神の経営は常に前進する

ヤーウェの働きの後

人の間で働くためにイエスが肉となった

彼の働きは孤立したものではなく

ヤーウェの働きの上に建てられた

それは神が律法の時代を終えた後の

新たな時代のための働きだった

そして、イエスの働きが終わった時

神は次の時代へと進んだ

神の経営は常に前進する

旧い時代が過ぎる時、新たな時代がくる

古い働きを終えた時、神の新しい働きが生まれる

旧い時代が過ぎる時、新たな時代がくる


イエスが働きを終えた後、神は再び肉となった

しかし、それは孤立して起こるわけではなく

律法の時代、恵みの時代に続くのだ

神の働きの新しい段階ごとに

新たな始まりと時代がもたらされる

神の性質、神の名

また神が働く場所と方法も変わるだろう

神の経営は常に前進する

旧い時代が過ぎる時、新たな時代がくる

古い働きを終えた時、神の新しい働きが生まれる

旧い時代が過ぎる時、新たな時代がくる

神の経営は常に前進する

旧い時代が過ぎる時、新たな時代がくる

古い働きを終えた時、神の新しい働きが生まれる

旧い時代が過ぎる時、新たな時代がくる


『言葉は肉において現れる』の「序文」より編集

前へ: 神は人間創造の意味を回復する

次へ: 神は人を導くために常に働いてきた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索