おお、神よ、私は貴方を離れられない

御言葉の導きがないと

浮草のように漂い

神が居ないと

辛く 空しい

心に神はおらず

祈りでは神を欺く

真理を棄て

ただ名利を追う私は

神に嫌われ

闇に落ち 苦しみ

心は悔恨で溢れる

嘆願しても

神は戻っては来ない

神を畏れる心なしでは

神の前で生きる価値がない

神の優しさを数え反省し

神に大きな負い目を感じる


裁きを通し

自分の堕落の事実を知る

傲慢で独善的で

心は曲がり

偽りに満ち

神と取引さえした

自分の本分にもずさんで

神の御心に配慮せず

自分の観念にしがみ付き

悲劇が生まれた

多くの精錬を受けて

神の義の性質は

侵害を許さないと悟った

心は神を畏れて

私は自分自身を忌み嫌い

真に悔い改める

神の裁きは全て愛と救いだ

真理を実践し

神に報いるために

本分を尽くす決意をする

神の憐みを取り戻し

神が戻って来るよう

私は心から神を愛する

前へ: 昔の生き方に戻って再び神を傷つけるのは嫌だ

次へ: 神様に仕えることは私たちの幸運

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。神…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の心…

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者には…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索