神が重点を置くのは人の心である

神の託すものを人が受け入れる時

神には人に対する基準がある

行為が善いか悪いか

神の意志を満足させるか従うか

適正であるかどうか

神は見ている

神を満足させようとする意志や従順さが

人の心にあるかどうかを

神が気に留めるのは人の心

表面の行為ではない

ただの行動は祝福すべきでない

人は神を誤解する

神は見ている

神を満足させようとする意志や従順さが

人の心にあるかどうかを

神は最終的な結果ではなく

人の心と物事が展開している時の人の態度を

より気にかけている

神は見ている

神を満足させようとする意志や従順さが

人の心にあるかどうかを

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 本分において真理を実践することが鍵

次へ: 本分を尽くすとは全力を尽くすこと

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あ…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索