神の憐みにより人は今日まで生存することができた

人間は、わたしの働きを一つも見たことがないし、わたしの話すことばを一つも聞いていない。たとえ見たとしても、何を見出しただろう。また、わたしの語るのを聞いたとしても、何を理解しただろう。世界中で、すべての人間はわたしの愛、慈しみの中にいるが、また、すべての人間はわたしの裁きと、試練の中にもいる。わたしは、たとえすべての人間がある程度堕落していても、人間に対して慈悲深く、愛情深くあった。わたしは、すべての人間がわたしの玉座の前でひれ伏したときにさえ、人間に刑罰を与えた。しかし、わたしが送った苦しみや練りの中にいない人間が、誰かいるだろうか。


何人が闇の中で光を求めて手探りし、何人が精錬の中でもがき苦しんでいるだろう。ヨブには信仰があったが、それでも、自分の助かる道を求めたのではないか。わが民は試練の中で堅く立つことができるが、誰か、声に出すことなく、心の中で信じることのできる者はいるだろうか。心では疑いながら、口で信仰を語っているのではないか。人間の中には、試練の中で堅く立ち、試練の中で真に従順である者は誰もいない。わたしは人間に何も求めないから、この世界を見ることを避けようと、顔を覆ったのではなかったか。全人類はわたしの燃える目で見つめられて倒れるだろうから。


『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十章」より編集

前へ: モアブの子孫がなすべき決意

次へ: 性質が変化しない限り人は神に仕えることができない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよう…

最も有意義な人生

被造物として神を礼拝し あなたは最も有意義な人生を追い求めねばならない あなた方は正しい道を追い求め 進歩を求め 赤い大きな竜の国で立ち上がる 神が義と呼ぶ人々 それこそが最も有意義な人生ではないか 人として神のために費やし あなたはあらゆる苦難の人生を耐えなければならな…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなかっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索