神の受肉はあなたがたにとって極めて重要だ

終わりの日の神の業は

全てこの普通の人を通してる

彼はあなたにあらゆるものを授け

あなたの全ては彼の手の中にある

こんな人は平凡すぎて言及する価値もない

そんなことがありえるだろうか

あなたを納得させるほどには

彼の真理は十分ではないのだろうか


終わりの日の神の業は

全てこの普通の人を通してる

何故神の業の形跡に気づかないのか

彼が計画で明らかにする真理の中に

彼が導く道はあなたが歩くに値しないのか

なぜ彼を拒み避けるのか

彼の業であなたの目は本当に満足しないのか

受肉した神は普通の人ではない


終わりの日の神の業は

全てこの普通の人を通してる

彼はあなたにあらゆるものを授け

あなたの全ては彼の手の中にある

あなたに辿るべき道が必ずどこかにあるということも

全てこの人の故である

彼は真理を表現しあなたに真理与え続ける

受肉した神は普通の人ではない

普通の人ではない 


『言葉は肉において現れる』より

前へ: 肉なる神は生けるいのちの泉

次へ: 神の受肉を否定することは神の敵になること

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索