神が重点を置くのは人の心である

神の託すものを人が受け入れる時

神には人に対する基準がある

行為が善いか悪いか

神の意志を満足させるか従うか

適正であるかどうか

神は見ている

神を満足させようとする意志や従順さが

人の心にあるかどうかを

神が気に留めるのは人の心

表面の行為ではない

ただの行動は祝福すべきでない

人は神を誤解する

神は見ている

神を満足させようとする意志や従順さが

人の心にあるかどうかを

神は最終的な結果ではなく

人の心と物事が展開している時の人の態度を

より気にかけている

神は見ている

神を満足させようとする意志や従順さが

人の心にあるかどうかを

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 本分において真理を実践することが鍵

次へ: 本分を尽くすとは全力を尽くすこと

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索