292 神の愛が私の心を溶かした

おお神よ。あなたの声を聞き私はあなたの前に戻ってきた。

あなたの言葉は私を露わにし、裁き、そして私は自分がいかに深く堕落していたかを知った。

私はただ報われるためにだけ主を信じ、天国の祝福を見返りに苦しんだ。

私は幾度もあなたの救いを拒んだ。あなたについて判断したり反抗したりさえした。

それでもあなたは私を赦したが、私はあなたに多くの痛みをもたらした。

私の心がいかに頑なだったか、いかに人間性に欠けていたかを私は嫌悪した。

おお神よ。あなたの言葉による裁きは私の心を目覚めさせた。

あなたの愛に触れ、私の心は幾度も痛みと後悔でいっぱいになった。

私の刑罰の間、あなたは私のそばにいる。私の精錬の間、あなたは私のために心を痛める。

あなたの言葉は私に欠けているものを与える。悲しい時、あなたの言葉は私を慰める。

私はかくも汚れ堕落している。そしてあなたの愛にふさわしくないと深く自覚している。

かくも不従順で反抗的な私は、あなたの裁きと清めをよりいっそう受け入れるべきなのだ。

おお神よ。あなたの受肉によりあなたの愛は明らかになる。

人類を救うため、あなたは大きな屈辱に耐える。

人類の拒絶という痛みに苦しむが、荒涼とした世を恨むことは決してない。

あらゆる種類の迫害に耐え、枕する所もないまま、あなたは話し、働く。

あなたは家族の喜びを味わったことはない。あなたにほんの少しでも温かさを与えようという者はいない。

自らを卑しくして隠れ、あなたはただ人を清め、得るために真理を表す。

おお神よ。あなたは人の悔い改めるのを忍耐強く待っている。私はこれ以上どうして遅れていられようか。

あなたの愛を体験した今、私はあなたの御心を思いやろう。

進んで試練と精錬に耐え、あなたを満足させるため証しに立とう。

あなたの愛は私の心を溶かした。私は心からあなたを愛し、あなたのために生きよう。

真理を追求し、あなたの言葉に従って生きることを志す。

永遠にあなたを愛し、あなたについて行き、あなたのために証ししよう。

前へ: 291 最も純粋な全能神の愛

次へ: 293 神のみが最善のお方

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索