神の性質は聖く完璧


神がニネベの人々のために心を変えたとき

神の憐れみと寛大さは見せかけだったのか?

いや 神の性質は確かに怒りから変わった

神のこの変化はあなたに何を示すのか?

それは神の性質が完全で

分かれていないことを示し

寛大さや憐れみを表そうが

怒りを表そうが

すべて神の義の表現なのだ

神の怒りは非の打ちどころがなく

憐れみと寛大さは聖く完璧である

それはどの被造物も持っていないもので

検証や経験に耐え得るものである


人が悪い行いをすると

神は激しい 怒りを表すが

その怒りには非の打ちどころがない

人の悔い改めにより神の心は動かされ

人の悔い改めが神の心を変える

人への憐れみと寛大さや神が感動し心を変えることには

非の打ちどころがない

神の寛大さや憐れみは純粋で混ざりものがない

神の性質は人の悔い改めと行動によって

怒りや憐れみ 寛大さを示す

神が明らかにするものは純粋で率直であり

その本質はすべての被造物のものとは違う

神が表す行動の原則や神の思いや神の考え

そしてあらゆる神の決定と行動には傷や汚点はない

神は自らが決めたように行い

業を成就する

その結果は精緻で完璧である

なぜならその根源が完全無欠なものだからだ

神の怒りは非の打ちどころがなく

憐れみと寛大さは聖く完璧である

それはどの被造物も持っていないもので

検証や経験に耐え得るものである

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 2」より

前へ: 神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

次へ: 各々の人の結末のための神の采配

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

神の言葉を実践しない人は取り除かれるだろう

神の働きと言葉は あなた方の性質に変化をもたらすためにある 神の目的は働きと言葉を理解させ 知らしめるだけでは十分でなく それが全てではない 神の言葉はほとんどが人の言語で書かれているため あなたが受け入れるなら容易に理解できる 凡人であっても 神があなたに知って欲しいこと 行…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索