どんな被造物も神の愛は持っていない

神の言葉は命に満ちていて

私達に歩むべき道を示す

神は真理とは何かを教え

私達は神の言葉に惹きつけられる

私達は神の口調に注意し始め

平凡な人の内なる声を意識し始める

神は人のため一心に働く

眠ることも、食べることもできない

神は涙を流して息をつき

人のために病み うめく

人の行く末と救いのため恥を忍び

反抗と無関心ゆえにその心は涙と血を流す

普通の人は神のように存在できず

同じものを持つこともできない

また堕落した者がそれを持つことも

それに達することもない

普通の人は神の寛容と忍耐に及ばない

どんな被造物も神の愛は持っていない

どんな被造物も神の愛は持っていない

『言葉は肉において現れる』の「神の裁きと刑罰に神の出現を見る」より

前へ: 神は苦心して働き人を救う

次へ: 神は静かにすべての人を満たす

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

誰がこの終わりなき世で神に吟味されるのか? 誰が神の霊の言葉を聞いたのか? 誰がヨブに答えられるのか? 皆の中にペテロはいるか? 神はなぜ幾度もヨブとペテロのことにふれたのだろう? 皆、神からの期待に気づいたか? もっと熟考することに時間を割くべきだ 大勢が闇の中を探り、逆境の…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索