神は人の永遠の支え

復活しても

イエスの心と働きは人から去らない

人に現れ、どんな形であれ

そこにいると伝えた

彼は人と歩み いつでも与え牧し

自分を見せ触れさせる

だから彼らはもう無力ではない

イエスは人に伝えたかった

この世の生活が孤独ではないと

神は人を案じ 共にいる

神こそ頼れる方

従う者にとって家族

神に頼れば弱くも孤独でもなく

彼を罪のための犠牲として認める者は

罪に縛られない

イエスが復活後にした全てのことは

神がいつも変わらず人に望み 人を心配し

思いやり、大切にすることを示した

それはいつも、ずっと変わらない


イエスの復活後の働きは

人の目には些細なものだが

神には意義深く価値があり 重要だった

神は、始めたことは必ず成し遂げる

そこには、神の知恵と全能性と大いなる業

そして神の愛と憐みを表す段階と計画がある

神の働きを貫いているテ-マは

神の人に対する深い思いやり

そして神が人々に対して感じる真の憂慮だ

神はこうした感情を捨てることはできない

イエスが復活後にした全てのことは

神がいつも変わらず人に望み 人を心配し

思いやり、大切にすることを示した

それはいつも、ずっと変わらない


『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: イエスの復活後の出現の意義

次へ: 神は侵害を容赦しない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の超…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者には…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索