人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため

サタンにより堕落したが

父と呼ばない もう二度と

人はサタンの忌わしさを知っているから

サタンを拒め

サタンを拒め

人は受け入れる 神の前で罰と裁きを

人は知っている

どちらが忌わしくまた聖いのかを

神の偉大さとサタンの邪悪さを


このような人類は

サタンのため骨を折ることも礼拝することもない

何も捧げない もう二度と

なぜなら、真に神のものとされた人たち

神が得た人たちだから

これが神が人間を救う意義

なぜなら、真に神のものとされた人たち

神が獲得した人たちだから

これが神が人間を救う意義


神が支配する今

サタンのねらいは人の堕落

人が神の救いの対象で

神とサタンの戦いは人を得るため

神は業の過程でサタンの手から着実に人を取り戻す

そして、人はより神に近づく

なぜなら、真に神のものとされた人たち

神が得た人たちだから

これが神が人間を救う意義

これが神が人間を救う意義


『言葉は肉において現れる』の「神の経営の中でのみ人は救われる」より編集

前へ: 神の業は前進し続ける

次へ: 神の国の時代には神は言葉によって人を完全にする

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

神は天地万物を人のために創造した

すべてのものは互いに繋がって依存し これを通して人の環境は守られている この原則のもとでその環境は守られ存続し この生存環境により人は増え そして栄えることができる 神はこの原則を使って 万物の命を維持し 奇しい業で全ての存在を保つ 神はこうして万物に与え 同じように人類にも与え…

人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故 みずから人を導く 救うからには神は人を救い完全に得る 神は人を導くが故 人を連れて行く 人を正しい方へ連れて行く 創り救うからには 神は人の前途や運命の 全ての責任を負わなければならない これが創造主によってなされた業 もし人類の将来を奪えば 征服の業は成し…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索