神は裁きとともに降臨する


神は赤い大きな竜の国に降りて来たが

顔を宇宙に向けている

すると全世界は震え始めた

神の裁きを受けない場所などあるだろうか?

災難のもとにない場所はあるだろうか?

どこに行こうと 神は天災の種をばら撒く

しかしそれを通して救いを与え 神の慈愛を示す

神は更に多くの人々が

神を知り 見ることを望んでいる

人はもう長らく神を見てないが

今はとても実際的な神を畏れるようになる


神は赤い大きな竜の国に降りて来たが

顔を宇宙に向けている

すると全世界は震え始めた

神の裁きを受けない場所などあるだろうか?

災難のもとにない場所はあるだろうか?

どこに行こうと 神は天災の種をばら撒く

しかしそれを通して救いを与え 神の慈愛を示す

神は更に多くの人々が

神を知り 見ることを望んでいる

人はもう長らく神を見てないが

今はとても実際的な神を畏れるようになる

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十章」より編集

前へ: 神は人を新しい時代に導き入れた

次へ: 神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

完全な者とされるには

神により完全な者とされるには 街に出かけ 神のために費やすだけでは十分ではなく 完全な者とされるには 多くのものを持っていなければならない 苦しみに直面した時には 肉のことを考えず 神に不平を言わないようにしなければならない 神が自身を隠す時は 従う信仰と愛を持ち続け それを衰…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索