神は人を導くために常に働いてきた

救いの計画を始めてからずっと 

神はその働きに専念してきた

姿は見えなくても

いつも人に寄り添い 

神の本質を持って導いてきた

神の力 知恵と権威によって働きかけ

その性質を示し

律法の時代 恵みの時代

そして神の国の時代をもたらした

神の実体は隠されていても

神の性質と意志と持ってるもの

神そのものが示されているから 

人は神を見る事が 感じる事が出来る

神の本質と神の性質は

確かに神の現れである

神の本質と神の性質は

確かに神の現れである

その働き方に関わらず

神は神自身として人に接し働きかける

そして神は常に言うべき事を言い

為そうとする事を行ってきた

しかし神は時に肉体として

時に天から時に人として

心を尽くし 思いを持って語り

隠し偽る事は決してない

神の実体は隠されていても

神の性質と意志と持ってるもの

神そのものが示されているから

人は神を見る事が 感じる事が出来る

神が働く時は神は自分の言葉と性質

そして神そのものを現す

神は人々に全てを惜しむ事なく現してくれる

神自身の命 神の存在

神が所有しているものによって

神は人々を導く 導いてゆく

神は人々を導く 導いてゆく

神の本質と神の性質は

確かに神の現れである

神の本質と神の性質は

確かに神の現れである

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 神の経営は常に前進する

次へ: 神が中国で征服の働きをする意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索