神は人を導くために常に働いてきた

救いの計画を始めてからずっと 

神はその働きに専念してきた

姿は見えなくても

いつも人に寄り添い 

神の本質を持って導いてきた

神の力 知恵と権威によって働きかけ

その性質を示し

律法の時代 恵みの時代

そして神の国の時代をもたらした

神の実体は隠されていても

神の性質と意志と持ってるもの

神そのものが示されているから 

人は神を見る事が 感じる事が出来る

神の本質と神の性質は

確かに神の現れである

神の本質と神の性質は

確かに神の現れである


その働き方に関わらず

神は神自身として人に接し働きかける

そして神は常に言うべき事を言い

為そうとする事を行ってきた

しかし神は時に肉体として

時に天から時に人として

心を尽くし 思いを持って語り

隠し偽る事は決してない

神の実体は隠されていても

神の性質と意志と持ってるもの

神そのものが示されているから

人は神を見る事が 感じる事が出来る

神が働く時は神は自分の言葉と性質

そして神そのものを現す

神は人々に全てを惜しむ事なく現してくれる


神自身の命 神の存在

神が所有しているものによって

神は人々を導く 導いてゆく

神は人々を導く 導いてゆく

神の本質と神の性質は

確かに神の現れである

神の本質と神の性質は

確かに神の現れである


『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 神の統治を知ることで自由を得る

次へ: 神は人類をどのように見ているのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

失われた時は二度と戻ってこない

目覚めよ!兄弟姉妹たち! 神の日は遅れることがない 時は命、時をとらえることは命を救い その時は近い 試験なら、落ちたとしても 学び直し、再挑戦できるが 神の日は決して遅れないことを あなたは知らなければならない 覚えておくように 神のこれらの良い言葉は あなたを促すために…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない …

神と親しい者だけが神に仕えるに値する

神に仕える者は 神と親しく 神に仕える者は 神から愛され 神に忠実でなければならない あなたが人の前であるいは陰で 行動したとしても 神の喜びを得て 神の前に立つことができるだろう 他人があなたをどのように扱おうと あなたは自分の道を歩み 神の重荷を思いやるだろう これこそが神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索