神は人の永遠の支え

復活しても

イエスの心と働きは人から去らない

人に現れ、どんな形であれ

そこにいると伝えた

彼は人と歩み いつでも与え牧し

自分を見せ触れさせる

だから彼らはもう無力ではない

イエスは人に伝えたかった

この世の生活が孤独ではないと

神は人を案じ 共にいる

神こそ頼れる方

従う者にとって家族

神に頼れば弱くも孤独でもなく

彼を罪のための犠牲として認める者は

罪に縛られない

イエスが復活後にした全てのことは

神がいつも変わらず人に望み 人を心配し

思いやり、大切にすることを示した

それはいつも、ずっと変わらない

イエスの復活後の働きは

人の目には些細なものだが

神には意義深く価値があり 重要だった

神は、始めたことは必ず成し遂げる

そこには、神の知恵と全能性と大いなる業

そして神の愛と憐みを表す段階と計画がある

神の働きを貫いているテ-マは

神の人に対する深い思いやり

そして神が人々に対して感じる真の憂慮だ

神はこうした感情を捨てることはできない

イエスが復活後にした全てのことは

神がいつも変わらず人に望み 人を心配し

思いやり、大切にすることを示した

それはいつも、ずっと変わらない

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: イエスの復活後の出現の意義

次へ: 受肉した神は静かに救いの業を為す

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索