人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため

サタンにより堕落したが

父と呼ばない もう二度と

人はサタンの忌わしさを知っているから

サタンを拒め

サタンを拒め

人は受け入れる 神の前で罰と裁きを

人は知っている

どちらが忌わしくまた聖いのかを

神の偉大さとサタンの邪悪さを

このような人類は

サタンのため骨を折ることも礼拝することもない

何も捧げない もう二度と

なぜなら、真に神のものとされた人たち

神が得た人たちだから

これが神が人間を救う意義

なぜなら、真に神のものとされた人たち

神が獲得した人たちだから

これが神が人間を救う意義

神が支配する今

サタンのねらいは人の堕落

人が神の救いの対象で

神とサタンの戦いは人を得るため

神は業の過程でサタンの手から着実に人を取り戻す

そして、人はより神に近づく

なぜなら、真に神のものとされた人たち

神が得た人たちだから

これが神が人間を救う意義

これが神が人間を救う意義

『言葉は肉において現れる』の「神の経営の中でのみ人は救われる」より編集

前へ: 神は始まりであり、終わりである

次へ: 神は人間創造の意味を回復する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

全ての奥義が明らかにされた

義なる全能神、全能者よ! あなたの中では何も隠されていない それぞれの奥義は、永遠に、まだ明示されてないが あなたには明白明瞭である 追い求め、探らなくていい あなたの真の姿が表され あなたは明らかにされた奥義、生ける神自身 私たちと顔を合わせ あなたの真の姿を見ることは…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索