神は人を導くために常に働いてきた

救いの計画を始めてからずっと 

神はその働きに専念してきた

姿は見えなくても

いつも人に寄り添い 

神の本質を持って導いてきた

神の力 知恵と権威によって働きかけ

その性質を示し

律法の時代 恵みの時代

そして神の国の時代をもたらした

神の実体は隠されていても

神の性質と意志と持ってるもの

神そのものが示されているから 

人は神を見る事が 感じる事が出来る

神の本質と神の性質は

確かに神の現れである

神の本質と神の性質は

確かに神の現れである


その働き方に関わらず

神は神自身として人に接し働きかける

そして神は常に言うべき事を言い

為そうとする事を行ってきた

しかし神は時に肉体として

時に天から時に人として

心を尽くし 思いを持って語り

隠し偽る事は決してない

神の実体は隠されていても

神の性質と意志と持ってるもの

神そのものが示されているから

人は神を見る事が 感じる事が出来る

神が働く時は神は自分の言葉と性質

そして神そのものを現す

神は人々に全てを惜しむ事なく現してくれる


神自身の命 神の存在

神が所有しているものによって

神は人々を導く 導いてゆく

神は人々を導く 導いてゆく

神の本質と神の性質は

確かに神の現れである

神の本質と神の性質は

確かに神の現れである


『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 神の経営は常に前進する

次へ: 神が中国で征服の働きをする意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

神は天におり、地にもいる

地にいる時の 神は 人の心の中の 実際の神 天にいる時の 神は あらゆる被造物の 支配者 かつて神は 山と海を巡り 人類の間を そっと歩んで来た 誰が逆らえよう 実際的な神に 誰が逃れられよう その支配から 誰が言い切れよう 神は天にいるのだと 誰が言い切れよう 神は地にいる…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索