終わりの日の受肉した神は神の経営を終える

神はよりよく人に接し征服するため

肉として働き、語る

神は最初に肉となった時

人を贖い、その罪を赦した

今は、それは征服の働きであり

人類を獲得するものだ

最後の受肉において

終わりの日の働きを完了し

人を種類に応じて分類する

神はその経営を終了し

肉としての全ての働きを終える

地上での働きが終わると、彼は勝利する


受肉した神が人を完全に征服して

自分のものとした時は

彼の経営の終わりなのではないか

神が肉での働きを終わらせ

勝利して治める時

サタンは負け

人を堕落させる機会もない

これこそが、神自身が行う肉の働きだ

最後の受肉において

終わりの日の働きを完了し

人を種類に応じて分類する

神はその経営を終了し

肉としての全ての働きを終える

地上での働きが終わると、彼は勝利する

彼は勝利し、勝利する


『言葉は肉において現れる』の「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要であるより編集

前へ: 受肉の意義は終わりの日の受肉が全うする

次へ: 肉なる神は生けるいのちの泉

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全ての奥義が明らかにされた

義なる全能神、全能者よ! あなたの中では何も隠されていない それぞれの奥義は、永遠に、まだ明示されてないが あなたには明白明瞭である 追い求め、探らなくていい あなたの真の姿が表され あなたは明らかにされた奥義、生ける神自身 私たちと顔を合わせ あなたの真の姿を見ることは…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

受肉の神だけが人を完全に救うことができる

神は人間を救うために来るが それは霊を通してではなく また霊としてでもない 霊は目に見えず、触ることもできない もし神が創造物なる人ではなく 霊として人を救ったら 誰も神の救いを得られない そう誰も救われない 神は創造された人となり その肉に神のことばを宿す 神のことばが神に従…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索