人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない

原則と目的があり

真実で現実的で虚偽ではない

その憐れみは人に授けられ

とこしえに続く

だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている

なぜ彼が憐れみ深いか

どのようにそれを示すか

どれだけ人に寛容か

そして彼らへの本当の感情が

幾度怒りが注がれても

その憐れみは止まない

世代から世代へ、時代から時代へと

憐れみで人を導き、与え、養う

神の人への愛は決して変わらない

神の人への愛は決して変わらない


神ヤーウェの会話は示す

人への思いの全てと心の表現

また豊かな憐れみの証拠を

昔の者にも、今の者にも与えられる

今までと同様に世代から世代へ

幾度怒りが注がれても

その憐れみは止まない

世代から世代へ、時代から時代へと

憐れみで人を導き、与え、養う

神の人への愛は決して変わらない

幾度怒りが注がれても

その憐れみは止まない

世代から世代へ、時代から時代へと

憐れみで人を導き、与え、養う

神の人への愛は決して変わらない

神の人への愛は決して変わらない


『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 2」より編集

前へ: 人への神のあわれみ

次へ: 人間に対する創造主の真情

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは 誰もがなすべき人の本分であり 追加の要求ではない 本分をうまく果たせないなら あなたは自ら問題をもたらし 死を招いていないか どうして前途を望めるのか 神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ 観念にふけりじっと死を待っていてはならない 神はその働き…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

神を証しするには性質の変化がなければならない

神の様々な働きは人の性質を変える 変化なくして証し出来ず 神の心にも適わない 性質が変化した人は サタンと闇から解かれて 神の働きの模範となる 神の心に適う、神の証し人 神の証し人は神を認識しなければならない この証しだけが本物で サタンを恥じ入らせる 刈り込みと取扱いと裁…

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索