216 おお、神よ、私は貴方を離れられない

御言葉の導きがないと

浮草のように漂い

神が居ないと

辛く 空しい

心に神はおらず

祈りでは神を欺く

真理を棄て

ただ名利を追う私は

神に嫌われ

闇に落ち 苦しみ

心は悔恨で溢れる

嘆願しても

神は戻っては来ない

神を畏れる心なしでは

神の前で生きる価値がない

神の優しさを数え反省し

神に大きな負い目を感じる

裁きを通し

自分の堕落の事実を知る

傲慢で独善的で

心は曲がり

偽りに満ち

神と取引さえした

自分の本分にもずさんで

神の御心に配慮せず

自分の観念にしがみ付き

悲劇が生まれた

多くの精錬を受けて

神の義の性質は

侵害を許さないと悟った

心は神を畏れて

私は自分自身を忌み嫌い

真に悔い改める

神の裁きは全て愛と救いだ

真理を実践し

神に報いるために

本分を尽くす決意をする

神の憐みを取り戻し

神が戻って来るよう

私は心から神を愛する

前へ: 215 モアブの子孫の神への賛美

次へ: 217 この心の深い後悔

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索