神の性質は侵害を許さない

人類はまず初めに

神だけが持つ性質を知るべきだ

その性質は侵害を許さない

誰もそれに干渉したり

影響を与えることはできない

それはあらゆる想像を絶し

真似ることもできない

公然と神に逆らう者を 神は許さない

創造物であろうとなかろうと

それが選ばれし者であろうと

憐れみを受けた者であろうとも

一度でも彼らが神の性質を侵害し

神の寛容の原則を壊せば

神は義の性質を打ち放ち

どんな侵害も許さないだろう


神はこの性質を持つ

聖なる穢れなき本質があり

神に反する罪を憎むから

神は全ての不従順と

人々を堕落させるサタンの悪の行為を憎み

また 邪悪と闇を嫌う

公然と神に逆らう者を 神は許さない

創造物であろうとなかろうと

それが選ばれし者であろうと

憐れみを受けた者であろうとも

一度でも彼らが神の性質を侵害し

神の寛容の原則を壊せば

神は義の性質を打ち放ち

どんな侵害も許さないだろう


『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 2」より編集

前へ: 神の権威は真実で本物

次へ: 人の背きは神を怒らせる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶまで…

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索