神は始まりであり、終わりである

新たな時代を迎えるために

神は敢えて肉となると同時に

新たな時代を迎える時

その前の時代を終わらせた

神は始まりであり終わりである

神の業を行うのは神自身であり

前の時代を終わらせたのも神自身である

それはサタンに勝利して世界を征服した証拠である

神が人の中で業を行う時

それは新たな戦いの始まりである

新たな業の始まりが無ければ

それ以前の時代の終わりはない

前の時代の終わりが無いことは

サタンとの戦いがまだ終わっていないことの証である

神は始まりであり

終わりであり

また種まく者であり

刈り取る者である


神自身が人の間に来て

新たな業を行うことで

人はサタンの領域から解放され

新たな生活と新たな始まりを得ることができる

さもなければ人は永遠に以前の時代に

そして以前のサタンによる影響の下で永遠に生きるだろう

サタンによる影響の下で

神が導くすべての時代において

人は部分的に解放され

そして人間は神の働きとともに

新たな時代へと進んでゆく

神の勝利は一つの勝利であり

神に従うすべての者にとって一つの勝利である

神は始まりであり

終わりであり

また種まく者であり

刈り取る者である


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(1)」より編集

前へ: 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

次へ: 人を救う神の働きの意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

完全な者とされるには

神により完全な者とされるには 街に出かけ 神のために費やすだけでは十分ではなく 完全な者とされるには 多くのものを持っていなければならない 苦しみに直面した時には 肉のことを考えず 神に不平を言わないようにしなければならない 神が自身を隠す時は 従う信仰と愛を持ち続け それを…

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索