神は裁きとともに降臨する

神は赤い大きな竜の国に降りて来たが

顔を宇宙に向けている

すると全世界は震え始めた

神の裁きを受けない場所などあるだろうか?

災難のもとにない場所はあるだろうか?

どこに行こうと 神は天災の種をばら撒く

しかしそれを通して救いを与え 神の慈愛を示す

神は更に多くの人々が

神を知り 見ることを望んでいる

人はもう長らく神を見てないが

今はとても実際的な神を畏れるようになる

神は赤い大きな竜の国に降りて来たが

顔を宇宙に向けている

すると全世界は震え始めた

神の裁きを受けない場所などあるだろうか?

災難のもとにない場所はあるだろうか?

どこに行こうと 神は天災の種をばら撒く

しかしそれを通して救いを与え 神の慈愛を示す

神は更に多くの人々が

神を知り 見ることを望んでいる

人はもう長らく神を見てないが

今はとても実際的な神を畏れるようになる

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十章」より編集

前へ: 全ての奥義が明らかにされた

次へ: 神の裁きのすべてがあらわになる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索