294 神の憐みにより人は今日まで生存することができた

1人間はわたしの業を一つたりとも見たことがないし、わたしの発する言葉を一つも聞いたことがない。たとえわたしの業を見たとしても、何を見出しただろう。わたしが語るのを聞いたとしても、何を理解しただろう。世界中で、すべての人間はわたしの慈悲と愛情の中にいるが、同時にすべての人間はわたしの裁きの中におり、同じく試練に晒されている。すべての人間がある程度堕落していたときでさえ、わたしは人間に対して慈悲深く、愛情深くあった。すべての人間がわたしの玉座の前でひれ伏したときでさえ、わたしは人間に刑罰を下した。しかし、わたしが下した苦しみと精錬の中にいない人間が、誰かいるのか。

2 ゆえに、数多くの人が闇の中で光を求めて手探りし、試練の中でもがき苦しんでいる。ヨブには信仰があった。しかし、彼は自分の助かる道を求めていたのではないか。わが民は試練の中で堅く立つことができるものの、声に出すことなく、心の奥底に信仰をもつ者はいるだろうか。むしろ、心の中でいまだに疑いを抱きつつ、自分の信仰を口にしているのではないか。試練の中で堅く立ってきた者、試練の際に心から従う者は誰一人いない。わたしが顔を背けずこの世界をじっと見たなら、全人類はわたしの燃えるようなまなざしを受けて倒れるはずだ。わたしは人間に何も求めないからである。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十章」より編集

前へ: 293 神は人類が生き続けるのを願っている

次へ: 295 最初の人類は霊をもつ生き物であった

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索