最も美しく善良な神の心を見た

 

神の御前に引き上げられ、御言葉を楽しんで、心は甘美な喜びに満たされる

神の祝宴の席について私は本当に楽しむ。それはまことに神の最大の祝福

神の裁きの言葉は、鋭い剣のように、私の悪しき魂を切り開いて暴く

私は神の祝福を得るためだけに身を費やし、良心も理知もない

自分の堕落の深さを悟った。私には一片の人間らしさもない

後悔に満たされながら、神の御前で悔い改め、赦しと憐れみを請う

神は私を過ちに応じて扱わず、私が神のもとへ立ち返るのを静かに待つ

神の性質が義であり、聖いことを経験して、私の心は神を畏れ神に従う

私は神の御前に静まって真理を求め、神の善意を理解する

神が裁くのも罰するのも、すべて人を清め、救うため

御言葉の裁きを受け入れ、試練と精錬を経験した

多くの苦痛を受けたが、私の堕落は清められた。 これはすべて神の救い

神の性質はとても麗しく、神の心は最も美しく善良だと私は知る

神の御前にひれ伏すことをいとわず、私の心は甘美な喜びにあふれる

誠実な人になり、真理を実践することで、神に祝福される

神に栄光を帰すために、真理を得て、神に救われ、人間らしく生きたい

前へ: 私は神を見た

次へ: 私は神の愛に報いよう

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索