神は始まりであり、終わりである

新たな時代を迎えるために

神は敢えて肉となると同時に

新たな時代を迎える時

その前の時代を終わらせた

神は始まりであり終わりである

神の業を行うのは神自身であり

前の時代を終わらせたのも神自身である

それはサタンに勝利して世界を征服した証拠である

神が人の中で業を行う時

それは新たな戦いの始まりである

新たな業の始まりが無ければ

それ以前の時代の終わりはない

前の時代の終わりが無いことは

サタンとの戦いがまだ終わっていないことの証である

神は始まりであり

終わりであり

また種まく者であり

刈り取る者である

神自身が人の間に来て

新たな業を行うことで

人はサタンの領域から解放され

新たな生活と新たな始まりを得ることができる

さもなければ人は永遠に以前の時代に

そして以前のサタンによる影響の下で永遠に生きるだろう

サタンによる影響の下で

神が導くすべての時代において

人は部分的に解放され

そして人間は神の働きとともに

新たな時代へと進んでゆく

神の勝利は一つの勝利であり

神に従うすべての者にとって一つの勝利である

神は始まりであり

終わりであり

また種まく者であり

刈り取る者である

『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(1)」より編集

前へ: 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

次へ: 人を救う神の働きの意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

真の祈りの効果

真の祈りの効果。……祈るにつれて人の性質は変わる。霊に触れられるにつれ、彼らはもっと従い、さらに積極的になるだろう。そして、真の祈りによって、彼らの心は次第に清められるだろう。真の祈りによって、清められるだろう。

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索