どんな被造物も神の愛は持っていない

神の言葉は命に満ちていて

私達に歩むべき道を示す

神は真理とは何かを教え

私達は神の言葉に惹きつけられる

私達は神の口調に注意し始め

平凡な人の内なる声を意識し始める

神は人のため一心に働く

眠ることも、食べることもできない

神は涙を流して息をつき

人のために病み うめく

人の行く末と救いのため恥を忍び

反抗と無関心ゆえにその心は涙と血を流す

普通の人は神のように存在できず

同じものを持つこともできない

また堕落した者がそれを持つことも

それに達することもない

普通の人は神の寛容と忍耐に及ばない

どんな被造物も神の愛は持っていない

どんな被造物も神の愛は持っていない

『言葉は肉において現れる』の「神の裁きと刑罰に神の出現を見る」より

前へ: 神は苦心して働き人を救う

次へ: 神は静かにすべての人を満たす

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索