神の現在の言葉だけが人間を完全にできる

現時点では、聖霊が歩む道とは、神の現在の言葉である。その道を歩むには、人は受肉した神の現在の言葉に従い、それを食べて飲まなければならない。神は言葉の業を行っており、全てが神の言葉から語られ、あらゆることが神の言葉、すなわち神の現在の言葉により建て上げられている。それが、肉となった神について全く疑念がなくなることであれ、神を知ることであれ、人は神の言葉に多くの努力を注がなければならない。さもなければ、何一つ成し遂げることができず、その人には何も残らないだろう。


神の言葉を食べ飲むことに基礎を置いて、神を知り、神を満足させることによってのみ、人は徐々に神との正しい関係を確立できる。神の言葉を食べて、飲み、実行に移すことは、神との最善の協力であり、神の選民のひとりとして証しするための最も優れた実践である。人が神の現在の言葉の本質を理解し、それに従うことができる時、その人は聖霊により導かれる道によって生活しており、神が人間を完全にする正しい道に入っているのだ。


『言葉は肉において現れる』の「性質が変化した者たちとは神の言葉の現実の中へ入った人々である」より編集

前へ: 試練の中で神が求めるのは人の真の心だ

次へ: 神の言葉によって試されることは祝福されること

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の言葉の根源を知る者はいない

世界の中で 神の恵みなしに生きている者などいるだろうか もし神によって物質的な祝福が与えられなかったら 一体誰がこの世界で満ち足りて暮し 富を楽しむだろう 神の祝福とは 神の民としてふさわしい地位につくことのできる機会を 神があなた方に与えることだけなのだろうか もしあなた方…

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索