肉なる神は生けるいのちの泉


堕落した人間にとって

最も価値ある働きとは

正確な言葉と追求すべき目標を与えることで

それは見て触れることができる

現実的な働きと時に適った導きとは

人の好みに相応しいもので

真実の働きだけが

腐敗と堕落した性質から人を救う

受肉した神のみがこれを実現でき

かつての腐敗し堕落した性質から人を救える

彼は人に受肉の働きの重要性を示す

人が人間の存在意義そのものへの

この肉の重要性を理解し

いのちの成長に関わる

彼の真の価値を知るように

そして人はこの肉が生けるいのちの泉

いのちの泉となることも知るだろう

人はその泉からどうしても離れられない


多くの人がこの肉ゆえに神の敵となるが

神が終わりの日にすべての働きを終えるとき

敵になることをやめ

抵抗しなくなる

それどころか人々は彼の証し人となり

皆彼に征服され

彼の心に適うようになり

彼から離れられなくなる

離れられなくなる

受肉した神のみがこれを実現でき

かつての腐敗し堕落した性質から人を救える

彼は人に受肉の働きの重要性を示す

人が人間の存在意義そのものへの

この肉の重要性を理解し

いのちの成長に関わる

彼の真の価値を知るように

そして人はこの肉が生けるいのちの泉

いのちの泉となることも知るだろう

人はその泉からどうしても離れられない

『言葉は肉において現れる』の「堕落した人間は受肉した神による救済をより必要としている」より

前へ: 人類には神の二度の受肉が必要だ

次へ: 神の受肉は主に神の言葉を表すため

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への愛…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を見…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索