神は人の永遠の支え

復活しても

イエスの心と働きは人から去らない

人に現れ、どんな形であれ

そこにいると伝えた

彼は人と歩み いつでも与え牧し

自分を見せ触れさせる

だから彼らはもう無力ではない

イエスは人に伝えたかった

この世の生活が孤独ではないと

神は人を案じ 共にいる

神こそ頼れる方

従う者にとって家族

神に頼れば弱くも孤独でもなく

彼を罪のための犠牲として認める者は

罪に縛られない

イエスが復活後にした全てのことは

神がいつも変わらず人に望み 人を心配し

思いやり、大切にすることを示した

それはいつも、ずっと変わらない


イエスの復活後の働きは

人の目には些細なものだが

神には意義深く価値があり 重要だった

神は、始めたことは必ず成し遂げる

そこには、神の知恵と全能性と大いなる業

そして神の愛と憐みを表す段階と計画がある

神の働きを貫いているテ-マは

神の人に対する深い思いやり

そして神が人々に対して感じる真の憂慮だ

神はこうした感情を捨てることはできない

イエスが復活後にした全てのことは

神がいつも変わらず人に望み 人を心配し

思いやり、大切にすることを示した

それはいつも、ずっと変わらない


『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: イエスの復活後の出現の意義

次へ: 受肉した神は静かに救いの業を為す

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

全ての奥義が明らかにされた

義なる全能神、全能者よ! あなたの中では何も隠されていない それぞれの奥義は、永遠に、まだ明示されてないが あなたには明白明瞭である 追い求め、探らなくていい あなたの真の姿が表され あなたは明らかにされた奥義、生ける神自身 私たちと顔を合わせ あなたの真の姿を見ることは…

神の働きは言葉を通して成し遂げられる

あなたがしばらく経験を積み 神の業とその各段階について知り 神の言葉が何を実現させ なぜ多くは果たされずにいるのかを知るなら また明確なビジョンを持ち これらすべてによく精通していたら 心配も不安もなく大胆に前進できる 神の働きの多くはどう成し遂げられるのか? それは神の言葉…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索