人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない

原則と目的があり

真実で現実的で虚偽ではない

その憐れみは人に授けられ

とこしえに続く

だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている

なぜ彼が憐れみ深いか

どのようにそれを示すか

どれだけ人に寛容か

そして彼らへの本当の感情が

幾度怒りが注がれても

その憐れみは止まない

世代から世代へ、時代から時代へと

憐れみで人を導き、与え、養う

神の人への愛は決して変わらない

神の人への愛は決して変わらない

神ヤーウェの会話は示す

人への思いの全てと心の表現

また豊かな憐れみの証拠を

昔の者にも、今の者にも与えられる

今までと同様に世代から世代へ

幾度怒りが注がれても

その憐れみは止まない

世代から世代へ、時代から時代へと

憐れみで人を導き、与え、養う

神の人への愛は決して変わらない

幾度怒りが注がれても

その憐れみは止まない

世代から世代へ、時代から時代へと

憐れみで人を導き、与え、養う

神の人への愛は決して変わらない

神の人への愛は決して変わらない

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 2」より編集

前へ: 人への神のあわれみ

次へ: 人間に対する創造主の真情

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索