人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない

原則と目的があり

真実で現実的で虚偽ではない

その憐れみは人に授けられ

とこしえに続く

だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている

なぜ彼が憐れみ深いか

どのようにそれを示すか

どれだけ人に寛容か

そして彼らへの本当の感情が

幾度怒りが注がれても

その憐れみは止まない

世代から世代へ、時代から時代へと

憐れみで人を導き、与え、養う

神の人への愛は決して変わらない

神の人への愛は決して変わらない


神ヤーウェの会話は示す

人への思いの全てと心の表現

また豊かな憐れみの証拠を

昔の者にも、今の者にも与えられる

今までと同様に世代から世代へ

幾度怒りが注がれても

その憐れみは止まない

世代から世代へ、時代から時代へと

憐れみで人を導き、与え、養う

神の人への愛は決して変わらない

幾度怒りが注がれても

その憐れみは止まない

世代から世代へ、時代から時代へと

憐れみで人を導き、与え、養う

神の人への愛は決して変わらない

神の人への愛は決して変わらない


『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 2」より編集

前へ: 人への神のあわれみ

次へ: 人間に対する創造主の真情

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

人の一生は完全に神の支配下にある

人は運命だけ信じても 創造主による運命の支配を知らずに 認識もしなければ ああ、運命だけ信じても 創造主による運命の支配に従わず 受け入れもしないなら 人生は悲劇となり そして無駄になり 空虚になるだろう 彼らは神の支配に従えず 被造物という言葉が真に意味するものにもなれず 日々…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索