神は遥か昔に人の運命を定めた

運命に関しては誰もが独立していて

自分自身の運命がある

親はその人の運命を阻むことも

人生で果たす役割にわずかな影響を及ぼすこともできない

自分の家族や成長する環境は

使命を成し遂げるための前提条件でしかない

何らかの形でそれらが人の運命や宿命の中で

使命を果たすかを定めることはない

使命を果たすことを親が助けたり役割を担うのを

親戚が助けることはできない

使命を遂げる方法も役割を果たす環境も

運命で定められていて誰も制御できない

創造主の予定以外に

人の運命に影響を与えるものはなく

誰も将来を制御することはできない

それははるか昔に定められ

親でさえ変えることはできない

創造主だけが定めた使命に影響を与えられる

客観的な条件は他にはない

すべての人が自分に特有の環境や成長のしかたによって

ひとりで大人になる

一歩ずつ自分の道を歩み始め

計画された運命を成就し

一歩ずつ人の大海原に入り

人生の役割を担い責任を果たす

すべては創造主が予め定めたことのために

一歩ずつ意図せずにすべてを行う

すべては創造主の支配のために

神ははるか昔に人の運命を定めた!

創造主の予定以外に

人の運命に影響を与えるものはなく

誰も将来を制御することはできない

それははるか昔に定められ

親でさえ変えることはできない

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 3」より編集

前へ: 人類は自分自身の運命を支配できない

次へ: 人の一生は完全に神の支配下にある

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索