来たことを知るのである。これは神の計画であり、神の人類の創造以来、たったひとつの「告白」である。あなたがたに神の一挙一動だけを見つめて欲しいと願う。神の杖はもう一度、人類に、神に敵対する者たちすべての近くに押しつけられているからだ。

『言葉は肉において現れる』の「終着点のために、善行を十分積まなければならない」より編集

前へ: すべての国家すべての民族への神の裁き

次へ: その業を為すために神は肉とならなければならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすることは…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索