神が重点を置くのは人の心である


神の託すものを人が受け入れる時

神には人に対する基準がある

行為が善いか悪いか

神の意志を満足させるか従うか

適正であるかどうか

神は見ている

神を満足させようとする意志や従順さが

人の心にあるかどうかを


神が気に留めるのは人の心

表面の行為ではない

ただの行動は祝福すべきでない

人は神を誤解する

神は見ている

神を満足させようとする意志や従順さが

人の心にあるかどうかを


神は最終的な結果ではなく

人の心と物事が展開している時の人の態度を

より気にかけている

神は見ている

神を満足させようとする意志や従順さが

人の心にあるかどうかを

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 神はずっと前人類のために全てを備えた

次へ: 神を証しするには性質の変化がなければならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を見…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索