神の新たな働きは全宇宙に及ぶ

神は多くの業のしるしで

天の領域を満たす

その至高の権勢のもと

すべてがひれ伏すように

世を統一する計画を遂げ

人々は彷徨うことなく

いく場所をすぐ見つける

神は天地で新たに働き

その突然の現れに

人々はおののき唖然とし

その視野はかつてなく広がる

これがまさに今日の様

人々が憂鬱のない

平安と幸福の地に

住めるように神は思いやり

計画は地に成就する

人はそこに存在し

栄光の現れとして

神は世界に自身の国を建てる

神は天地で新たに働き

その突然の現れに

人々はおののき唖然とし

その視野はかつてなく広がる

これがまさに今日の様

神は天の街を整え

全地を新たにし

そして神は統一する

天地のすべてを

これが神の(最後の時代に遂げる神の計画)

誰にも邪魔はさせない

神は全宇宙の人を

玉座の前に伏させ

そして裁き 家族ごとに分類し

これによってそむく者はいなくなって

誰一人 勝手に動かず

神の指示で振り分けられる

神は天地で新たに働き

その突然の現れに

人々はおののき唖然とし

その視野はかつてなく広がる

これがまさに今日の様

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第四十三章」より編集

前へ: 全宇宙に及ぶ神の開かれた執政

次へ: 宇宙における神の業の動き

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索